スポンサーリンク

ブラックバイト…低賃金で正社員級の責任という危険バイト

スポンサーリンク

 

近年、時給はアルバイト並みのままの低賃金なのに、拘束時間と責任の大きさだけは正社員並という「ブラックバイト」と呼ばれる悪質なバイトが増えてきていると聞きます。

ブラックバイトについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ブラックバイトの特徴とバイト先でありがちなこと

 

ブラックバイトにありがちなこと
  • 長時間の過酷な労働で、ろくに休憩させてもらえない
  • 採用時に、雇用側とバイト側で合意した内容とは別の「シフト勤務」「仕事内容」を強要された
  • 雇用側の都合で、勝手にシフトを削られる
  • 募集時の労働条件と、実際の労働条件がまったく違う
  • 準備時間・片付け時間に、バイトの賃金が支払われない
  • 残業をしたのに、残業分に賃金が支払われない
  • 学校でテスト期間中なのに、シフトを入れることを強要される
  • 商品・サービスの自腹購入を強要される
  • 店長や正社員からいじめ・パワハラ・セクハラを受ける
  • 「働いた時間の記録がつけられていない」「給与明細書をもらえない」など、管理体制がずさん
  • そのバイトを辞めることを受理してもらえない

 

 

 

予備知識:「ブラックバイト」とは

 

「ブラックバイト」とは、学生や若者が労働法規に無知なことにつけこんで、過剰にシフトを組ませて激務を強要したり、残業代を支払わないような、不当なアルバイトのことを指します。

ブラック企業のアルバイト版が、ブラックバイトということになります。

 




ブラックバイトが多い業界

 

ブラックバイトが多い業界
  • 飲食(居酒屋・ファーストフード・ファミレス・喫茶店など)
  • コンビニ
  • スーパー
  • 教育(特に個別指導塾)
  • リゾートバイト
  • アパレルのような「接客業」

 

 

ブラックバイトと「ブラック業界」は密接な関係にあり、その業界自体がブラックなところは、バイトの労働条件も高確率でブラックです。




スポンサーリンク



あらかじめ、ブラック業界の種類を知っておくことも重要です。

 

採用段階に見られるブラックバイトの片鱗

 

  • 「面接が適当」で、誰でも良いのですぐにバイトの人員を確保したい
  • みんな次々と辞めてしまうため、「常にバイトの募集をしている」
  • 労働条件を明記した書類を手渡そうとしないなど「雇用条件をはっきりさせない」

 

 

求人情報誌でいつもバイトを募集している・面接をした時に相手の態度・言動に違和感を覚えるなど、ブラックバイトの片鱗を察知して、ブラックバイトを始めてしまわないようにしましょう。

 




ブラックバイトの対策

 

具体的なブラックバイトへの対策方法
  1. 事前にブラックバイトの種類を調査しておき、最初からブラックバイトはしないようにする
  2. ボイスレコーダーやスマホの録音アプリを使って、ブラックバイトの証拠を記録して、不当な労働状態への抗議用に使う
  3. 「退職届け」を「内容証明付」で送る

 

 

 

ブラックバイトをさせられている事に抗議するためには、証拠を取ることが重要です。

シフト表・タイムカードは、コピー機を使ったコピーを取っておきましょう(スマホやデジカメで撮った写真のデジタルデータではダメです)。

また、スマホの「残業アプリ」を使うと、GPSのログを自動で保存し続けてくれるので、ブラックバイトの証拠となります。




スポンサーリンク



 

あなたに最適なバイトを提案してもらえる、人気アプリ「ジョブクルバイト」

・バイト探しアドバイザーが、あなたの要望に合ったバイトを次々と提案してくれる
・このアプリを使えば、いちいちバイトを探す必要が無くなる
・「バイト求人の数が多すぎて、自分に何がマッチしているかよくわからない」「高時給のバイトを楽にチェックしたい」という人におすすめ


バイトならジョブクルバイト

バイトならジョブクルバイト

Smiloops無料



コメント

タイトルとURLをコピーしました