スポンサーリンク

格差社会で生き残るための資産や個人のスキルなど3つの行動

スポンサーリンク

 

現在、世界各国で進行中の格差社会化という状況で、個人が格差社会を生き抜くために必要な行動を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

格差社会を乗り越えるために重要な、3大行動

「良い会社や良い職種というステータス」よりも「個人のスキル」を重視

 

今の時代、有名な大企業でさえ正社員を次々と派遣社員へ置き換えて人件費削減を続けています。企業のブランドや、もはやとうの昔に崩壊した終身雇用という旧制度にすがっているのは時代遅れです。

企業は、いざ苦しくなれば大量のリストラ・首切りで難を逃れようとするのがいつものことなので、企業へ忠誠心を立てていても報われません。

最初からいくつもの会社を渡り歩くつもりで、どこの会社でも通用するような資格やスキルを身につけましょう。会社という組織を見限って、個人のスキル勝負の自営業を始めるのも手です。




スポンサーリンク



 

 

 

なにがなんでも「資産」を持とう

 

極端な話、もしも手元に現金1億円があれば、もうそれで人生の勝利は確定したようなものです。安全で利回りが良さそうな株式・ETFをネットで調べて(多分、2、3日もあれば十分です)、ネット証券などを使って1億円でそれを購入すれば、あとは何もしなくても配当金で年収300万円~400万円という状況が手に入ります。

資産があるという状況は、ただそれだけで極めて有利なので、数々の資産をもつお金持ちと庶民の人生難易度に大差があるのは当たり前です。

資産の魅力と効果は、一度入手すれば後は自動で利益を生み続けてくれること。貯金と収入を株式・ETF購入へ少しずつ回していったり、スキルと経験を積んで自分自身を資産化する準備をしていきましょう。

 

 

結局、格差社会の原因・根源は、「その人が生まれた時点で持つ資産(金銭的資産・才能・教育環境など)」によるものなので、格差を乗り越えたかったら、「資産」の問題をどうにかすることがどうしても不可欠となります。




スポンサーリンク



人を集まるブログを構築して、そこにアフィリエイトやGoogle Adsenseのようなクリック保証型プログラムを組み込むと、後は放置していても勝手に毎日金銭が入ってくるようになり、この不,労所得ブログも立派な資産の一種です。

資産はいろいろな種類があるので、自分にも入手できそうな資産を見つけ出しましょう。

 

 

 

出費はできる限りおさえる




スポンサーリンク



 

格差社会によって底辺入りをしやすくなった現代では、底辺入りを防ぐためになるべく出費は抑えるべきです。

出費を抑え、生まれた貯金を資産保有のための資金へ回しましょう。

少子化を悪化させてしまうので良くない事なのでしょうが、結婚して家庭をもつと、周囲の要望からマイホーム・マイカー・生命保険・各種保険など数々の金食い虫をどうしても抱えざるを得なくなり、そのせいで並のサラリーマンではお金持ちになることはほぼ不可能になってしまいますので、

もしも「自分が裕福に暮らしたい」と強く願っているようなら、結婚も止めておいた方が良いでしょう。

 




まず最初にすべきなのは「格差の存在を受け入れる」こと

 

「格差社会なんておかしい!」「人間はみんな平等のはず!」と憤慨し続けていても問題は解決しませんし、労力の使いどころが間違ったままで何も先へ進みません。

人間はひとりひとり、性別、健康か病弱か、人種、頭の良し悪しなどなど生まれた時点で数々の差があるのが当たり前で、

生まれた時点の差が年月によってより拡大していくのが格差の本質なので、生まれた時点で人間同士に差があるという大前提が絶対にくつがえせない以上、格差を無くすことは不可能です。




スポンサーリンク



「人間同士に生まれつき格差があるのだから、そこから格差社会が生まれるのは自然だし、仕方がないこと。じゃあ、そこから私に何ができるか?」と、格差社会の中でどう上手く生き抜くかに考え方を切り替えた方が合理的です。

 




格差社会の正体と攻略法を示唆するネットの有用コメント

 

日本には「努力さえすれば、能力の差は埋められる」という間違った平等主義・根性論がはびこっている。
「生まれつきの素質差・境遇差を認めたうえで、そこからどうすればいいか」という問題解決の視点から、3歩くらい遅れた位置で迷走しているのが大多数の日本人。

 

経済学者ピケティの教え要約
「努力や勤労は、世襲や相続には決して勝てない」
「日本は戦後に焼け野原になったので格差は小さかったが、1970年代から教育・相続の格差が発生し格差社会が進行し始めた」
「トリクルダウンは絶対に起こらない」
「低所得者層の税金を引き下げて社会の活性化を目指すべきだ」

 

成熟してしまった資本主義社会では「相続」の効果が大きくなり、
金持ちの子は金持ちになり、貧乏人の子は貧乏人になりやすくなる。
「相続」の効果が大きくなるのに対して「その人の実力」の影響効果は小さくなり、「相続」によって生まれた階級の壁を乗り越えるのは非常に難しくなる。

 

中間層が消失して、ごく少数の上位層と、大多数の底辺層になった結果、
どんどん日本人が利己的・すさんだ性格・モラルが失われた状態になってきている。

そして、常識知らずのバカな親とその子の割合が増大しすぎ。
格差の存在は仕方がないにしても、格差が進みすぎるのは大問題。

 

世界中の国々の中でも、日本の経済格差はトップクラスに小さい。
そして、金持ちからたくさんの税金を吸い上げるのが特徴なので、
先進国の中では金持ちにだんとつに厳しく、貧乏人に甘いのが日本。

 

「底辺の国民の質」がその国の住みやすさ・その国のモラルの高低をそのまま表している。
日本はまだ底辺がそれなりに裕福(世界レベルで見ればの話)だから日本のモラルは高いが、
これから先に日本の底辺の生活レベルがどんどん低下すると、日本の住みやすさは失われていき、モラルに欠け、治安がどんどん悪化することになる。




スポンサーリンク




「正社員になる努力は辛いし、面倒だし…」って派遣社員に流れる若者が多い。
派遣の、見せかけの高時給にだまされているわけだが、
派遣社員は35歳を越えるとどこにも派遣してもらえなくなり無職かフリーターに堕とされることは知らないようだな。

 

日本人は労働者同士が「奴隷の鎖自慢」をして叩き合ってくれるおかげで、
経営者層へ不満が向かず、経営者層にとってはこの上なく支配が容易な国民。
労働者が叩くべきは同じ労働者じゃなくて、不当な搾取をする経営者層だということにいい加減気がつけ。

 

「資本主義」と「格差社会」が世界を席巻している理由は、それらが自然の原則に則したものだから。
人間は知力や体力や性別で、それぞれ生まれつき強い・弱いが決まっているだろ?
この世には強い奴と弱い奴の2種類がいて、強い奴が弱い奴を支配するのが自然のなりゆきで、その自然のなりゆきにわかりやすい形を与えたものが「資本主義」と「格差社会」なんだ。
もしも過度に弱者を保護し、強者を無力化しようとすると、それは自然の原則に反しているので、不自然のツケで結果的にだんだん社会が狂い始める。
自然にはなんぴとたりとも逆らえない。

 

努力することは大切だが、
「会社員として一生懸命働く努力」は、格差から抜け出す努力としては論外。
いくら会社のために頑張ったところで、自身は搾取される一方で会社の所有者を肥え太らせ続けるだけ。

 

搾取されるキツい労働環境でいくら頑張り続けたところで、上からの要求がもっと増えるだけ。
そういう状況にいる人がやるべき努力は、今の職場で頑張り続ける努力ではなく、今の職場から離れて低負担で良い暮らしができる方法を模索する努力。

 

ピケティの言う「労働単価はこれからどんどん下がる」はまったくもって正しい。
これからの時代に勝てる者は、会社から離れて自力で大金を稼げる者・投資ができる者。

 

 

「高水準の利回りの資産運用」を全自動でこなしてくれる、人気スマートフォンアプリ  
WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi Inc.無料





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました