スポンサーリンク

生命力が低くて生きるのに向いていない人の3つの原因と改善策

スポンサーリンク

 

「やってやる!」という意欲と反骨精神が根本的に欠けていて、生命力にとぼしい「生きるのに向いていない人」は現代の競争社会で脱落しやすいです。

「生きるのに向いていない人」の特徴と、人生を良くするための方法の解説です。

 

スポンサーリンク

生きるのに向いていない事の3つの原因

1「活力が低い」

 

心と身体の体力が両方とも低い。そのせいでやる気も乏しいし長時間の作業が不可能な状態。

「努力不足!」といえばたしかにその通りなのかもしれないが、それでも生まれた時点での個人差と多様性のせいで、このように心身の活力が低い人はどうしても一定数出てくる。




スポンサーリンク



 

 

 

2「強(したた)かさ」が無い

 

性格が善良すぎたり、要領が悪くて自分の取り分や功績を主張できずに他人にそれを奪われてしまったりする。

人間社会も、自然界と同じように正体は弱肉強食の世界なので、「獲物を狩る能力と、他者に餌食にされないための危機回避能力」の生物としての強さが無いと社会でやっていけない。

 

 

 

3「障害や、生活を阻害するたぐいの癖を抱えている」

 

集中して課題に取り組むことが不可能のADHD・他人との円滑なコミュニケーションが不可能のアスペルガー症候群のような発達障害、生まれつきメンタルが弱くてずっとうつ病・パニック障害のような精神疾患を抱えている、




スポンサーリンク



生まれつき睡眠時間が長すぎてまともな社会人生活を送れないなど、

勉強と仕事をするという行為が極めて難しい人達。

 




生きるのに向いていない人達の特徴を表す有用コメント

 

「生まれもった性格」が現代社会と折り合わない

人が良すぎる性格のせいで、いつも他人に利用されてばかり。

 

1人でのんびり、ふわふわとした感じで生きていきたいのに、
それを周りに話すとすごく非難される。

 

コミュ障すぎて人間が信じられなくなってメンヘラ化。

 

他人をまったく信用できない性格だから、深い関係を築けない。

 

人間のマイナス面を許すことができない、純粋すぎる性格のせいで社会からはみ出す。

 

人間社会の複雑さについて行けなくなって、社会からドロップアウトした。

 

競争心がなさ過ぎるので、働く意欲も出世する意欲も皆無。

 

何をやっても集中力が続かないせいでミスを連発&何もものにならない。

 

働くことに向いていない。誰かに養って欲しい。

 

派遣社員は嫌だし、営業職も嫌、力仕事も嫌。
正社員で雇ってくれよ。
もう人生に疲れてしまった。

 

 

 

体質的に、ただ生きているだけで辛い

人生を送るのに向いていないというより、人間であること自体に向いていない。
植物とか虫として生きたかった。

 

発達障害(ADHD)を抱えているから、何をやっても上手くいかなくて辛い。

 

才能が無いと、ニートか、もしくは週5で社畜になるかの両極端だからね。
才能が無いと社会はきつい。

 

過眠体質なので1日12時間、悪いと30時間眠る。
日中も眠気が続いて薬を飲まないと頭が回らない。
気を抜くと気絶するように眠る。
まるで罰ゲームみたいな境遇。

 

なんだかしらないけど、常にばくぜんとした不安を感じている。
生きているだけで辛い。

 

生きていくのに向いていない人間は絶対に一定数いる。
一般的な得意不得意と同じ。

 

 

 

生きる意味が見いだせない

 

生きているというか、死ぬ時を待っている日々。

 

親が俺を生まなければ、こんな思いをしなくて済んだのに…と日々恨んでいる。

 

やりたいことがないから生きる意味が無い。
人生に向いていないと思う。

 

自分の人生に愛着が無い。いつ終わってもべつに良い。

 




生きる事に向いていない人のための改善策

自分の才能と適性を見極めよう

 

学校や会社のような、普通の人達向けに作られた組織にはなじめなくても、個人の才能や適性を見極めることができればフリーで活躍できるようになります。




スポンサーリンク



他人とほぼ関わらない在宅での仕事という可能性も生まれてきます。

一芸を極めれば、おのずと自信とやる気も生まれてくるでしょう。

 

 

運動をしよう

 

男性ならば筋トレ、女性ならばランニング・ウォーキングのような軽い運動を推奨。

昔から「健全な精神は健全な肉体に宿る」と言われていますが、一般論ではなく、本気でこの理論は正しいです。

筋肉が付けば自信も比例して大きくなり、適度な運動は憂鬱な気分を打ち消す作用があります。騙されたと思って、日光の下で運動を続けてみましょう(日光の下での運動は、精神を安定させる神経伝達物質・セロトニンを分泌させるのに最適な条件のため)。本当に気分が良くなって人生が好転します。

 

 

あまり物事を深く考えないようにしよう

 

「生きる意味とは何か?」と哲学的に考える事を好む人が多いのですが、そういう哲学的思考はおうおうにして行動の足止めになりやすいので、いっそ考えないようにしましょう。

ニート気質の人は、こういう哲学的思考にハマって身動きができなくなる人が多すぎます。




スポンサーリンク



あれこれ深く深刻に考える前に、まずは行動して成果を上げたり、お金を稼ぐ。それだけで気分が良くなって事態が好転していきます。

思索に労力を割きすぎると、反対に行動の力が奪われるのは力の割り振りの原理から考えれば当然のことです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました