スポンサーリンク

フリーターが、加齢による体力の低下などでいずれ詰む理由

 

「フリーター」という生き方・稼ぎ方が、年齢を重ねていくうちにいずれ詰む、とよく言われる理由を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

フリーターがいずれ詰む、4つの理由

 

4つの理由

  1. ずっと働き続けても時給が上がらず、それでいて加齢とともに体力は衰えていくので、
    働ける時間が年々減っていき、必然的に年収が下がっていく
  2. 正社員では働いた年月と共に積み重なっていく職歴・スキルが、フリーターでは得られない
  3. 培ったスキルや雇用保障で、病気をしても守られている正社員に較べ、フリーターは身体一つが武器なので、
    何か深刻な病気や怪我をしてしまった時点で即ゲームオーバーの危険
  4. 高齢になると、そもそもバイトに採用してもらえなくなる

 




その他、フリーターが詰む理由が分かるネットの言葉

 

フリーターは、ずっと同じ単価で、時給制で働かざるを得ない。
そのため、年を取って体力が落ちると、昔のようにたくさんシフトを入れるのが無理となり、
だんだん稼げなくなって、真綿で首を絞められるように人生が終わってゆく。

 

知らない人が多いけれど、
30代後半になってくると、だんだん身体のあちこちにガタが来始める。
そのせいで、若い頃のようには元気良く働けなくなる。

 

経営者からすれば、
何でも馬鹿正直に信じ込む20歳前後の若者と、知恵がついて小ずるくなった30代だったら、
前者の方が良いように操れるから若い方を採用する。
どうせバイトは単純な肉体労働で、年齢が高いも低いも関係ないし。

 

少数の例外はあるが、バイトは基本的に「肉体労働」。
30代後半の体力の落ちた人間にはバイトの肉体労働はきつくなってくるし、雇用者側もそれを理解しているから、
高齢のバイト応募者は採用しなくなってゆく。

 

フリーターは年収が低くて、貯金もあまり無いだろうから、
大きな病気・怪我・老いなどで働けなくなって収入が途絶えると、その時点でおしまい。
あまりに運任せの生き方といえる。

 

正社員就職しようにも、新卒枠ではない中途採用枠で面接を受けようとすると、
どこも「実務経験○年」と条件が付いている。

高齢フリーターには、まず最初の実務経験を積ませてくれる企業がほぼ無いので、詰んでいる。

 

40歳を過ぎたら、どこもバイトで採用してくれない。

 

バイトも、正社員も、やっている仕事内容はそれほど違わないのに収入と安定度が段違い。
フリーターの人は若いうちに正社員就職を目指した方が良い。

 




フリーターの悲しい3つの末路

 

1.高齢になって、体力が落ちたり病気になったりする

若くて元気が有り余っているうちは想像しにくいものですが、30代後半になると、急に体力が落ちて身体を動かすのが辛くなってきます。

また、何かしらの病気を発症したり、バイトで重量物を運んでいて腰を壊す危険も高くなっていきます(腰を壊すと、ほとんど全ての仕事ができなくなるので極めて危険)。




スポンサーリンク



体力が落ちたり、病気で、バイトのシフトをあまり入れられなくなって、収入がだんだん減っていくという末路です。

 

 

 

2.親が病気になったり、死去すると、自分の生活も苦しくなる

親が病気になったり、要介護の状態になったりすると、治療や施設入居のために大金が飛びます。

そのお金が無いようならば、フリーター自身が在宅介護をするしかありませんが、そうすると今度は自分が働けなくなって収入が途絶えてしまいます。

親の病気や介護で一気にお金が無くなり、親と自分が共倒れするという末路です。

 

 

 




スポンサーリンク



3.正社員の道を選んだ同年代とのあまりの境遇差に、絶望する

正社員は、昇給・ボーナス・安定的雇用・スキルアップなどの、フリーターとは一線を画す特権があります。

そして、社内で無難に仕事をこなしていけば、30代で、部下・派遣社員・フリーターを使用する側の立場となります。




スポンサーリンク



自分と同じ30代なのに、正社員に使われて説教されるという立場の差や、正社員との収入や福利厚生のような待遇差に絶望し、フリーターの道を選んでしまったことを後悔する末路です。

就職活動での面接がかなり苦手だったり、経歴にブランクがある方は、そういう方のための専門の就職支援サービスを活用することを推奨します。

若者正社員チャレンジ事業」は、フリーター・ニート・既卒者の正社員就職を無料でサポートしてくれて、就職のために企業を紹介してもらえる、

正社員になりたい若者のための専門の就職支援サービスです。


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました