スポンサーリンク

仕事ができず、会社で嫌われている社員の特徴と悲しい日常

スポンサーリンク

 

仕事ができずに会社で嫌われている人の特徴と、彼らの日常について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

会社で嫌われる人がよくもっている、5つの特徴

 

1「自分勝手」

ルールを破って会社の秩序を乱したり、空気を読まないところが特に不評。

 

 

 

2「上から目線の態度」

他人より上に立とうとしているのが見え見えで、威圧的な態度が反感を買う。




スポンサーリンク



 

 

 

3「仕事への姿勢にやる気が無い」

自分が仕事をやりたくないので、とにかく楽をしようと画策。多くの場合、仕事ができない無能である。周りの社員へしわ寄せが行く。

 

 

 

4「おしゃべりがすぎる」

一言多かったり、無駄な言葉が多すぎて何を伝えたいのかが分かりにくい。

 

 

 

5「その人の感情が、周囲を不快にさせる」




スポンサーリンク



怒りっぽかったり、気分屋のせいで感情が不安定だったり、その人が気持ちよくなるためだけに悪口を言いふらしたりする。周囲はうんざりさせられている。

 

 

 

 

会社でみんなに嫌われる、典型的な3大社員タイプ

 

やる気だけはある無能タイプ

やる気だけはあって「この会社を俺が改革する!」といった趣旨の事を豪語するが、実際は全然仕事ができない、というタイプ。

やる気にあふれていてポジティブな態度なので、コミュニケーション能力はみょうに高いが、仕事で失敗して、落ち込むポーズを取って周りに許されようとするので、次第にみんなに見放される。




スポンサーリンク



 

 

 

やる気が無くて非常識タイプ

近年の嫌われ者社員の中で、最もよく見られるタイプ。仕事はめんどくさいから早く帰りたいという考えが基本で、集団の中で自分勝手に振る舞い、秩序と雰囲気を壊す。もちろん、仕事はできない。

 

 

 

すぐに泣いてみせるタイプ

女性社員の中に、このタイプが見られる。上司や同期がミスを指摘するとすぐに泣き、「怒ってきた相手が悪い!」と泣き声によって態度アピールしようとする。若い頃は怒られたら人目を忍んでトイレの中で泣いていた先輩女性社員達を一発で敵に回し、あっという間に村八分状態になる。

 




嫌われている社員の日常

 

嫌われている社員の日常
  1. 休憩中は、いつもぽつんと孤立している
  2. 気が利かず、その場の空気が読めないので、結果的にコミュ障状態
  3. たいていは仕事ができないので、上司に嫌われていて、何をしても上司に怒られる
  4. 趣味・友人・恋人が無いので、休日は家でごろごろして時間をつぶすのみ
  5. 言い訳ばかりで、自分の悪いところを直すような根本的解決のための努力はしない
  6. 「誤解されている」「理解してもらえない」と常々思ってゆううつだが、実際は周りと上手くコミュニケーションができていないだけ
  7. 毎日、申し訳ない思いを胸に退社

 

 

転職を成功させるためにみんなが使っている、人気転職サイト

リクナビNEXT

◎リクナビNEXTにはホワイト企業の求人が多い
◎リクナビNEXTが取り扱っている求人の約85%が、他の転職サイトでは取り扱っていないリクナビNEXTが独占している優良求人
○転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しており、安心できる転職サイト
○利用者登録していると、優良な企業から就職のスカウト・採用のアプローチがかかる
○自身の強みを5つ見つけてくれる「グッドポイント診断」がリクナビNEXTのサイト内で無料で受けられる

 




会社で嫌われている現状を変えるために

 

まず気持ちを落ち着ける

他人に嫌われているような態度を取られても、まずは気持ちを一歩引くことが大事です。

あれこれ悩んでも心が苦しいだけですし、ましてや相手に「さっきの態度は何だ?」と詰め寄っても余計に関係がこじれるだけです。

 

 

 

心を大きくもつ

 

全員に好かれるのは不可能に近いので、無理だと最初から割り切りましょう。「この人と、自分は、どうやっても折り合わない」と諦めた方が気が楽になって、その後に適切な行動を取りやすくなります。




スポンサーリンク



「会社はお金を稼ぐための場であって、会社の人間関係にまで全力を出す必要はない」という一歩引いた考え方ができれば、会社の人間関係に苦しむことは少なくなります。





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました