スポンサーリンク

才能の正しい育て方と、利益目的の才能の正しい運用方法

 

才能の正しい育て方と、育てた才能を正しく運用して利益を得る方法について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

才能の正しい育て方

 

才能の正しい育て方

  • 「自分が才能がある分野」の課題(物の創作やスポーツや知識の学習など)を日々ひたすらこなしていく
  • 「自分が才能がある分野」の課題を生活の片手間にやる状況から、課題に集中できる生活環境や生活スケジュールへ移行させていく
  • 「自分が今居る段階の、次の段階やもっと先の段階」を、自分で考えて想定したり自分よりも上手い人から学習して、その先の段階へ進み続ける
  • 途中で止めずに、年単位で継続していく
  • 「今現在、自分が得意な分野」に近い周辺分野に着手し、ちょうど樹木が枝葉を少しずつ伸ばして体積を増やしていくように、できる分野を増やしていく

 

 

上記の「才能の正しい育て方」で身につく事柄

  1. 自分が才能がある分野の習熟度が確実に上がっていく
  2. 才能がある物事をこなすための基礎体力(1日に何時間も続けるための持久力やそれを実現するための精神力、作業のスピードなど)が向上していく
  3. 自分が得意な分野を中心にして、できることの種類が増えていくので、その人の才能の独自性が高まることで才能の希少価値がどんどん上がっていく

 

 

最終的に、

「才能が必要で難易度の高い課題を、かなりの早さで処理できることを、毎日苦もなく続けられる、という状態」




スポンサーリンク



へ持っていくことが、才能を育てることの目標地点です。

この最終目標地点へ到達するためには、体力・精神力・知識量・処理スピードの高さといった基礎能力が非常に高いことが不可欠であり、

基礎能力を引き上げるには何年間もかけて圧倒的物量をこなすことがどうしても必要になります。

 

 

 

参考:「その分野を継続することの難しさ」について

 

才能がある分野を何年間も継続できるタイプの人

  • 技術面での才能に加えて、その分野に強い興味があったりその分野が大好きという性格面での才能を持っている
  • 生まれつき、意志の力が強靱

 

その分野を上手くこなせるけれど興味を感じないタイプの人や、頭が良いのでその応用で器用にこなせるというだけの人や、意志の力が弱い人は、

いくら才能があっても年単位で継続することは難しくなります。

才能は何年間もかけて大成させていくたぐいのものなので、性格的に継続させていくことが困難な人は早めに別の道へ移ることを推奨します。

 




スポンサーリンク






才能の育成と並行して、才能がある分野の中で自身の専攻を選択

 

漫画を例に挙げると、「日常系」「恋愛系」「ファンタジー系バトル」などの漫画分野は消費者から人気を博しやすくなります。




スポンサーリンク



この逆に、「SF系」「ホラー系」「メンヘラ系(うつ病やパニック障害のような精神疾患、病みカワイイ、毒親問題などを扱う分野)」はなかなか高人気は望めなくなります。

将来的に才能がある分野で生計を立てていきたいのなら、世間からの需要度を考慮して、

才能がある分野の中で需要がある分野を選択的に伸ばしていく必要があります。

(あえて競技人口が少ないニッチな分野を選択して、あまり注目はされないけれどその分野では自分はトップレベル!という状況を目指すこともなかなか有効です)

 

 

ビジネス分野でも、

  • 自分の手で会社を立ち上げて従業員を働かせて利潤を追求すること(リスクと難易度は非常に高い)
  • 業界の情報を収集して、コンサルティング業務によって他人の起業をサポートすること(リスクと難易度はあまり高くない)

という具合に、分野によってリスクや難易度が大きく違っています。

いくら商才があったとしても、リスクの大きさや自身の性格の種類を顧みずに、いきなり会社を立ち上げてしまうことは無謀です。

自身が望んでいるモノの種類や自身の力量や性格型をよく踏まえたうえで、慎重に才能を伸ばしていく専攻分野を選択しましょう。

 




才能の正しい運用方法

 

才能の正しい運用方法

  • 作品をネット上へ発表したり、製作した作品を企業へ卸すことで、金銭を得る
  • 所属する企業内で才能を発揮して成果を上げ、高い評価を受けたり、そのことで昇給したり出世する
  • これまでの実績や名声を利用することで、自分と同じように才能豊かな人達と知り合いになって彼らから学び取り、
    さらに才能の幅を拡張したり、コネクションによってできることの幅や種類を増やしていく
  • 「未熟だけれど、才能の芽がありもっと向上したい」という後輩達を指導して育成する

 

 




スポンサーリンク



才能の正しい運用方法の具体例

  • より待遇の良い企業へ転職する
  • 勉強の才能を活かして、難関大学の入試に合格して入学する
  • ブログに自身が書いた文章や、描いた絵などを掲載して、クリック保証型の広告やアフィリエイトで金銭を稼ぐ
  • 新規ビジネスを立ち上げる
  • 大会やコンクールや新人賞に積極的にエントリーし、何らかの実績を得られるように挑戦し続ける

 

 

才能を使って作製した作品やパフォーマンスが、観客に褒められたりちやほやされることはそう難しくはありません。

しかし、才能を使って作製した作品や観客パフォーマンスで対価の金銭を得ることは、明らかにタダで褒められることよりも難しく、一線を画した難易度です。

したがって、才能を活用して金銭や社内での高評価といった具体的利益を得る、という最高難易度の課題をクリアすることが、才能の運用における最終目標とすることができます。

 

 

才能の間違った運用方法

  • 才能を犯罪に利用して、金銭や他者を見下す快感などの利益を得る
  • 作品をネット掲示板やSNSに公開して、周りに賞賛されてちやほやされるだけ
    • この方法では「上手いアマチュア」どまりになってしまい、才能の成長と才能によって得られる利益の増加が途中で止まってしまう

 

 

才能の正しい運用は「他者に貢献して喜んでもらうことで、その対価に金銭や高評価を頂く」という方向であり、

才能を犯罪や誹謗中傷に利用することは才能の間違った運用です。

そのような才能の間違った運用を続けていても、いずれ逮捕されたり起訴されて破滅的結末を迎えるだけです。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました