スポンサーリンク

恋愛感情はいずれ消えるので結婚には忍耐と自己犠牲が必要

 

恋のときめきや愛情をつかさどる脳内ホルモンの「PEA」や「ドーパミン」は、恋愛開始時点から3~4年で分泌が枯渇し、脳が恋愛状態から通常状態に戻ってしまいます。

じゃあ結婚っていずれ必ず破綻するの?良い結婚をするにはどうしたら?

そんな疑問に答えるべく、結婚生活を続けるための才能や、結婚生活を長続きさせる方法を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

恋愛感情が消える原因は、脳内物質の分泌が枯渇するから

 

恋愛感情をもたらす「PEA」の特徴

  • 恋愛における相手へのときめき・ドキドキ感をもたらす神経伝達物質が「PEA(フェニルエチルアミン)」
  • 恋愛開始時からPEAが分泌されはじめ、3ヶ月目から分泌量が減り始め、3年程度で分泌が枯渇してしまう
  • PEAの分泌が枯渇すると、恋愛対象だった相手に何も感じなくなってしまう

 

 

このPEA・ドーパミンの分泌枯渇は本人の意志や努力ではどうにもできない、水が低きに流れるがごとしの生理現象です。




スポンサーリンク



真夏の炎天下でどう意志の力を保っても、汗が噴き出てくるのをどうしても抑えられないのと同じようなものだと思われます。

 

 




結婚を長続きさせる方法の、ネット上のコメント

 

相手に求めすぎず、妥協することが大事。

 

少しだけ距離を取って接すること。
近づきすぎると崩壊が早まる。

 

相手から一方的に愛されることを求めない。
自分の魅力を上げて、相手が愛してくれるように努力をおこたらない。

 

義親と同居しないこと。
義理の親が干渉してくると、関係の崩壊が早まる。

 

ある程度、相手を自由にさせてあげる。
ぎちぎちに束縛すると、必ず逃げたいと思うようになってしまう。

 

ひく時はひく。
言う時は言う。
協調する時は協調。
これらをバランスを保って行う。
やりすぎも、やらなすぎもダメ。

 

相手に多くを求めすぎないこと。
求めすぎると嫌な人間だと感じられて、離婚へ一直線となる。

 

相手を言葉で変えるのは、実質的には不可能。
なので、2人にとって都合の良いルールをその都度作成した方がよっぽどスムーズに解決する。

 

「お疲れ様」「ありがとう」「すごいね!」
このあたりの言葉をひんぱんに言うように心がける。

 

声に出して話すのを惜しまず、ためらわず、ちゃんと声で伝える。
「察して欲しい」といった態度はNG。

 




結婚に必要な才能は「忍耐」と「自己犠牲」

 

結婚生活に向いている性格・向いていない性格というものがこの世には厳然として存在し、結婚後に20才を越えた自分や結婚相手の性格を変えるのは、どんな努力をもってしてもほとんど不可能。

という厳しい事実と現実をまずはしっかり肝に銘じておきましょう。

自分自分と主張をせずに耐え続けて相手を立てる性格傾向・自分自分と主張をせずに結婚相手や子どものために自分の言いたいことややりたいことを取り下げる自己犠牲の性格傾向は、結婚生活を継続するうえで不可欠の才能です。

これらとは逆の性格傾向をもつ人は、結婚に全く向かないということです。

 

 




スポンサーリンク



恋愛のときめきを与えてくれるPEA・ドーパミンの分泌枯渇は不可避の未来なので、分泌枯渇したときに結婚継続の才能をもっていないと、離婚まっしぐらという不幸な結末を迎えます。

(うちはいつまでもラブラブだよ!という夫婦も中にはいるが、そういうのは夫婦の全体数から見たらごく少数の例外だと思った方が良いです)

 

「どうしても子どもが欲しい」「結婚して夫に養ってもらいたい」「独身は寂しいから絶対いや!」「この結婚は家同士の結びつきから見てメリット大」という、恋愛感情が消えた後でも有効な強い理由が無ければ、結婚はおすすめできません。




スポンサーリンク



「世間体が…」「周りが結婚するから…」「親を安心させたいから…」「相手が好きだから…」などといった上記に較べて弱い理由・長続きしない理由で結婚してしまうと、

PEA・ドーパミンの分泌枯渇後におそらく悲惨な目に遭うでしょう。

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました