スポンサーリンク

恋愛にハマりすぎたせいで身を持ち崩す人達の特徴

 

恋愛に依存しすぎたせいで、身を持ち崩したり、人生が壊れてしまった人達の特徴について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「恋愛によって身を持ち崩す人」の特徴

男性編

 

  • 女遊びが好きな性格で、女性との交際費やプレゼント代で貯金を使い果たしたり借金をしてしまった
  • 結婚後、相手女性が悪妻(平気で不倫をしたり、浪費や家事放棄をする)へと変化してしまった
  • 失恋や離婚のショックで「やけ酒」が習慣化してしまい、健康状態がいちじるしく悪化する
  • 特定のアイドルに熱中してしまい、イベント参加費や交通費やグッズ購入費で経済状態がいちじるしく悪化してしまった
  • 付き合っている女性にひどい仕打ちをしていた事が自身の友達間に知れ渡ってしまい、信用を失って、友達を失った
  • 付き合っている女性が浮気をしていることに激昂し、女性や間男に暴力をふるって、そのことを通報されて書類送検されたり逮捕されて、仕事などの生活基盤が崩壊する
  • 自身は結婚しているのに不倫をしてしまい、そのことが発覚して、自身の家庭が崩壊したり高額の賠償金を請求された

 

 

 

女性編

  • 付き合った男性・結婚した男性がDV(Domestic Violence、ドメスティック バイオレンス、夫婦間や内縁間で起こる家庭内暴力のこと)をする人間で、トラウマを負ったり人間不信におちいった
  • ダメ男(働くのが嫌いだったり、女性にお金をせがむことを当然のように繰り返す男)の世話をして尽くすことが好きな性格だったせいで、
    尽くし続けるうちにお金や若さを失ってしまった
  • 結婚する気が無い男とだらだら何年間も付き合い続け、若さを失い結婚適齢期を過ぎてしまった
  • 付き合った男性が結婚詐欺師で、数百万円というお金をだまし取られた
  • 自身が「遊び相手にはちょうど良いけれど、結婚は遠慮したいタイプの女性」で、
    その特徴のせいでいつも男にもてあそばれていて、結婚適齢期を逃してしまったり、人間不信におちいった

 




男女共通で、身を持ち崩しやすくて危険な種類の4つの原因

1「不倫」をしたり、「略奪愛にハマる」

 

刺激のない結婚家庭に飽き飽きして、新しい刺激を求めて不倫に手を出す男女はかなり多いと考えられます。

この不倫行為によって、自身の家庭・不倫相手の結婚家庭が崩壊するパターンは非常に多いので注意しなければなりません。

また、他人のカップルの異性を意図的に奪って恋仲になる「略奪愛」のスリル・優越感にハマって病みつきになり、略奪愛を繰り返す人も、おうおうにして悲惨な結末を迎えているようです。




スポンサーリンク



不倫によるリスク

  • 慰謝料の金額は50万円~300万円程度が相場
    • 不倫行為の結果、別居・離婚まではいかない場合は50万円~100万円程度が相場
    • 不倫行為の結果、別居・離婚までいってしまった場合は200万円~300万円程度が相場
  • 不倫は離婚事由として法的に認められるので、不倫が原因で「自身の夫婦関係」「相手の結婚家庭」が離婚に発展することも十分にあり得る
  • 不倫が発覚して相手の結婚家庭を壊してしまった場合、不倫の事実を自身の勤め先に暴露されるなど、何らかの形で復讐される可能性が高い

 

 

 

2.恋愛をした相手が性悪だったり、メンヘラだった

性悪の男女・メンヘラとの恋愛で受ける損害例

  • 「相手に金品を貢がせること」を当然のことだと考えていて、貢ぐように何度も求められる
  • 恋愛相手の異常な価値観に、こちらが染められてしまう
  • 愛情に飢えすぎていて、四六時中連絡してきて、かまってちゃん行為を繰り返す
  • 浮気を繰り返すので、ショックでこちらの精神がズタボロになる
  • 相手のメンヘラがこちらにまで伝染する

恋愛をした相手が、運悪く、性格にいちじるしい問題を抱えているタイプだったり、メンヘラだった場合は、

大きな損害を受ける可能性が非常に高くなります。

 

 

 

3.人生の大事な節目で、失恋などの悪影響を受ける




スポンサーリンク



人生の大事な節目の例

  • 高校受験や大学受験
  • 大学4年次の就職活動
  • 一例として、30歳前後の、社内での昇進の可否を左右する時期

人生の大事な節目で、失恋をして絶望状態になり、勉強や就職活動や仕事などに手つかずになってしまうと、受験などの結果が悲惨なものになり、

そのせいで人生の状況が一気に悪化してしまいます。

 

 

 




スポンサーリンク



4.「ひどい失恋」によって精神状態が長期的に最悪になる

ひどい失恋の例

  • 相手に心から入れ込んでいたのに、破局を迎えてしまった
  • 事故や病気などによる、恋人との死別
  • 相手の浮気や暴力・暴言などの裏切りによる失恋

ひどい失恋をしてしまった場合、数ヶ月から数年間も過去の失恋を引きずり、精神状態が最悪のままというパターンも珍しくありません。

いつも鬱々とした態度なので友達が離れていったり、色々な出来事を全く楽しめなかったりと、人生の状況がいちじるしく悪化してしまいます。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました