スポンサーリンク

スマートフォンが及ぼすスマホ依存や集中力低下などの悪影響

 

スマートフォンの利用が生活に及ぼしている、4つの悪影響を解説します。

 

スポンサーリンク

問題点1「スマホ依存症」

 

スマホ依存症の症状

  1. 食事中・勉強中・他人との会話中でもスマホをのぞき込む
  2. お風呂やトイレのような場所にさえスマホを持ち込む
  3. 症状が酷くなると、車の運転中でさえもスマホをいじる
  4. 1日に5時間以上もスマホを操作している
  5. スマホを自宅へ置き忘れたり、スマホの持ち込みが不可能のような状況で、不安になってそわそわし出す
  6. 外出先で電池が切れてしまったり、電波が届かない場所にいると、イライラして落ち着かなくなる

 

「スマートホン依存症」

スマートホンがそばにないと不安になり、スマホを片時も手放せなくなり、スマホに束縛されている症状を指します。

 

 

スマホ依存症の結果、次のような実害が発生します。

  • 疲れ目からの視力低下
  • スマホの画面から発せられるブルーライトのせいで不眠症になる
  • 同じ姿勢でスマホを長時間操作し続けることで、肩こり・頭痛・血行不良が起こる
  • 「スマホ指」と呼ばれる形状へ、小指がゆがんでしまう

 




問題点2「スマホに集中力を根こそぎ奪われる」

 

スマートホンが、そばに在るだけで人間の集中力を奪うという実験結果

北海道大学の河原純一郎准教授らが、2017年1月に「スマートホンがそばにあると、ただそれだけで人間の集中力が低下する」という研究結果を発表した。

  • 実験の方法は、PCモニターのそばに「スマートホンを置いた場合」と「スマートホンと同サイズの紙のメモ帳を置いた場合」の2パターンで、
    PCモニターに表示された文字列から特定の文字を探す作業をさせ、探し出すまでにかかった時間に2つのパターンで差があるかを確認した
  • 実験の結果、メモ帳を置いたパターンよりも、スマートホンを置いたパターンの方が余計に作業に時間がかかることが判った
  • 以上の実験から、「スマートホンは、ただそばにあるだけで作業効率を低下させる」

 




スポンサーリンク



 

スマートホンがただそばにあるだけで集中力が低下する、という実験結果の報告があります。

手元にあるスマートホンは、LINEやメールの「通知」を筆頭にして、ありとあらゆる通知によってこちらの集中力を奪ってきます。

お気に入り登録したサイトの更新通知や、遊んでいるソーシャルゲームのゲリライベント開催の通知…それらにいちいち反応してスマホを手に取っていては、本当に大事な仕事や勉強に集中できなくなってしまいます。

 

問題点3「スマホ上での繋がりが現実の人間関係を浸食する」

 

  1. クラスメイト同士・職場の同僚同士で、SNSでつながり合うせいで、
    自身のプライベートをみんなに監視されることになって、気が休まらない
  2. 自身が何かヘマをしたら、それがSNSを介して、現実の人間関係にあっという間に知れ渡る。
    そのせいで小さな失敗も許されない息苦しい人生を強制される。
  3. SNS映えする食事・行動を優先するあまり、「SNSのための行動」が生活の中心になってしまう
  4. LINEやメールの返信が遅れると「愛想の悪い奴」と友達にレッテルを貼られかねないので、常にスマホを監視して即返信をしないといけない

 

 

スマホを使ったSNSや、メール・LINE・電話は、現実世界の人間関係と強くリンクしているので、今やネットは「現実世界から逃げて息抜きをする場所」とは言えない状況です。

スマホを使った、SNS・連絡のレスポンスの早さ、「自分は恵まれていて幸福だ」というアピール行為ばかりに気を取られるせいで、生活がスマホ中心となってしまい、いろいろな事に集中できないという弊害が起こります。

 




問題点4「長時間スマホをいじっている割には大したことをしていない」

 

みんながスマートホンを主に使ってやっていること




スポンサーリンク



  • ソーシャルゲームで遊ぶ
  • SNSのタイムラインをみているだけ。
    みんな、けっこうな頻度でつぶやくので、タイムラインがけっこうな早さで流れていく。
  • 2chのまとめ系サイトを見る
  • YouTubeやニコニコ動画みたいな動画サイトで動画を見て回る
  • 漫画アプリで漫画を読む
  • 無料のネット小説を読む
  • スマホで音楽を聴く
  • Instagramで、海外の風景や食事の写真を見る
  • フォトフォルダの整理・鑑賞

 

 

「暇つぶし」目的と思われる行為ばかりで、スマホを使って建設的な行為(勉強のためにそれ専用のアプリを使用したり、ビジネスのための下調べなどの行為)をしている人はあまりいないようです。

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました