スポンサーリンク

人間として高次元な生き方である、7種類の人生

 

「人間として、高次元・高レベルの生き方」の種類について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

実現することは比較的簡単な種類のものの、高次元な生き方

 

1「やりたいことができていたり、ささやかな夢を叶えている」

自分の欲しいもの・やりたいことを理解・自覚し、日々それを追いかけて入手し続けている人生は相当に幸福だと言えます。

本項目でのやりたいこと・ささやかな夢は、たとえば「あの食べ物を食べたい」「あの有名な観光地へ旅行へ行きたい」というレベルなので、

実現することはそれほど難しくはありません。




スポンサーリンク



本項目の生き方を実現するために必要なこと

  • これまでの人生経験から、自分の嗜好の種類を正確に把握すること
  • 実際に行動を起こすための行動力
  • 世の中に対するアンテナを高くし、自分が欲しいモノの存在を知り続けること

 

 

 

2「他者に必要とされている」

自分以外の誰かに必要とされ、手助けをしたりして貢献している状況は、みんなに羨ましがられる状況です。

自分を必要としている人数が多ければ多いほど、より良い状況です。

本項目の生き方を実現するために必要なこと

  • 友人を作ること
  • 恋人を作ること
  • 家族を築くこと
  • 「不特定多数の人達に、技術や知識を提供できる環境」を手に入れること

 

 

 




スポンサーリンク



3「自分の人生の目的・目標を探求している途中」

大部分の人間が、日々の仕事に追われるだけだったり、その時々での社会の流行のような目先の快楽を追いかけているだけ、という状況で、

「自分が本当にやりたいこと・自分の人生の目標は何だろう?」と考え、試行錯誤しながら回答を探求している人は、かなり上等な状態の人生であると言えます。

本項目の生き方を実現するために必要なこと

  • 忙しかったり、疲れている日々の中でも、時間と労力を割いて、自分の心を内省する機会を多く持とうとすること

 




高レベルなので、実現することは困難な種類の高次元な生き方




スポンサーリンク



 

4「自己実現をしている最中だったり、自己実現を達成した」

「自己実現」とは、自分がもつ能力や可能性を追求する行為を指しています。

アメリカの心理学者「アブラハム・マズロー」が、この自己実現を、人間がもついろいろな欲求段階の中で最高位だとしています。

マズローが定義する5つの欲求段階

  • 生理的欲求↓(もっとも低い段階)
  • 安全の欲求↓
  • 社会に帰属したいという欲求↓
  • 承認欲求↓
  • 自己実現の欲求(もっとも高い段階)

自己実現をしている人間は、自己の目的にのみ執着し、他者に無関心になり、超然とした雰囲気をもつようになります。

他者達からの評価や、社会で一般に幸せとされているモノに左右されなくなり、「自分自身にとって、この世で絶対的なモノ」を発見できた状態です。

本項目の生き方を実現するために必要なこと

  • 生活・仕事・趣味などにおいて、ある程度以上活躍し、「承認欲求」の段階までクリアする
    • 承認欲求を満たせるくらいの、それなりの実力が必要になる

 

 




スポンサーリンク



 

5「現在の満ち足りた生活に感謝し、これ以上は求めない」

自分の求めるモノや望むモノを一通り手に入れ、現在の生活・現在の人生に満足し、自分自身や他者へ感謝している状況です。

満たされたことで物欲が希薄化し、聖人的な心境に近づいています。

そして、「感謝」という気持ちは、人間のあらゆる精神状態の中で最も高次なものである、という意見・解釈も多いようです。

本項目の生き方を実現するために必要なこと

  • 自身の望みを一通り叶えたり、自分の中の最大の望みを叶えること
  • 望みを叶えるための高い実力や、高等な問題解決能力
  • もともと物欲があまり強くない性格だと、本項目を実現することが比較的容易になる

 

 

 

6「自身の才能を開発・発揮して、才能の成果を社会へ還元している」

自分の内側にある才能の芽を発見して何年もかけて育成し、 才能を発揮して活躍していることは、多くの人達から羨望される生き方です。

そして、才能を育成するためには、過去に世の中の数々の創作物の影響や色々な人達の助力を受けてきています。

育てた才能を使って世の中へ「お返し」しているという生き方は、人間として高次な生き方であると考えられます。

本項目の生き方を実現するために必要なこと

  • 自身が何らかの才能を持っていること
    • この才能は、使い道の無いダメな才能ではなく、有用なタイプの才能である必要がある
  • 数年かけて努力し、その才能をいっぱしのレベルまで育成すること
  • その才能を活用して、世の中の人々を喜ばせたり、何らかの形で貢献すること

 

 

 

7「ある程度のお金持ちになっている」

資本主義社会では、社会で最も価値があるものはお金であると、そう定められています。

資本主義のルールを攻略し、多額のお金を手に入れ、そのお金で多くのやりたいことを実現できている生き方は、その人の能力の高さ・努力量を証明するものだと言えます。

本項目の生き方を実現するために必要なこと

  • 商才をもっていること
  • 収入額を上げるための、就職活動・転職活動・実績の積み上げ・資格取得などの各種勉強を継続することができること


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました