スポンサーリンク

結婚の必要性や社会での認識が昔と現代で大きくズレている現象

スポンサーリンク

 

現代では、結婚しない若者が増えてきています。

結婚における「世間体」や「必要性」などが、昔の時代と今の時代ではそれぞれ大きくズレてきていることについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

結婚における「世間体」の、昔と今のズレ

 

前の時代での解釈方法

男性は結婚して家庭をもって初めて一人前だと認められ、女性は嫁いで子どもを育てるのが当然だと社会でとらえられていた。

上記の風潮があることから、世間体を重視して結婚する男女が多かった。




スポンサーリンク



地域でのコミュニティーの繋がりは密接であり、その事情から世間体というものの影響力は非常に大きかった。

 

 

今の時代での解釈方法

「結婚して家庭をもっているから立派」という考えはいまだに残っているものの、それは前の時代と較べれば大きく減退している。

男女共に、独身でいてもそれほど恥ずかしくはなくなったので、世間体目的で結婚しようとする人は大幅に減った。

現代では人間関係の希薄化にともない地域でのコミュニティーの繋がりというものは消失へ向かっており、コミュニティー内での世間体を気にしての結婚というものは完全に時代遅れになっている。




スポンサーリンク



 




結婚における「結婚の仕方」の、昔と今のズレ

前の時代での結婚の仕方

親が縁談を持ってくる「お見合い婚」が主流であり、結婚をする男女は受動的な態度でも結婚までこぎつけることができた。

 

 

今の時代での結婚の仕方




スポンサーリンク



自由恋愛を経て結婚することが一般的になり、恋愛が苦手な男女にとっては結婚のハードルがいちじるしく高くなってしまった。

結婚するために婚活(結婚活動)を数ヶ月~1年以上かけて行うことも常識的になってきている。

 

結婚における「我慢」の、昔と今のズレ

 

前の時代での解釈方法

男女共に、結婚生活であれこれ不満はあっても、離婚することは体裁が悪すぎるせいで我慢するしかなかった。

特に、女性は夫に隷属させられることを強いられていた。

 

 

今の時代での解釈方法

「集団の意向よりも、自分自身の気持ちが大事」という考え方が広まっているため、結婚生活での多少の不満も我慢することなく、さっさと離婚してしまう人が増えている。




スポンサーリンク



前の時代よりも離婚の精神的ハードルが大きく下がり、さらに、「自分を押し殺してひたすら相手に尽くす」という考え方は失われてきているため、夫婦の男女それぞれが自分の都合を激しく主張するようになった。

 

結婚における「必要性」の、昔と今のズレ

 

前の時代での解釈方法

女性は特に、男性に経済的に庇護してもらう必要があり、女性にとっては生きるうえで結婚は必須とも言えるものだった。

男性にとっても「結婚して初めて一人前の男になれる」という社会風潮から結婚は必要なものだととらえられていた。

 

 

今の時代での解釈方法

女性の社会進出が進み、独身であっても自分独り分の生活費を稼ぎ出すことはそう難しくはなくなったので、女性にとって「男性の経済力を頼りにするための結婚」は魅力が無くなってきている。

男性にとっても、結婚しているかいないかで大きく評価が左右されるようなことは無くなったため、「どうしても子どもが欲しい」という場合を除けば結婚の必要性は前の時代よりも低くなっている。

 

結婚に対する「社会での認識」の、昔と今のズレ

 

前の時代での結婚に対する認識

成人した男女は当然結婚するべきである、という社会での認識が一般的だった。ある種の思考停止状態。

 

 

今の時代での結婚に対する認識




スポンサーリンク



結婚が強制されるような風潮が薄れ、ネットが普及したことで結婚の悪い側面が次々と露見したため、結婚に対する悪いイメージが増大しつつある。

結婚は義務というよりも趣味の1つと認識され始め、「結婚したい人だけ結婚すれば良いんじゃない?」ととらえられるようになり始めている。

 




これから先の時代は、結婚は「時代遅れ」なものになる公算大

これからは結婚が時代に合わないものになる可能性が高い理由
  1. 今後は雇用の流動化が進められ正社員枠が減少し非正規雇用が主流になる見込みが大きいので、
    結婚生活を維持するための安定的収入を得ることが難しいから
  2. 結婚生活では多くの場合で新築の購入が必要になるが、これからの日本では少子高齢化がいっそう進行していくせいで、
    家屋を売却する際には需要の無さから安値で買い叩かれてしまう可能性が高く、
    新居購入のリスクが非常に高いから
  3. 男女共に結婚生活で我慢しないようになってきたので容易に離婚が起きるようになり、結婚は長続きしないものという考えが世間に広まりつつあり、
    わざわざ手間暇と多額の金銭をかけて結婚しても短期間で無駄に終わる可能性が高いから
  4. 娯楽の多様化や低収入化などの事情から恋愛と結婚に対する関心が若者間で薄くなっているので、もはや結婚は無理してするものではなくなっているから

 

 

これから先の時代は、1つの会社・1つの国・1つの居場所に縛られて生きていく慣習から徐々に脱していくと考えられます。

そのため、家庭に縛られて自由が大幅に制限されてしまう結婚は時代遅れなものになる公算が大きく、婚姻率が下がっていったり、事実婚(法律に準拠した正式な結婚ではなく、同棲をメインにしたタイプの結婚)が主流になっていくと予想されます。





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました