スポンサーリンク

運の良い人に共通する、前向きで力強い性格などの特徴集

 

「運の良い人」に共通した特徴について調査したので分かったことを報告します。

 

 

スポンサーリンク

ネット上で語られる「運が良い人の特徴」

 

何事も、自分の中で良い方・ポジティブに解釈している。

 

いつも他人へ優しく接している。

 

努力家で謙虚、そして精神が常に安定している。

 

ちりばめられたヒントを集めて、何かを読み取り、良い結果を得ることができる。
運が良いとされる現象の大部分は、上記のことが可能であることを指す。
もちろん、宝くじみたいな完全ランダムの種類の運もあるけれど、大部分はヒントから推理するたぐい。

 

運が良い人は、その時その時で的確な選択をしている、聡明な人。
運が悪い人は、いつもいつも愚かしい選択ばかりしている、頭の悪い人。

 

「暗い思考」
は不運を招き寄せるから、本当に止めておいた方が良い。

 

自己肯定感が強い性格で、明るい雰囲気。

 

「ま、いっか」「ま、大丈夫でしょ」「何とかなるっしょ」
と楽観的に流せる人は運が良い傾向が強い。
失敗を気にせず、また次の挑戦ができるタイプ。
思考停止して未来の自分へ負債を押しつけるタイプの楽観的な人は破滅する。

 

欲が強くて、合法的な範囲内のやり方で、欲しいものへ次々と手を伸ばしている。
結果、欲しいものがどんどん手に入って幸せになり、周りから見ると「運の良い人」となる。
疑い深かったり頭でっかちで、石橋を叩きまくったあげくに渡らないような人達は、何も手に出来ない。

 

世の中には、本当にツイている人がいるんだよな。
憑いている。
何者かに実際に守られている。
物理法則とか、目で見えるものだけが世界の全てじゃない。

 

「みんなから感謝される生き方」
はみんなからお礼にあれこれ与えて貰えるから勝手に運が良い人生になる。
「みんなを傷つける生き方」
はみんなからの反撃や法律の力でいずれ排除される。
「みんなを傷つける生き方」はどうあがいても運の良い人生になることは困難。
腐敗した食材を使って美味しい料理を作ろう、ってくらい無理な話。

 

 

ネット上で運の良い人・悪い人の特徴を調べた結果、
運が良い人はカラッとした爽やかな性格で前向きかつ人脈に恵まれている、というのがだいたい共通項。
じめじめした性格・気弱な性格で色々な意味で「弱い」人は運が悪い、というのがだいたいの共通項。

 




占い師が見てきた「運の良い人の特徴」

 

占い師が見てきた「運が良い人の特徴」

  • 性格が「さっぱりしている」「おおらか」「正直」「素直」「寛容」といった具合に、心に柔軟性がある
  • 勤勉・忍耐強いなど、努力を続けることができる
  • 「礼儀正しい」「他人に常に感謝できる」「他人に食事をおごることが多い」「困っている人を助ける」「人助けにおいて、見返りを求めない」「謙虚」といった具合に、
    他人との関係が良好なものになる振る舞いをしている
  • 「落ち着きがある雰囲気」「ユーモアのセンスがある」といった具合に、心に余裕がある

 

 

占い師が見てきた「運が悪い人の特徴」

  • 性格が「嫉妬深い」「物事に固執する」「意地を張る」「自我が強すぎる」といった具合に、心が固い
  • 物事を継続できない・大変なことに耐え続けることができないなど、努力を続けることができない
  • 「他人に対する言葉がキツい」「他人の欠点を指摘しがち」「相手に干渉しすぎる」「他人と協調しようとしない」「相手の立場に立って考えることができない」「自分の感情をコントロールできない」といった具合に、
    他人との関係が悪化するような振る舞いをしている
  • 「他人から少しでも嫌なことをされると、それを許せない」「周りよりも、自分の都合を優先させる」など、心に余裕が無い

 




将来的に「運」の性質が科学的にはっきり解明されるかも

 

宇宙の質量とエネルギーに占める割合は、原子等の通常の物質が4.9%、ダークマターが26.8%、ダークエネルギーが68.3%と算定されている。

ダークマターもダークエネルギーも存在が推測されているだけで正体不明・未知の物質・エネルギーであり、宇宙の95.1%がよく分からないモノで占められている、という科学的事実があります。

地球上の物理法則は科学実験で検証し明確にできても、もっと巨視的な宇宙規模の法則はまだまだほとんど分かっていないわけで、「あまりに巨大かつ異質すぎて人間にはまだ感じ取れない運の科学的性質」というものがあるのかもしれません。

 




スポンサーリンク



 

どうやら、幸運・不運というのは連続しさらに伝染する性質をもつようです。運が人から人へ移動する、というのは非常に多くの人が提唱している有力な仮説です。

私たちの生活空間内に目に見えない幽霊のような「幸運存在」「不運存在」の2種類が漂っていて(人間的な人格があるかどうかは分かりませんが)、特定の性格や体質をもつ人や、引き寄せの法則を実践しているように「自分は運が良い(もしくは自分は運が悪い)」と信じている人に「幸運存在」「不運存在」が吸い寄せられる法則がある。だから生まれつき運が良い人がいるし、生まれつき運が悪い人もいる。といった仮説を立てることもできます。

ある時は幸運存在が身近にいるおかげで連続して運が良くても、空間内をたゆたっている幸運存在はやがて離れていくので幸運は長続きしない、不運存在による不運もまた同様…なのかもしれません。

運が良い人・悪い人に宿っている「幸運存在」「不運存在」は、その人に近づいた他人にも乗り移っていくという性質があるので、幸運・不運は移る、と考えることもできます。




スポンサーリンク



オカルトじみた仮説ですが、上記の通り、巨視的に見た宇宙レベルでの大規模な法則はほとんど未解明なので、将来的には幸運・不運の性質が科学的に解明されるかもしれません。

ぜひ「幸運存在」に好かれるような性格・生き方を目指して幸運を掴んでいきましょう。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました