スポンサーリンク

夢追い?やむを得ず?なぜフリーターはフリーターを続けるのか

スポンサーリンク

 

世の中にはずっとフリーターでい続ける人もたくさんいますが、正社員や派遣社員よりも年収や待遇面で劣るフリーターに、どうしてずっと留まり続けるのか?

フリーターがフリーターを続けている理由を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

フリーターがフリーターを続ける理由を明かすネットの声

 

フリーターをやっていて、周囲のフリーターを観察していると、
「将来のことは何も考えていない、その日暮らしのフリーター」
が意外と多い。
何か他に目的があるからフリーターをしているのではなく、何も考えていないだけ。

 

正社員時代に、職場でのストレスや過労で心身を壊して、
フリーターになって、以後ずっとそのまま、ってパターンが多い。

 

女性の場合は、何歳でもフリーターでいてもあまり悪く言われない。
そのせいで、フリーターで居続ける女性が多い。




スポンサーリンク




「生活が安定しているから幸福」
「収入が良いから幸福」
そう思わない人も世の中にはいる。
たくさん働かず、のんびり生きることができれば、それで幸せ、という考えのフリーターが多い。

 

会社組織に合わない性格の人が、フリーターをやらざるを得ない、というパターンも多い。

 

フリーター生活でも、
貧しいなりに生きていけるから、将来に対する危機感が生じにくい。
気がついた時には、どうにもならない年齢に達しているというパターンが多発している。

 

フリーターの身を積極的に選ぶというより、
日本のブラック企業の労働環境が酷すぎて、とても正社員で働くのは無理だから、
消極的選択でフリーターになっている人もいる。

 

フリーターを続けている人には、
「ミュージシャン志望」「俳優志望」「漫画家志望」
みたいな人が多い。
たいていが悲惨な将来を迎える。

 

夢を叶えてプロの芸能人・俳優になっても、
仕事がなさ過ぎてバイトを続けざるを得ない人もいる。

 

働きたい時に働いて休みたい時に休む、
って気楽なフリーター生活に染まりきってしまうと、
体質的にもう正社員へ戻れない。

 

結婚とか、裕福な暮らしとか、将来の目標とか、
いろいろと諦めてしまっていて、惰性でフリーターを続けている。

 

「今さえ良ければそれで良い」
みたいな思考でずっとフリーターを続けている。

 

生涯働かずに済むだけの大金を稼ぎ、
隠居生活をするのも暇だから、社会との関わりを保つためにゆるいフリーター生活を続けている、
という人もごくまれにいる。

 

フリーター全員がそうだとは決して言わないけれど、
やはり、将来について何も考えていないという人が多い。

 




フリーターになる人のパターンと、フリーターの限界時期

 

フリーターになる人の3大バターン

1.「フリーターで食いつないでいく人」のパターン

  • 勤めていた会社が倒産してしまった
  • 正社員になるための就職活動中
  • 資格取得のための勉強中
  • 自身が病気になってしまったり、家族が病気になったせいでフリーターをせざるを得ない

などの理由で、一時的にフリーターの身でいる人のパターンです。

 

 

 

2.「夢を追うためにフリーターでいる人」のパターン




スポンサーリンク



  • バンドを続けて、いつかメジャーデビューしたい
  • プロの漫画家になりたい
  • 芸能人になりたい

などの理由で、夢を追うことに専念するためにフリーターの身でいるパターンです。

 

 

 

3.「モラトリアムを続けたいからフリーターでいる人」のパターン

  • 高校や大学を卒業後に進路未定のままフリーターでいる
  • 正社員就職はしたものの、会社組織は肌に合わずに、辞めた後にフリーターでいる
  • 好きなときに自由に休めて自由に働けるフリーターの気楽さが好き

などの理由で、はっきりとした正社員就職願望をもたないせいでフリーターの身でいるパターンです。

 

2016年6月、株式会社「インテリジェンス」がフリーター1500人を対象にアンケート調査を行った結果、

  • 「フリーターで食いつないでいく人」のパターンが全体の41.5%を占める
  • 「夢を追うためにフリーターでいる人」のパターンが全体の9.9%を占める
  • 「モラトリアムを続けたいからフリーターでいる人」のパターンが全体の46%(最多)を占める

ということが判明しました。




スポンサーリンク



 

 

 

フリーターをやっていける限界時期

 

正社員就職がスムーズにできる時期は「27歳」まで

フリーターがスムーズに正社員就職できる年齢は「27歳」までとよく言われます。

28歳からは職歴・スキルなどが求められ始めるため、フリーターを辞めて正社員になりたければ27歳までにきっちり就職活動をしておきましょう。




スポンサーリンク



 

 

 

かろうじて正社員就職ができる時期は「35歳」が限界

日本の就職市場では、「35歳」が大きな境界線だと言われています。

35歳以下ならば若くて就職も転職もしやすい、35歳以上だと高齢に分類されるので就職も転職も難しい、という暗黙のルールが存在しています。

夢追い目的のフリーターはともかくとして、モラトリアムや「なんとなく」という理由でフリーターを続けている人は、35歳までにどこかの企業へ正社員就職するべきです。

 

既卒の正社員就職をサポートする、人気の専門サービス

DYM就職

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートのための正社員就職に特化している
◎就職率は96%と極めて高い
◎DYM就職を通すと書類選考無しで直接企業面接ができるので、大幅に楽なうえに採用されやすい
◎無料でサービスを利用できる
○DYM就職のエージェントがていねいに就職活動全般をサポートしてくれる

若者正社員チャレンジ

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートのための正社員就職に特化している
◎実習期間中は最大10万円の支援金支給あり
◎プロの資格を持った担当がカウンセリング・セミナー・企業紹介・実習などにより就職支援をサポート
◎無料でサービスを利用できる
○企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
○利用者達のうちの約90%が半年以内に企業就職できている




スポンサーリンク



 




数多くの人を強制的に一生フリーターにした日本の惨事

 

 

バブル崩壊

 

1990年代前半に日本でバブル経済が崩壊し、企業の株価・地価が一気に下落しました。

日本の景気も急激に冷え込み、企業は社員採用の数を大幅に少なくしたため、この時期に就職活動をしていた人達はフリーターにならざるを得ない人が続出しました。

バブル崩壊による就職氷河期は1993年~2005年という長期におよび、なかでも2000年~2004年は「就職超氷河期」と呼ばれ、有名大卒の高学歴でも企業就職ができずにフリーターにならざるを得ないほどでした。

 

 

 

「リーマンショック」の悪影響

 

2008年9月、アメリカの大型投資銀行のリーマン・ブラザーズが経営破綻したことで、世界中が金融危機に陥った現象を「リーマンショック」と呼びます。

リーマン・ブラザーズの破綻を受けて、世界中の投資家達が投資を控え、その結果世界中で景気が冷え込み、日本の企業も採用人数を大幅に減らしたので、この時期に就職活動をしていた人達は正社員になれずにフリーターをやらざるを得ないケースが多かったようです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました