スポンサーリンク

自分の中の才能を発見するための才能の具体的な見分け方

 

「自分の才能の種類が判れば、全部上手くいくのに!」と悔しい思いをしている人は多いはずです。

そんな人達のために、その人が持って生まれた才能の見分け方を解説します。

 

スポンサーリンク

才能判定『技能編』

 

育て始める前の「才能の芽」を見つけるには、

 

その事を詳しく教わる前に何となくできる、

 

という分野が才能の芽があると言えます。

何となくできる、というのを詳しく説明すると、




スポンサーリンク



「1から10まで完全にやるのは無理だが、1から7くらいまでの大まかな骨組みは、荒削りでできる」という達成具合です。

例えば、初めて挑戦した人のほとんどが走行途中で脱落する42kmのフルマラソンで、初めての挑戦でもかろうじて完走、タイムも遅いしランニングフォームもなっちゃいないけれど、

それは以後改善していけば良いしまだまだ伸びしろを感じさせるような人、といった人が典型例です。

後述する性格診断で才能適性を知ることもできますが、やはり実際にやってみて手応えを実感する正確さにはかなわないので、才能の芽を探すために実験的にいろいろな分野に手を出してみましょう。

 




才能判定『性格編』

 

世間一般では「好きなことが才能の証明!」などと言われがちですが、「好き」を目印にして才能を探そうとしても上手くいきません。




スポンサーリンク



では、何が本当の性格面での才能の目印かというと、

 

その事を長時間続けていても無駄や徒労だと思わず、しかもあまり苦痛を感じない、

 

その事が性格面での才能のある分野です。

「この作業好き!大好き!!」と息を荒げて興奮しているような状態=好き、だと勘違いするからみんな「そんな状態の好きはどんな作業をやっても起こらないから、やりたいことが見つからない」と嘆いているわけで、




スポンサーリンク



性格面での才能がある事柄に関わっている時は、そういう熱狂とは全く別種の、静かな没頭状態です。

たいていの作業は、延々と続けていると無意味に感じて嫌になるものですが、中には不思議と無意味さを感じずに、ずっと続けられる作業があるはずです。

それが性格面での才能がある分野です。

また、それに加えて、

 

その分野の既存の構造ややり方に疑問を抱き、改善案や野心的な新しいやり方を次々と考えつく、

 

という事も、性格面での才能の証明です。

 

 

注意したいのは、市場価値は、技能面の才能>性格面の才能で、

さらに、性格面での才能があるからその人には才能がある、というとらえ方は才能の一面を都合良く解釈しただけの間違いであり、




スポンサーリンク



世の中にあふれている「好きなことが才能」「努力できることが才能」「続けられることが才能」というメッセージは誤りであると思われます。

正解をお伝えすると、

・技術面の才能と性格面の才能を合わせもつ最高に幸運な人

・技術面の才能はあるが性格面での才能はもっていない、才能はあるが熱意に欠けるもったいない人

・技術面の才能はないが性格面での才能はある、努力量と運次第では上に行けるかもしれない人

の3種類がこの世に存在しています。

 

 

また、いくら才能があるといっても、同じ宝石というカテゴリーでもダイヤモンドの方がエメラルドよりも価値が高いように、才能の大きさの序列があります。(プロスポーツ選手同士やプロ棋士同士の成績差を見ると分かりやすいです)

さらに、世の中にありふれた種類の才能と稀少な種類の才能のようなレアリティの違いもあります。

才能がない→望み無し、才能がある→人生の成功は約束されている、という風にスイッチのオンとオフのように0%か100%かで綺麗に切り替わるものでもなく、才能がある人同士でも才能の大きさと種類の違いから人生の成功度に大きな格差が生じます。

 

複数の性格診断をすることで自身の性格を分類できる

MBTI性格診断

 

 

MBTI性格診断をネット上で行う事で(無料でできます)、16種類の性格のうち、自分がどの性格に分類されるのかが判明し、どんな分野に興味があるのか、才能の方向性が簡単に判ります。




スポンサーリンク



 

MBTI診断サイト「16Personalities」

 

それぞれのタイプで、アイデアがどんどん出てくる、人間関係の構築が上手い、目的達成のための長時間の努力が苦にならない、といった個別の性格的特性があるので、

これらの個別能力を基礎にしてその才能を築き上げていく、という方法がおすすめです。

ただ、16種類の性格のうちでも、仕事(すなわち才能を発揮すること)に意欲的な仕事人間型の種類の性格と、遊び人気質や働く事に消極的な哲学者タイプなどがあり、

仕事人間型は有能で才能に優れ、そうでないタイプはあまり才能が無い、といった性格によって当たり外れがあります。

 

 

 

エニアグラム性格診断

 

タイプ1 改革する人。良識的で理想主義のタイプ。高潔。きっぱりした。自己抑制的で、完全主義者。

タイプ2 助ける人。思いやりがあり、人間関係を重視するタイプ。寛容。気持ちを表現する。八方美人。所有欲が強い。

タイプ3 達成する人。成功志向で実際的なタイプ。適応力がある。卓越している。強迫観念に駆られた。外面を気にする。

タイプ4 個性的な人。繊細で引っ込みがちなタイプ。表現力がある。ドラマティック。自己陶酔的。気まぐれ。

タイプ5 調べる人。真剣で知的なタイプ。洞察が鋭い。革新的。秘密主義的で、孤立する。




スポンサーリンク



タイプ6 忠実な人。真剣に関わる、安全志向なタイプ。愛嬌のある。責任感が強い。心配性で、疑り深い。

タイプ7 熱中する人。活動的で、面白いこと好きなタイプ。自発的。多芸多才。欲張りで、注意散漫。

タイプ8 挑戦する人。パワフルで、仕切るタイプ。自信に満ち、判断力に富む。強情で、対決的。

タイプ9 平和をもたらす人。のんびりしていて、控えめなタイプ。受容的。安心させる。周りに合わせる。自己満足的。

 

 

エニアグラム性格診断をネット上で行う事で(こちらも無料でできます)、9種類の性格のうち、自分がどのタイプに分類されるのかが判明します。

こちらもMBTI性格診断と同様、仕事に意欲的かそうでないかの、タイプによって当たり外れが分かれています。それぞれの性格の素質を比較すると、タイプ3の達成する人が特に強い印象。

MBTI性格診断と併用することにより、自分の性格傾向と興味のある分野をほぼ完璧に把握することができます。

 

 

 

これは信じる人だけ推奨

姓名判断(基本的な運勢の他、努力の適性、才能に優れるか否かが判明)

星座占い(基本的な性格傾向と価値観、美的感覚の方向などが判明)

 

スピリチュアルな分野なので信憑性に欠けますが、信じる人はどうぞ。

性格診断が好きで、数々の診断をしてきたブログ管理人にとっては、これまでの診断結果&これまでの人生経験と照合して大いに参考になる、「当たっている!」と驚愕する結果で、自分の適性を調べるのにとても役立ちました。

 

これまでの人生の軌跡から才能の種類を調べる事ができる

 

学生時代から趣味でプログラミングをしていたり、絵や小説を創作していたり、人付き合いが良くて自然と周囲に人が集まるような人は、

すでに何年も才能の芽を育てていることになり、過去の生活傾向から才能の種類を調べることができるだけでなく、これまでの経験を活かして、その才能が求められる職業に就くことができます。

日常生活の中で何年も才能を育んできた人は、社会人になってからあたふたと才能を調べようとしている人よりも、大きなアドバンテージを得ていると言えるでしょう。

 

あなた固有の常識が他人と良い意味で違っている物も才能

 

「あなたにとっては生まれつき当たり前にできるけれど、他人から見たら驚くような事」も生まれ持った才能です。

例えば、他人がとてもマネできない早食いができる、極めて健康で病気らしい病気とは無縁、スケジュール管理が完璧にできる、など。




スポンサーリンク



あなたにとっては常識で当たり前の事でも、他人には生涯到達できない域である事が多いので、他人にはマネできないあなただけの常識を才能ととらえて有効活用していきましょう。

 

残念ながら才能の無い人

 

以上で解説してきた才能診断で、これまでの人生をかんがみても全くかすりもしなかった人や、生まれつき努力が嫌で嫌でしょうがない人は、残念ながら才能が無い可能性が高いようです。

特に、努力が苦痛でしょうがない人は絶望的です。

なぜかというと、才能を育てるのに年単位の努力が必要、その後のステージでは限界まで努力している才能のある人達同士が戦い合う、という世界なので、

「努力ができない」ということは才能という模型を作るためのバラバラになったパーツたちのうち、重要パーツが買った製品の中に最初から入っていないようなもので、必要パーツが足りない以上、一生才能の模型が完成しません。

 

 

ただ、才能が大きすぎると、才能のある分野に執着しすぎてしまって、まるで才能に呪われたような人生になるので、才能が無い人はそんな呪いとは無縁なぶん、気楽な人生です。

多くの場合、才能がある人は地位や功績を気に掛けずにただその物事を楽しんで没頭しているだけですし、楽しむという才能人達が目指す共通のゴールにたどり着くには、

美味しい物を食べたり早起きをして気持ちの良い朝日を浴びたりといった事でも十分に達成可能です。

 




「多くの人に評価される世界」ほど、魅力という解析不能の才能が必須

 

芸能、モデル、声優、作曲、小説、漫画、イラストなどなど、不特定多数の人達の評価によって優劣が決まる世界は、「魅力」という解析不能の才能が必要です。

この魅力という才能は、セオリーや理論立てた努力で誰でも再現可能、というものではなく、生まれつきの才能が極めて大きなウェイトを占めます。

この魅力は、モデルなら容姿、声優なら声質、芸能人なら顔や話し方や話の内容の総合的な雰囲気といった生まれつきのものから、

漫画なら絵柄・描きたいモノと需要度のマッチ度・知識量・文体・作品の雰囲気などが相互作用した後の最終的な作品のベクトルの向きが「みんなが魅力を感じる」という方向へ運良く向いている、という具合に、生まれつきのものや偶発的な運に大きく左右されます。

 

 

ラフであまり上手いとは言えない絵柄なのに、画力とは別次元の不思議な「魅力」があるので世間で人気を博している、ブログ管理人も好きな漫画家達

 

これらの華々しい職業に就いている人は「選ばれた者」としばしば呼ばれますが、まさに言葉通り「(生まれ持った魅力を買われて)大勢の消費者に選ばれる事」が必要なので、選ばれた者という表現は正しいです。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました