スポンサーリンク

Fランク大学生の就職活動事情と、就活成功のコツの解説

 

Fランク大学生の就活事情と、うまく就職活動をこなすコツについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

Fランク大学生が就活で成功する2つのパターン

 

1.「えり好みできる立場ではない」と冷静にわきまえている

有名大学に在籍していると、その大学に見合った有名企業に入ろうとして、非常に高い入社倍率の前に落とされまくり、自信喪失したり、大手病が治らないまま無い内定で卒業してしまうことがよく起こる。

Fランク大学生の場合、上記のような「有名大学に在籍している」という気負いが無いため、
手当たり次第に企業面接を受け、自分の専攻とは全く無関係な業界にも目を向け、たくましく就職する大学生が多いという。

このように、「えり好みできる立場ではない」と冷静にわきまえているFランク大学生は無事に就職できる場合が多い。

 

 

 

2.「とにかく、働かなければ生きていけない」と自覚している




スポンサーリンク



 

Fランク大学の講師の話によれば、「親のことを考えると、遊んでいられない」といった趣旨の言葉が、就職相談で頻出するという。

Fランク大学生は、家庭が経済的に余裕が無いので就職に意欲的な人が多い。また、奨学金の返済義務を背負っている学生も多い。

そのため、どこでも良いので企業に入社して、自活していくFランク大学卒が多い。

就職先をえり好みして、高望みの末に卒業後にニートに堕ちてしまうことも珍しくない高学歴達よりも、むしろFランク大学生は地に足がついた就職を実現できる、とFランク大学の講師は語る。

 




Fランク大学生が就活で失敗する2つのパターン

 

1.高望みをして、分不相応な有名企業ばかりを受けてしまう




スポンサーリンク



 

高い給与額・好待遇で働きたいので、有名企業ばかりにエントリーしてしまうパターン。

しかし、そういった有名企業には「学歴フィルター」が存在していることが多い。

エントリーシートを送った段階で、「学歴フィルター」によってFランク大学生がはじかれ、面接自体ができなかったりすることが多い。




スポンサーリンク



そのような事を繰り返しているうちに採用ピーク時期が過ぎて、分相応の中小企業にすら入社できずに就活が失敗に終わるパターンが多い。

 

 

 

2.ろくに就職活動をせずに大学卒業してしまった

 

就活に消極的で、ろくに面接を受けずに大学4年次を過ごし、内定をもらえないまま卒業してしまうと、就活失敗ということになる。

企業就職したい者の行動としては論外だが、このような論外行動によって就職できずにフリーターやニートになってしまうFランク大学生もそれなりに多い。

Fランク大学生に限らず、ろくに就職活動をせずに無い内定のまま既卒になる者は、有名大学に在籍する者にも一定数存在する。

 

 




Fランク大学生の就職活動についての備考

 

派遣社員や一般職も就職扱いなので、大学公表の就職率は見た目上は良く見える。

 

さすがに高学歴達の就職先にはかなわないものの、
きちんと卒業して大卒の資格を手にすれば、Fランク大出でも中小企業での「正社員就職」はちゃんとできる。
もちろん、真面目に就職活動をすればの話。

 

真面目に就職活動をしなかったFランク大学生とか、
そもそも就活をいっさいしなかった大学生は、だいたいがフリーターになる。

 

企業就職の場合は、
飲食・営業・小売・ホームセンター・介護・家電量販店・下請けIT、など。
公務員になれた場合は、
自衛隊・警察、など。

 

「勉強が不得意で、企業からの評価も低いFランク大学生なんだから、だったらどうすればいいか?」
と考え、高望みせずに、身の丈に合った企業を選んで就活できる者が成功できる。


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました