スポンサーリンク

部屋の整理とゴミ捨てをできず汚部屋化させる3つの心理的理由

 

部屋を片付けられない人の心理的原因を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

理由1「今の散らかった状態が便利だと思っている」

 

「散らかっている方が便利」と考える人の心理

  • またすぐに使うだろうから、わざわざしまうのは非効率
  • 部屋が片付きすぎていると、なんだか寒々しい・寂しい感じがする
  • 「どこに何があるかはきちんと把握している」と思っている

 

 

「部屋が散らかっていても、どうってことはない」「部屋は、多少汚いくらいの方が生活感があって好ましい」という風に考えている場合が多いようです。

 




理由2「不要な物を捨てられずにため込んでしまう」

 

「不要な物をため込んでしまう」人の心理

  • せっかく買った物・もらった物だし、捨ててしまうのはもったいない
  • 今は使っていなくても、また使う機会が来るかも知れない
  • ゴミ捨てをするのが面倒くさい
  • 物は大事に使うべき
  • 空き箱・空き缶のようなものも、工夫すれば何かの用途に使えるかもしれない
  • この物は思い出の品だから捨てるのはしのびない

 

 

部屋に不要な物をため込んでしまう人は、「もったいない」と思いすぎることで物を捨てられずに、どんどん部屋のスペースが狭くなっていってしまうパターンが多いようです。

 




スポンサーリンク



不要品の片付け業者を無料で比較できる、人気見積もりサイト

エコノバ

◎このサイトでは、ゴミなどを掃除してくれる「不要品の片付け業者」を比較し、料金の見積もりをすることができる
◎見積もりは無料ででき、会員登録も不要で、2分程度で結果が見られる
○「粗大ゴミ」「汚部屋」「ゴミ屋敷」「遺品整理」「イベント廃品」といったサービス業種別の比較ができる

 

理由3「片付けなくていいや、と思うだらしない性格」

 

「片付けなくてもいいや」と思う人の心理

  • 部屋が散らかっていても、その状況をあまり不快に感じない
  • 「後で、いつか、そのうち、片付ける」と部屋の掃除を先送りにし続ける
  • 親があまり掃除をしない人だったから、その影響を受けている
  • 「取り出した物を、使った後に、元の場所へ収納する」という習慣がそもそも無い

 

 

「片付けなくても、別にいいや」と思って部屋を汚部屋化させてしまう人は、部屋が汚いという状況にそもそも抵抗感が無い、というパターンもあります。

 




「精神疾患」や「発達障害」のせいで汚部屋化する場合

 

精神疾患の「うつ病」の場合

  • うつ病にかかると、意欲や気力がいちじるしく減退する
  • 上記のように精神面が弱った状態では、歯磨きや入浴ですら極めて困難なので、
    それらよりもずっと大変な部屋の掃除はなおさら無理となる

 

 

 

精神疾患の「強迫性障害」の場合

  • 強迫性障害を発症すると、物への異常な執着心に駆られるようになる
  • 強迫性障害の症状の1つ「保存強迫」のせいで、「間違って、大切な物を捨ててしまうかも知れない」という思い込みから物を捨てられなくなり、部屋がどんどん汚くなり、ゴミ屋敷を形成してしまう場合もある

 

 

 

発達障害の「ADHD」の場合




スポンサーリンク



  • 発達障害の一種「ADHD」を抱えていると、いちじるしく集中力が欠如し、衝動性が高くなってしまう
  • 上記の症状のせいで、興味の対象がめまぐるしく変化し、部屋に物があふれていったり、
    部屋を片付けようとしても集中力が持たずに中断してしまう

 

 

これらの原因の他に、高齢者の場合は「認知症(判断力・注意力が低下し、実行機能に障害をきたす)」が原因で部屋が片付けられないパターンがあります。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました