スポンサーリンク

コミュ障や社会不適合者におすすめの人間関係が楽な仕事集

スポンサーリンク

 

コミュ障や反抗的な性格といった社会不適合者の人達に向いている、あまり他人と関わらずに済む仕事を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

社会不適合者に向いている4つの業種

 

IT業界

スキルさえあれば「できる人」と周囲に認められるので、社会不適合者でもやっていきやすい業種。会社勤めをせず、依頼に応じて自宅でプログラミング作業をするフリーランスの道もある。

 

 

 

工場作業員

個人で黙々と作業をするだけなので人間関係がほとんど無い。採用されるためのハードルも低く、無職歴・ニート歴が長くても働きやすい。




スポンサーリンク



 

 

 

派遣社員

期限付きで指定の職場で働くだけなので、「特定の職場での長期的な人間関係」などは心配しなくて良いのが魅力。

 

 

 

ビルメンテナンス

ビル内部の清掃や蛍光灯の取替など、一人でやる作業が多いので、対人能力に不安のある人にも簡単にこなせる仕事。

 

 

社会不適合者がブラック企業で働くのはあまりにも無理なので、ホワイト企業を多く取り扱っている転職サイトを利用して、上記のような種類の仕事を探すのが賢い方法です。




スポンサーリンク



転職を成功させるためにみんなが使っている、人気転職サイト

リクナビNEXT

◎リクナビNEXTにはホワイト企業の求人が多い
◎リクナビNEXTが取り扱っている求人の約85%が、他の転職サイトでは取り扱っていないリクナビNEXTが独占している優良求人
○転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しており、安心できる転職サイト
○利用者登録していると、優良な企業から就職のスカウト・採用のアプローチがかかる
○自身の強みを5つ見つけてくれる「グッドポイント診断」がリクナビNEXTのサイト内で無料で受けられる

 

 

 

間違っても社会不適合者が踏み込んではいけない業種

  1. 営業や介護や学校関係や接客サービスのような対人関係がメインの業種
  2. 証券会社や銀行のようなノルマが非常に厳しい業種
  3. 警察や自衛隊のような規則がガチガチに厳しい業種

 




社会不適合者でもスキルがあるならフリーで働ける職種

 

イラストレーターや漫画家などの創作系




スポンサーリンク



 

絵とストーリー創作のスキルがあるので、在宅で仕事ができる職種。彼らが語るには、もともと社会不適合ぎみだから結果的にこの職種を選んだ……という事も少なくないらしい。

 

 

 

自営業

 

自分のアイデアと裁量で仕事をしていける、社会不適合者向きの働き方。仕事内容はその人のアイデア次第で自由度が高い。人を雇わなければ人間関係もほぼ無い。仕事のスケールはネットオークションでの転売から、名のある企業との商談までピンからキリ。

 

 

 

ニートや、ヒモなどで、親や恋人に養ってもらう

 

親がお金持ちで余裕があるとか、恋愛能力や容姿が優れている、というのも、立派な能力の1つ。冗談ではなく真面目に、もしもこれらの能力をもっているのならそれを一生かけて極めるのも選択肢の1つ。

 

 

 

YouTuberをはじめとしたネットビジネス

 

ある程度ネットスキルがあるのなら、Google Adsenseのようなサービスと提携して、ネット上での仕事が可能になる。YouTubeで面白いパフォーマンス動画を披露して稼いだり、アフィリエイトで成約を取って稼いだりすることができ、在宅で一人で仕事ができる。




スポンサーリンク



ネットを使って広告業などで仕事をしているブログ管理人としては、この方法が敷居が低くておすすめです。

 

 

 

株取引やFX

 

種銭として百万円程度があれば、株のデイトレードでも1日1万円を稼ぐのはそう難しくはないし、FXでレバレッジを効かせればもっと稼げる。ただし、どちらも元本割れの危険度は高い。

親の遺産などで数千万円があれば、それを元手にしてもっと楽で安全な長期投資でまったりと稼いで生活していける。

 

本記事で「社会不適合者」と定義される人の特徴

 

  1. 遅刻の常習犯(社会人として、約束の時刻を守ることは最低限必要)
  2. 人間が信じられない(相手を信用できないし、それによって相手からも信用されない)
  3. 責任転嫁や虚言が多い(ビジネスの場で信頼を壊す)
  4. 劣等感が強い(メンタルが弱いのでうつ病などの発症)
  5. 自信過剰(他人や上司に上から目線で接してしまう)
  6. 生真面目すぎる(他人や会社のちょっとした不正や間違いにも我慢できない)

 

社会不適合者の生き方についてのコメント集

 

努力できないダメ人間かもしれないけれど、生まれつきこういう性格なんだ…。

 

常識がなさ過ぎて辛い。
郵便の送り方とか保険の契約とか、何も知らない。

 

職場に拘束されたくないので長続きしない。

 

気が弱すぎて、毎日同僚におびえている。仕事ができなさすぎてみんなイライラ。

 

日本独自の同調圧力が嫌い。

 

アスペルガー症候群か、ADHDの発達障害者。

 

努力じゃどうにもならない発達障害って絶望だよ……。

 

適職診断で「芸術家」って出ると絶望。

 

俺は人間としては清く正しいけど、現代社会じゃ食い物にしかされない。
適職診断で福祉系か宗教家って出た……(´;ω;`)

 

仕事が嫌い、働くのが嫌。

 

社会以前に親から自立できておらず、自分に自信ももてない。
よって、責任のある仕事に就くことが不可能。

 

ネット上ですら、現実と同じように誰にも相手にされないし返信もされない。

 

独立できるだけの能力があるなら孤独状態でも社会不適合者とは呼ばれない。
歯車になる能力しかないのに歯車になることを拒絶するから社会不適合者。

 

中学・高校・大学を卒業して普通に就職して社会人になる、って道に向いてないのかも。
才能が有る無しみたいに、その人個人の向き不向きの問題。

 

俺を含めて同期で仕事を辞めたやつを見ていると、
「異常に自己愛が強くて、自己批判が少なく、他人や体制面への文句ばかり」。

 




社会不適合者が出やすい現代社会

 

社会の変化がかつてないほど早い現代社会では、社会についていけずに脱落する社会不適合者がどうしても出やすくなる。

新入社員が企業側に求められるスキルレベルもどんどん上がっている。人工知能の発達で単純労働は機械に奪われる。ニートという生き方も以前よりも珍しいものではなくなった。

そのような社会の状況で、社会に適合できなくなる人が増えるのも当然のこと。

だから、現代の社会にそぐわない社会不適合者的性格・社会不適合者的状況をなげかず、恥に思わないようにしよう。

そして、そういう性格・状況の自分でもやれる仕事・できる生き方を、前向きな気持ちで探していこう。それが最も重要なこと。

 

 

既卒の正社員就職をサポートする、人気の専門サービス




スポンサーリンク



DYM就職

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートのための正社員就職に特化している
◎就職率は96%と極めて高い
◎DYM就職を通すと書類選考無しで直接企業面接ができるので、大幅に楽なうえに採用されやすい
◎無料でサービスを利用できる
○DYM就職のエージェントがていねいに就職活動全般をサポートしてくれる

若者正社員チャレンジ

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートのための正社員就職に特化している
◎実習期間中は最大10万円の支援金支給あり
◎プロの資格を持った担当がカウンセリング・セミナー・企業紹介・実習などにより就職支援をサポート
◎無料でサービスを利用できる
○企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
○利用者達のうちの約90%が半年以内に企業就職できている



コメント

タイトルとURLをコピーしました