スポンサーリンク

メンヘラやうつ病になりやすい人の性格や家庭の特徴解説

スポンサーリンク

 

精神を病みやすい性格型・生活型を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「性格的傾向」編

 

「真面目」な人

真面目で責任感のあるタイプは、
平気で悪口を言ったりする周囲の汚さに対応できなくてつぶれる。

 

精神的に潔癖すぎて、ちょっとした不正や汚さも許せないような人。

 

責任感が強い・几帳面・嘘がつけない・忍耐強い、のような特徴をもつ人。

 

うつ病と闘病中の人いわく、
「自己流のルール」をガチガチに組み上げて、そのルールからちょっとでも外れると苦しんで、結局は病む。

 

仕事でも人間関係でも行きすぎた真面目な性格の人。
周囲にいる多数の不真面目な人が使いつぶそうとたかってきて、最終的につぶされる。

 

「柔軟性の無さ」が精神の病みやすさのキーポイント

 

 

 

「他人の価値観を優先しすぎている」人

他人からの評価が気になりすぎる。

 

他人を羨んでばかりいる。
自分自身の心や幸福の形が見えていない。




スポンサーリンク




「自分なんか…」「人様に迷惑がかからないようにしないと…」
みたいに自分よりも他人を優先しすぎている。
自分というものがなくて、他人の価値観を基準に生きている。

 

 

 

「完璧主義」な人

完璧主義のせいで理想が高すぎて、何を達成しても満足できない。
他人が羨ましいと思えるような結果でもうれしいとは思えず、だんだんメンタルが病んでいく。
完璧主義を短所と思っていない人が多いが、完璧主義は明らかに悪癖。

 

 

 

「もともとの性格が病み気質」な人

執着・偏執・妄想をしやすい性格型。

 

人格形成の土台となる部分が不安定な人は危険。
地盤がぐらぐらな場所に家を建てようとするようなものだから。

 

もともと、生まれもった性格がかなり病んでいる。
いつもばくぜんとした不安を抱えていて、物事や他人が恐い。

 




「遺伝的傾向」編

 

親からの遺伝が精神疾患に強く関係する

血筋の影響力は大きすぎる。
精神疾患が多い血筋だと、子どもも精神疾患になる確率が高い。

 

精神を病みやすい家系というのは確かに存在する。
実例として、親戚に自殺した人が1人、入院患者が1人、自身はうつ病。

 

「生活習慣」編

 

「運動不足」はメンヘラになりやすい

アメリカの心身医学やペインクリニックでは、瞑想と一緒に「運動」が治療に組み込まれている。
軽い運動を習慣づけるだけでメンヘラが治ることは多い。
「日光」がある屋外でジョギング・ウォーキングなどを推奨。

 

「育った環境」編

 

「親の態度と教育」に問題があると精神を病みやすくなる

  • 暴力
  • 過干渉
  • ヒステリー
  • 主張が一貫しない、ダブルスタンダードな教育方針
  • 幼い頃に何回も引っ越しを経験
  • 幼い頃に「これはやっちゃいけません」と何かを規制されたり、性格を矯正された

 




精神を病みやすい性格や家庭の人はどうすれば良い?

 

  1. 「自分はこうでなくてはならない」「(他人を含めた)人間はこうであるべき」という思い込みと執着心は
    心が病むことの原因になるので、その考え方を止める。もっと柔軟な考え方をもとう。
  2. 他人と物理的にも心理的にも距離を置こう。近づきすぎると、他人の目や他人からの評価が気になり始めて心が病む原因となる。
  3. 精神を安定させる作用がある神経伝達物質・セロトニンは、日光を浴びて運動をすると分泌される。
    なので、セロトニンを分泌させるために早起きして朝日を浴び、運動することを習慣づけよう。
  4. 教育方針が異常だったり、子どもの人生を縛るような「毒親」からは、引っ越し・縁切りなどで早めに逃げることを推奨


コメント

タイトルとURLをコピーしました