スポンサーリンク

シャンプー時などに表れる、抜け毛の多さなどハゲの前兆の解説

スポンサーリンク

 

ハゲ始める前に表れた兆候や、ハゲてしまうような危険な環境について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ハゲる前兆「肉体の変化編」

 

「抜け毛が多い」

  • シャンプー時に、両手にからんでいる抜け毛の数がいつもより多いような気がする。
  • まくらに付着している抜け毛の数が増えたような気がする。
  • クシにからんで抜けた髪の毛の量が増えたような気がする。
  • 抜け毛の中に、生えて間もない「うぶ毛」が多く含まれている。

 

 

 

「頭皮に異変を感じる」

  • 以前よりも頭皮が固くなった気がする。
  • 頭皮にかゆみが生じ続けている。
  • 頭皮が炎症を起こしているかのように赤く変色している。
  • ふけの量が増えた。

 

 

 

「髪の毛の質が以前と違ってきている」

  • 今まで直毛だった髪の毛が、急にクセ毛へ変わった。
  • 今までクセ毛だった髪の毛が、急に弱々しい感じの直毛へ変わった。
  • 抜けた髪の毛の根元が丸くなっておらず、糸のように細くなっている。

 

 

 

「自身の髪型に違和感を感じる」




スポンサーリンク



  • 以前は当たり前にできていた髪型にセットすることができない。
  • 全体的に髪のボリュームが減ってきている気がする。

 




ハゲる前兆「他人からの指摘や外出時編」

 

  • 雨の降りはじめを頭頂部で感じる
  • 電車でガラスが後頭部にあたって冷たかった
  • 外出時、頭部に太陽光の熱を強く感じる
  • 帽子をかぶった感覚が以前と違っている
  • 「何もしていない時に髪の毛が抜け落ちる」のを何度も目撃
  • 逆光で頭の輪郭がハッキリわかる
  • 話相手の視線が自分の頭へいく
  • 他人に毛の薄さを指摘される
  • 友達に髪の毛をネタにしていじられることが多くなる
  • 他人に増毛や薄毛対策を勧められる

 




ハゲやすくなる精神状態や、ハゲやすくなる環境条件

 

1.ストレス過多な環境だったり、ストレスを抱え込む性格

ストレスは以下のような薄毛になる要素を引き起こします。

  • DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの1種の分泌を促し、DHTは毛母細胞の働きを阻害して髪が育成しにくくなる
  • ストレスは身体とともに頭皮を固く緊張させてしまい、抜け毛が促進される
  • 強いストレスによって、老化を促進する「活性酸素」が多く発生する
    • 活性酸素を除去するためのスーパー・オキシド・ジスムターゼという酵素を合成する際に「亜鉛」が多く消費され、そのせいで髪の育成に必要な亜鉛が足りなくなってしまう

 

 

 

2.ストレスのせいでタバコやお酒を摂取しすぎたり暴飲暴食する

喫煙したり、飲酒をすると、上記のDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌が促進されてハゲやすくなります。

また、暴飲暴食によって油分の過剰摂取が起こりやすくなり、頭皮に皮脂が過剰分泌されて毛穴が皮脂で詰まり、抜け毛が増えます。




スポンサーリンク



 

 

 

 

3.毎日かたよった食事内容で、「タンパク質」を全然摂っていない

毎日、カップラーメンやレトルトカレーや菓子パンばかりで食事を済ませていて、牛肉や豚肉や鶏肉のような肉類由来のタンパク質を摂取していないと、ハゲやすくなります。

毛髪の約9割の成分である「ケラチン」というタンパク質は、18種類のアミノ酸・必須アミノ酸から成り、その中の「メチオニン」という必須アミノ酸は体内合成ができないので食事で摂取するしかありません。




スポンサーリンク



各種アミノ酸とメチオニンを優先的に摂取するために、アミノ酸を豊富に含む肉類がメインの食事を毎日続けていると発毛が進みます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました