スポンサーリンク

無敵の人…長期的無職であり社会へ復讐し、法の制裁が無効な者

 

長期的に無職だったり社会との関係性がゼロであり、失うものが何も無くて、突発的にテロ的な犯罪を起こす人を、ネット上では「無敵の人」と呼びます。

近年問題視され始めた「無敵の人」の語源や、無敵の人になりやすい人の特徴について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「無敵の人」の語源の解説

「無敵の人」という言葉の初出文章

一昔前までは、社会的信用の無い人の発言力は居酒屋で騒いだり、雑誌に投稿したりするぐらいしかなかったので、社会的影響力が少なかったのですね。

でも、現在はインターネットを使った犯/行予告をすることで、警察官を特定の場所に動員したり、飛行機を遅らせたり、警備員を走らせたりするぐらいの発言力が手に入ってしまっているわけです。




スポンサーリンク



彼らは、それなりの社会的影響力を行使できる状態にあるのですね。

でも、欲望のままに野蛮な行動をする彼らを制限する手段を社会は持っていなかったりするわけです。

ちなみに個人的に、こういう人を「無敵の人」と呼んでいたりします。

2ちゃんねる(現在は5ちゃんねるという名称)の創始者、西村博之氏の言葉

 

 

 

上記以外の、西村博之氏の「無敵の人に関する発言内容」の要約

  • 逮捕されてしまうと職を失ったり社会的信用を失ってしまうが、もともと無職の人にはそんなことはリスクにならない
  • 刑務所での服役や刑罰を、リスクとは考えない人達が現代には存在している
  • 無敵の人達には、彼らに指示を出すボス的存在もいないので、ボスを捕まえて無敵の人問題を一挙解決、ということもできない
  • 無敵の人達は気が向いた時に社会を混乱させることができるが、彼らに対してできることはせいぜい一定期間閉じ込めておくことだけで、その期間が過ぎればまた無敵の人は社会へ戻ってくるので、誰も無敵の人を止めることはできない
  • 「3回刑務所に入ったら死刑」といった、野蛮とも言えるルールを作らないと無敵の人問題には対処できないのではないか

 




「無敵の人」についてのネット上の意見

 

 

失うものが無い人間、
って色々な意味で恐いよな。
とりあえず、敵に回したくないという人種。

 

競争社会の敗者が、無敵の人になる。
現代は資本主義が過熱していて、それは競争社会の程度が激化しているということ。
無敵の人の増加は止めようがない。
止めたいなら社会の仕組みを変えないと。

 

社会で閉塞感が強くなってくると、
必ず、やぶれかぶれになって暴走する奴らが増え始めるんだよな。

 

・顔つきや表情がいかにもやばい
・挙動不審で、なんだか不穏な雰囲気をまとっている
・服装が小汚かったり変なファッションで、服装に違和感を覚える
このいずれかの特徴をもつ人物を見かけたら、すぐに距離を取ってその場から足早に立ち去ること(逃げること)。
これを街中で意識して行うだけで、無敵の人に襲われる可能性は激減する。

 

「周りの声かけが大事」
って無敵の人の事件後に決まって言われるけれど、しょせんは綺麗事。
現実的には、無敵の人になるような奴は社会から断絶していてまともな交流が無いことがほとんどだし、
みんなもやばそうな人には近寄りたがらない。

 

無敵の人達は、
精神的に完結してしまっているんだよね。
たとえどんな説得をしようと、
歪んだ価値観がすでに完成してしまっていて、心が閉じているから、聞く耳持たず状態。

 

今よりも刑罰の内容をもっともっと重くするべきだと思う。
無敵の人予備軍が「刑務所ではこんな酷い目に遭うんだから、犯罪をするのは大損だ」と震え上がる内容じゃないと抑止力にならない。
檻の中でじっとしているような安楽な刑罰じゃなくて、
肉体と精神を直接痛めつける拷問的な刑罰に変更してよ。

 

自身が無敵の人にならないようにするためには、
しっかり仕事をして安定的に収入を得ていくこと。ただこれだけ。
暇すぎる&お金がまったく無い、
って状態は確実に人間を狂わせるから、
この状態を避けることが要訣。

 

いいかげん、政府は
ネット上で過度にやばい発言・行動を繰り返している人達に
何らかの圧力をかけるように法改正するべき。
昔からずーっと、無敵の人予備軍が野放し状態じゃないか…。
こいつらははっきりとした犯罪を起こす起こさない以前に、
ネット上でみんなを誹謗中傷しまくっていて、存在自体が害悪に近いから、
その意味でもきっちり制裁を加えて見せしめにする必要がある。

 

仮に移民政策が実現したら、
超貧困層で、日本人とは価値観と気質が根本的に違っていて攻撃的な、信じる宗教のために殉教することをいとわない、
高確率で無敵の人に変貌する移民達が大量に日本に住み着くことになるんだよな。

 




「無敵の人」と化してしまう可能性が高い人間の特徴

 




スポンサーリンク



長期的に無職状態でいる人

「無敵の人」という言葉を創り出した西村博之氏が、無敵の人の概念を初めて解説した文章の中で無職の人を引き合いに出しています。

無職で社会的信用が低く、もとから失うものが何も無いという人は、無敵の人になりやすい典型例と言えます。




スポンサーリンク



長期的に無職であり、収入も無く、社会の一員として働く事も絶望的という状況では、自身を排除する社会と社会の構成員達へ深い恨みを抱くようになり、無敵の人になりやすくなります。

 

 

 

異常な家庭環境で育てられてしまった人

無敵の人による犯行と分類できる事件が起きた時、高確率で、犯人が育った家庭の環境にいちじるしい問題が見受けられると報道されます。

親の片方、もしくは両親がともに極度の毒親であり、犯人が小さい頃からあらゆる規則でがんじがらめに縛り上げたり、虐待に近い接し方をしています。

異常な家庭環境で育ってしまったために、人格がひどく歪んでしまったり世の中へのうらみつらみを抱えていて、そのせいで無敵の人になってしまったと考えられます。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました