スポンサーリンク

要領が悪い人の特徴と、要領の悪さを直すための2つの方法

 

要領が悪い人は、勉強や仕事で結果を出せずに他人から小馬鹿にされたり、要領の良い人達からていよく負担を押しつけられて、パッとしない人生を送り続けるのが常です。

要領が悪い人の特徴と、要領の悪さを直す方法について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

要領が悪い人の特徴

 

力の入れどころと抜きどころの違いが分かっていない。

 

作業の全体像が見えていない。

 

臨機応変さに欠け、他人からの指摘・忠告を素直に受け入れられないなど、
性格が頑固で融通が利かない。

 

「やりながら考える」という行為が苦手。

 

次になにをどうすれば全体の作業が完了するか、という思考が苦手。
料理を作る時などに要領の悪さが顕著に表れる。

 

真面目よりもさらに悪い、「くそ真面目」といった性格をしている。

 

注意力散漫・目の前のことで頭がいっぱいというのは、発達障害のADHDの特徴なので、
ADHDを抱えている可能性がある。

 

変なところにこだわり、そのせいで作業の結果がいまいち・ダメになる。

 

努力行為では、同じ道を行ったり来たりを繰り返すだけで、先へと進めない。

 

時間をかけること・長く苦しむことが美徳、みたいな、目的達成の方向とは明後日の方向の努力をする。

 




要領の悪さを直し、要領良く生きるための2つの方法

1「まっさきに、大局観を身につける」

 

要領の悪い人の根本的特徴が、「大局に影響しないような細かい部分にしか注意が向かない」こと。この根本的悪癖を直すことができれば、要領の悪さは大幅に改善される。

「その問題を解決するには、どの部分が根源になっていて、その根源をどうやって消せばいいのか?」「この問題にはどの方法が功を奏するのか?物量か、ピンポイントの改善か、そもそも解決方法をがらっと変えるか」




スポンサーリンク



このような、問題の根源を見つめる思考の癖を身につけることが大事。問題の根源にのみ注力できるようになれば、おのずと無駄が減り(本記事で何度も言及されている「手を抜く」ことにも繋がる)、要領が良い行動が取れるようになる。

 

 

 

2「自分にかかる負担や被害を避けるようにする」

 

要領の悪い人は「愚直」「生真面目」「道徳にこだわりすぎる」といった特徴がある。そのせいで、他人の仕事まで率先して引き受けて苦労を重ね、その割には良い目が見られない事が多い。

「普段の生活や仕事の中で、他人に負担を押しつけて、美味しい部分や利益をかっさらっても法的な問題は無い」という裏ルールがあるために、要領の良い人はこの裏ルールを黙って利用して、要領の悪い人達にさりげなく負担を押しつけようとしてくる。

この事態を避けるには、負担やババを押しつけられる前に、さっさと逃げるしかない。自分の身は自分で守ること。




スポンサーリンク



 




要領が良い人の特徴

 

物事の優先順位を見極めるのが早くて的確。

 

上手く妥協して、短い時間でほどほどの成果を上げる。

 

大局的な判断が早く、その作業の重要なポイントはまっさきに自分でかっさらい、
面倒な部分は他人へ放り投げ、最後には自分が一番の功労者とみんなに褒め称えられる。

 

常に先の展開を見越したうえで、それに備えてあらかじめ準備ができる。

 

基本的にめんどくさがりな性格で、少ない労力で終わらせることを念頭に行動する。

 

頭が良い。
賢さゆえに、目的を達成するための最適な手順・最短ルートを考えつくことができる。
それを外側から見ると、要領が良いと映る。

 

その物事のコツをつかむのが上手い。
要領が良すぎる人は、すぐにコツをつかんでしまうから、反復練習や勉強をしなくなり、それでも良い結果を出すというケースが多い。

 

「上手なパクり」ができる。
既存の良いものを引っ張ってきて、周囲にばれないようにするために表面の装飾だけを変更して、既存の良いものを流用して成果を上げる。

 

切り替えが上手く、ちゃんと休憩を取り、心身が良い状態をいつも保っている。

 

面倒くさいことを押しつけられる前にさっさと逃げる。
状況が悪化して自分にも被害が及びそうならダメージを受ける前にさっさと逃げる。
この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました