スポンサーリンク

理想を追いすぎず、理想と現実の折り合いをつける4つの方法

 

理想に傾きすぎず、現実的な行動・選択をするための方法を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

理想と現実の間の折り合いをつける、4つの方法

 

1「今の状況下で、今できることで、最高の形を選び取る」という考え方が最重要

この考え方を実現させる方法

  1. まず、今の状況の良し悪しや、今の自分の持ち駒・今の自分にできることなどを把握する↓
  2. 次に、今の自分の持ち駒・今の自分にできることをどう組み合わせれば今の状況を打開できるか、ということを、パズルをあれこれ組み合わせる要領で考える
  3. (「理想の形に固執することは危険であること」「あえて妥協して状況をクリアすることで得られるモノも多い」「費やせる時間や各種リソースは限られている」とはっきり思い浮かべることも、人によっては必要)↓
  4. 考えた結果で得られた、「今の状況下で、今できることで、最高の形」を選び取る

「今の状況下で、今できることで、最高の形を選び取る」という考え方・方法は、理想と現実のうちで少し理想側へと傾いたやり方ですが、

日頃から理想に傾きがちなタイプの人には最善の考え方・方法です。

 

 

 

2「ほとんどの場合で、理想は達成できない」とはっきり認識する

  • 「その人が抱いている理想」は、ほとんどの場合で、その人の能力の限界の数段上の状況である
    • その事情から、理想を達成することはほとんどの場合で不可能
  • 理想が高くなればなるほど、その理想は「机上の空論」「理論上のモデルでしかない」といった性質を帯びるようになり、非現実的なものになっていく

「理想を達成することは、もともとほぼ不可能」とはっきり自覚しておくと、理想に溺れないで済むようになります。

 

 

 




スポンサーリンク



3「多くの場合で、理想は人間を不幸にする」とはっきり認識する

理想が人間を不幸にしやすい理由

  • 「ほとんどの場合で、理想は達成できない」とはっきり認識する、の項目で解説したように、理想の達成は非常に困難であるため、
    「達成困難な目標に向かってあがき続けるという状況」は不幸になりやすいから
  • 理想に傾倒しすぎることで、
    • 地に足が付いた生き方・考え方ができなくなる(脳内お花畑状態になりやすい)
    • 他人の悪意や、自身の理想とはかけ離れた世の中の状態に失望しやすくなる
      といった弊害が起きやすくなる
  • 他人にこちらの理想を押しつけようとしてしまうせいで、人間関係も悪化しやすくなる

理想は、「理想と現実」という風に現実と対比されることが非常に多く、

言ってしまえば、理想=現実的ではないもの・夢の世界、ということになります。

現実的ではないもの・夢の世界にばかりひたっていると、当然、現実の世界の方の状況は悪化しがちとなります。

 

 

 

4「理想と現実の間で苦悩することこそが、人生の醍醐味である」と考える

人生の苦悩のかなりの割合は「理想を達成できないこと」「理想と、現実の状態がかけ離れていること」であり、




スポンサーリンク



その事情から、理想と現実の間であれこれ苦悩することこそ人生の面白さ・深みと考える人も世の中にはかなり多いようです。

「理想と現実の間で迷い、苦悩しながら現実を選び取ること」を人生の面白さ・深み・醍醐味だと肯定的に考えるようになると、理想に溺れずに済むようになります。

 




理想を追いすぎることの危険と、妥協することのメリット

 

理想へ傾きすぎることで起こる危険

  • 理想は自分個人の好み・願望が大きく反映されたものであることが非常に多く、
    そのせいで他人からの理解を得られず、嘲笑されたり疎外されることが多くなる
  • 理想の形・理想の結果にこだわり続けると、そのせいで色々なチャンスや時間の猶予や自身が生き残る結果を逸することになってしまう
  • 理想に固執するせいで、自分が選ぶことができる選択肢・行動の種類がいちじるしく狭まってしまう
  • 他者に自分の理想を押しつける行動を起こしやすくなり、犯罪的・反社会的な行動を取りやすくなる
  • 理想を追求することに強迫観念的に駆られているせいで、いつも精神が張り詰めた感じになっていて辛い
  • 「理想論」のような、現実の事情とはかけ離れていて役に立たない主張ばかりしてしまう
  • 理想を達成することは多くの場合で非常に困難であるので、失敗という結果のせいで自身がひどく落ち込んだり、世の中に絶望しやすくなる
  • 理想的であること・完璧であることを求めすぎるせいで、
    たとえ良好な結果を得たとしても、やり損ねた部分ばかりを気にするようになり、
    どのような結果でも常に不快になってしまう
  • 現実と折り合いが付かないせいで、ニート化やフリーター化が起きやすくなり、経済的に困窮するようになったり現実での生活が立ち行かなくなる

 

 

 

理想に傾きすぎず、現実と妥協することのメリット

  • 「ほどほどの結果」を得るができ、ひとまず満足できたり、結果を得たことにより活動を継続することができる
  • 堅実で現実的な判断ができるようになるので、挑戦事や問題解決の成功率が上がる
  • 一つの場所・一つの状況にいつまでも固執することがなくなるので、危険を上手く回避できる
  • 最高最善の結果を追い求めなくても良いので、いつも気が楽

 




その人が理想に溺れてしまう原因例

 

原因例

  • 幼少時から欲しいものを何でも親に買い与えられていたせいで、自身が我慢すること・妥協することを知らずに育ってしまった
  • その人の性格が、生まれつき理想主義者気質である(または完璧主義者である)
  • その人の人生経験から生じた「どうしても達成したい悲願(=理想)」があり、修正を受け付けない状態
  • たとえば職業で言うなら、その職業の年収・社会的ステータス・安定性に強く憧れているせいで他の職業に就くことがまったく見えていないように、
    その物事の魅力に目がくらんでしまっている
  • 思春期特有の中二病によるもの
  • 理想を追いすぎた結果、現実の方の状況がどれだけ悲惨なものになるのかが想像できていない
  • 自身の能力の低さ・無能さをうすうす自覚しているため、それが露呈してしまう現実的な挑戦は避け、
    とうてい達成できない理想を目指すことで、自分の心や他人の目をごまかしている

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました