スポンサーリンク

才能が無くて悲しんでいる人にありがちな特徴と幸せになる方法

スポンサーリンク

 

これといった才能が無くて悲しんでいる人達の声と、彼らが幸福になるための方法を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

これといった才能が無くて悩んでいる人達の声

 

才能があるから努力すればするだけ成果につながる人がいる一方で、
何をやっても失敗続き・空回りで何も物にならない人もいる。
この世は残酷すぎるわ。

 

「努力が足りない」とか「成長が遅い」なんて次元じゃない低レベルの奴は確実に存在する。
ダメな奴って本当にダメなんだよ。
何かに本気で取り組んだり、人を指導したことがある奴ならこの事実は知っているはずだ。

 

努力できないダメな俺は、
努力できること自体が才能の1種なんじゃないかと思う。

 

人じゃなくて競走馬の話だけど、
その競走馬の実力とか血統とかを見ていると、やっぱり生まれつきの才能がものをいうと思う。

 

本気を出すのって、結構才能が要るよ?

 

物事を楽しめる才能が無いのが一番辛い。

 

いつも思い詰めていてネガティブ思考。
「努力が報われるとは限らない」って考えから努力を放棄し、逃げ続ける自分自身に嫌気が差す。

 

生まれ持った要領の悪さ・不器用さってどうにかならないものか…。




スポンサーリンク




「偶然、良い方向へ生まれついた結果、才能が発現する」ってことはこの世の事実だと信じている。
発達障害のせいで「偶然、悪い方向へ生まれついた結果、障害が発現する」ってのを身をもって味わっているから。

 

やり続けてうんざりするほど失敗し続けたら、
そのうちやること・挑戦すること自体がバカらしくなるんですよ。

 

基本的に、みんな無能だから会社員をやってるんだよ。
一部の商社勤めは除くけど。

 

どんな世界でも、ある程度以上のレベルからは才能同士の競い合いになるんだよ。

 

凡人は諦めが肝心。
研究者になる夢を叶えようと博士課程へ進んだ友人達は、そのほとんどが人生が壊れました。

 

たいていは、才能の無い道・分野を選んで腐っていく。
才能のある分野を発見できただけでも超幸運だから、お前の才能の種類を意地でも見つけ出せ。

 

メディアは成功者ばかり取り上げ、
成功者は「成功できたのは才能のおかげ」とは立場上言えないから努力のおかげです、と公言する。
そのせいで「成功できないのは、努力が足りないから」という偏見が生まれて、
才能の無い奴らが苦しい状況になっていく。
厳しい世の中だな。

 

 

林修先生が言っていたけど、
トップ層ほど、自分が天才に勝てないことを理解している。
才能が全て、というのは1つの真理だな。

 

俺は才能が無いというか、長所自体が無くて何をやっても人並み以下。

 

これまでの人生で、「色々な才能に恵まれた奴」と「何をやってもダメな奴」の両方をたくさん見てきたが、前者はちょっとダメな部分があってもそれをたくさんの才能でカバーできる。後者は少々の才能をもっていても他のダメな部分がその才能を潰してしまう。

 

才能がある奴は努力を努力と思わないで毎日やり続けている。
努力を努力だと思いながら苦痛と共にやっている時点で、俺には才能が無いんだろうな…。

 

「できないのは努力不足のせいだろ(笑)」って高見の見物をしていられる人達は、
自分の才能・性格・環境に感謝しなよ。

なにせ、その人達は努力がそのまま成果につながる種類の人達なんだから。

 

才能のある奴が取り組む3ヶ月分の成果は、
才能の無い奴の1年分の成果を超える。
才能の差って本当に凄い。

 




才能が無い人が楽に生きるための2つの方法

この世には「才能」が実在する事をまずは受け入れる

 

人間には、「その人が偶然生まれ持った特別な能力=才能」がある場合がある、という事実をまずは受け入れることが必要。人間はそれぞれ生まれつきの身長の差や知能の差や健康・病弱という数々の生まれつきの差が有ることは公に認められているのに、「才能なんてない!才能がある人はみんなに隠れて並外れた努力をしているだけ!」と才能の存在だけはがんとして認めないのはどう考えてもおかしい。

この事実を受け入れないことには、「努力し続ければいつか才能を手に出来るんだ…」という極めて苦しい人生ルートへ突入することになってしまい、才能が無い人にとっては不幸となる結末へと進んでしまう。

 

 

 

上を目指す人生ではなく、自分が満足できる人生へと早く切り替える




スポンサーリンク



 

どの業界や分野でも、上位層は「才能があって、しかも不断の努力を何年も積み重ねている人達」で占められている。才能が無く、その物事を努力するのに苦痛がともなう事が多い人が、そういう上位層に打ち勝つ事は現実的には不可能に近い。したがって、不可能な事をどうにかしようとあがき続けるのは必ず徒労となり、不幸な人生を歩むことになる。

勝てない戦いに絶望するよりも、そんな負け戦は早く放棄して、「何をすれば自分が幸福になれるか」を知って、それを追求する人生へと切り替えていこう。オーディションへの応募や新人賞への投稿のような多大な労力を費やさなくても、例えば「食事」や「困っている人のサポート」など、その人に合った幸福の実現方法というものが見つかる。

 




「生まれ持った才能」が無いと上達に上限があると判明

 

  1. チェスのようなボードゲーム・楽器演奏の分野では、「生まれ持った才能」がなければ上達に上限があると判明した
  2. チェスのプレイヤーとミュージシャンを対象に、14項目の調査を実行し、これらの人々の練習量と技量の関係を比較した
  3. 分析の結果、練習によって技量が上がったのは全体の1/3しかおらず、残りの2/3は知識や生まれ持った才能やそれを何歳から始めたかが技量に反映されていた
  4. この分析結果を受け、ハンブリック教授は「多くの場合に練習は有効だが、同時にまた、いくら練習しても上達しない人がいることも事実。
    しかし、自分の能力の程度と目標達成の確率を前もって知ることができれば、向いていないことに時間を無駄遣いせず、自分に合った分野に力を注ぐことができるだろう」と述べた。

米ミシガン州立大学の心理学教授ザック・ハンブリック氏の研究



コメント

タイトルとURLをコピーしました