スポンサーリンク

日常の目標や人生全体の目標など、やりたいことの見つけ方

スポンサーリンク

 

「やりたいこと」を見つけるための方法を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「やりたいこと」を見つける方法

 

「日常での、娯楽や小さな目標」としてのやりたいことを見つける方法

「日常での、娯楽や小さな目標」のやりたいことを見つけるために必要なこと

  • TV番組や雑誌やネット情報を通して、世の中にどんな種類の娯楽・面白そうなことがあるのかを日頃から調べ続ける
    • 自分が楽しめそうな娯楽や目標の選択候補を増やしていくことがこのことの目的
  • その時々の社会での流行をチェックして追随する
    • その時々で、流行のものについての人々の話題や、TV番組での特集が豊富なので、そのおかげで流行を追うことはかなり楽しい
  • 生活の問題点(部屋が汚れているとか、体重が増えてきて困っているなど)や
    仕事の問題点(業務を行ううえでの自分の短所や、スーツやカバンがくたびれてきたので新調したいなど)を探し出し、
    その問題点を解決することをやりたいことに認定する
自分にとってしっくりくるものがいつまでも見つからないようなら、
「美味しい物を食べる」「眠る」「異性との恋愛」
という、原始的な欲求で、なおかつ快感度合いがとても大きいものを「やりたいこと」として、その行為に終始することも大いにアリです。

 

 

 

「生涯をかけて達成したい、大きな目標」としてのやりたいことを見つける方法

「多くの人達があこがれること」をやりたいことにする

たとえば、人気が高い海外の国を3ヶ国~5ヶ国旅行するとか、有名ブランド製のスーツや腕時計やくつやカバンやアクセサリーで全身をコーディネートする、などが例として挙げられます。

旅行やファッションやグルメやコレクションのような娯楽で、多くの人達からあこがれの対象となる行為・状態・状況というものはある程度定まっていて、




スポンサーリンク



しかもその行為・状態・状況には大きな魅力も確実に備わっています。

「多くの人達があこがれること」を、長い準備期間とそれなりの額の金銭を費やして達成することは、

人生をかけてやりたいこととしてふさわしい目標であると言えます。

 

 

 

「自分の趣味・特技を極めていくこと」をやりたいことにする

技術をより上達させて研ぎ澄ませていったり、知識量を増やしていって、自分の趣味・特技を極めていくことは、人生をかけてやりたいこととして大いに価値があると判断できます。




スポンサーリンク



技量が一定水準以上に達すれば、その趣味・特技を生計手段の仕事にすることも可能になります。

さらに、ある程度以上の高さからでないと見えてこない景色・付き合えないレベルの人達という嬉しい特典要素もあるので、

そういった「一般的な人達からすれば未知の領域・未知なる世界」に強い興味がある人にとっては魅力的なやりたいことです。




スポンサーリンク



 

「生涯をかけて達成したい、大きな目標」を選択する際の留意点
  1. 「その目標の候補を前にして、わくわく感・ときめき感・奮起するという感覚・良い予感がする」というものを選び取ることが正解
  2. 健全であり、社会の風紀上問題がないものを選ぶこと
  3. 「明るい希望」が含まれているものを選ぶこと
  4. 「難易度が高すぎて、目標が達成困難な状況に絶望する」ということが起きやすいタイプの目標を選ぶことは非推奨
  5. 仮に自身の能力がかなり高いようなら、それなりに難しい目標を選んで、長期的に追究できるようにすること
  6. できれば他人と協調したり他人を支援できるような、他人と繋がり合える目標を推奨。
    孤独に耐えられるならば独りで追究できるものでも問題無い。

 




「仕事」において、やりたいことを見つける方法

 

自身がやりたいことを仕事でやるための現実的な方法
  • 「自身がやりたいこと」を抽象的なレベルまで還元させる行為が不可欠
    • 「みんなの役に立ちたい」
    • 「他人の行動開始を支援したい」
    • 「世界に向けて情報発信したい」
    • 「他人の健康の維持や向上の手助けをしたい」
    • 「世の中に美味しい食べ物を届けたい」
    • 「まだ世の中に出回っていない、未知のものを調べたい」
      などが抽象的なレベルまで還元する例

 

 

仕事(特に、会社に勤務する形態でする仕事)は、利潤を得るための無味乾燥とした作業を淡々とこなしていくという傾向が強くあります。

そのため、自身が楽しめたり目立つことができることを仕事でやろうとするのは、現実的には無理があります。

 

ごく一部の人達しか就けない、スター性がある仕事の例
  • 「漫画」「イラスト」「絵画」「楽曲」「小説」「評論」などを、お金がもらえる仕事として世の中へ発表する
  • 「自身が設計をしたり行程スケジュールを立てて、それを他人にやらせる」という上司的な仕事
  • アイドルや歌手や俳優女優のようにファンを大勢獲得できる仕事
  • 自身が個人事業主や企業の社長になって、才能を活かした仕事をしてお金を稼ぐこと

 

このような仕事は競争倍率が100倍程度の新人賞受賞やオーディションを突破する必要があったり、

有名大卒という高学歴の人達しか入社できない大企業(下請けの中小企業に商品の製造や市場調査の仕事を発注できる立場)に入る必要があり、

このようなスター性がある仕事をすることは現実的ではありません。

 

 

仕事においてやりたいことをやるためには、

自分がやりたいことを「絵を描いて稼ぎたい」「アイドルや芸能人のように注目を集めたい」という具体的なものから、




スポンサーリンク



抽象的なレベルまで還元(根源まで復帰させること)することが大切です。

「自分のやりたいことの本質」を抽出することができれば、やりたいことを適用できる仕事の選択肢が一気に広がり、

やりたいことを仕事でやることが現実的なものになります。

 

 

その人間は全16種類の性格型の1つに分類できるとする「MBTI性格診断」

MBTI診断サイト「16Personalities」

 

 

16種類のそれぞれの性格の簡潔な解説図

 

MBTI性格診断によって自身が属している性格型をはっきりさせておくと、

それぞれの性格型の「やりたいことや人生全体の願望の傾向」と照らし合わせることで、

自分自身のやりたいことの本質を手軽に知ることができるので、非常におすすめです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました