スポンサーリンク

人生が成功した人達の原因と、人生が失敗した人達の原因集

スポンサーリンク

 

「人生が成功した原因」と、「人生が失敗した原因」を、それぞれネット上の意見やコメントで調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「人生が成功した人達」の成功の原因

 

道の真ん中・王道と呼ばれる道を、
コツコツ何年も辛い思いをして歩んできたから成功できた。
近道・裏道・楽な道みたいなものにいつまでも囚われている人は、
仮にその道で良いところまで進めたとしても、ある日、罰則みたいな物で一気に潰される。

 

試験対策勉強を積み重ねて、
国家資格試験に合格した。
その国家資格が必要な仕事に就くことができた。

 

考え方と行動をごくごくシンプルにした。
自分の目的のために、やるべきことだけをやる。
他の物事は気にしない・考えない。

 

大きな功績を残してその後に人生が成功する人達は、
だいたい5年間くらい、それぞれ何かしらの地獄を見ている。
その年数の結果、花開いている。
成功したいけれどいつまでも人生が低迷している人達は、
この地獄の5年間を嫌がってどうにか避けようとしていて、そのせいで上手く行っていない感じ。

 

若い時に、やるべきことをやっておいた。
・必死に勉強すること
・自分の目標や生き方の設定
・自分の才能の鑑定と、才能への時間の投資
・足を引っ張ったり、マイナスのオーラをまとう奴との関係を切る

 

人生の早い段階で、自分の能力や容姿を
できる限り客観的に評価した。
自分なら勝てそうな分野を選んで、そこで攻め続ける。
自分には無理そうな分野は最初から諦めて手を出さない。




スポンサーリンク




成功した理由は、果敢な挑戦をしようと決意できたから。
後から振り返ると、決意できたことには理由があると思われる。
過去にあれこれ行動して、大なり小なり色々な決断してきたからこそ、
大きな決断をすんなりできるという結末へとつながった。
日頃からあれこれ逃げ続けている人は、
大きな決断をすることからも逃げるという結末へたどり着くと思う。

 

自分の好きな事を、大変な思いをしながら何年間もかけて極めていったから。
このことは、走ることが好きな人が、毎日毎日マラソンをすることと似ている。
走ったその日は疲れるし、走る最中はしんどいと常々感じるけれど、
走っているうちにいつの間にかその日のノルマが終わっていて、
終わった後に「明日もまた走ろう」と自然と思える、
という感じの日々の数年間。

 

アイドルアニメ「Wake Up,Girls!」の、
巨大アイドルグループの敏腕プロデューサー・白木徹の口癖、
「売れるアイドル4箇条
・休まない
・愚痴らない
・考えない
・いつも感謝」
これって、アイドルに限らず、
人間相手の商売や、物事で成功するために超重要な要素。

 

色々な意味で、まっすぐに生きている。
ひねくれた生き方・考え方をしている人達は、
それがかっこいいとか賢いと思っているのかも知れないけれど、
実際はひねくれるよりも、まっすぐに進んだ方が楽で負担が少ないよ。

 

世の中には、
成功法則系の本や、
成功のための有料セミナーや、
人生を良い物にするための教えが含まれている宗教は
掃いて捨てるほどあるけれど、
その成功の教えをとことん要約すると、つまり
「うだうだ考える前に、さっさと行動しろ」。
ただこれだけ。
成功している人達は、この考えを実際にやった人達。

 

今の自分の生活と人生に満足しているから、
自分は人生で成功している。

 

過去のあの日に「よし、やろう!」と動き始めることができたのが、
現在の成功の最も大きな原因。

 




「人生が失敗した人達」の失敗の原因

 

人生でやりたいことが無かった。
やりたいことを見つけようとわざわざ行動することもしなかった。

 

具体的な行動を起こさなかった。
理由は恐怖だったり、自分にはできるわけがないという考えだったり、色々。

 

物事をやたらと否定する癖が精神に染みついたのが人生失敗の原因。
そして、
ネットにハマると、ネット上はそういう人ばかりなので、自分も感化されて否定癖が染みつく確率が跳ね上がる。

 

大学や就職でいったんは上京しても、
勉強や就職先で上手く行かなくなって田舎へ帰ると、
その後の人生が高確率で失敗する。
何も無い田舎の狭い世界の中で、鬱々と後悔したままの人生が続く。




スポンサーリンク




他人と同じ考え方・行動をすることに安心したり満足する性分だったのが失敗の原因。
成功していない周りの人達と同じように行動して、人生が成功するわけがない。

 

賢いというよりも、
「小賢しい」「小利口」「中途半端に頭が良い」という評価が合う人で、
物事のリスクやコストパフォーマンスばかりに注目して、
手を出さない自分は賢明で素晴らしい、と思い込んでいる。
何もしないので、何も成功しない。

 

仕事・お金・生きがい・家族・友人みたいな
身近で現実的なものではなく、
非現実的なものに傾倒したのが失敗だった。
「漫画」「ゲーム」「アニメ」「大衆小説」「映画」など→状況はけっこう悪いがまだ引き返せる
ここからさらに非現実的な領域である、
「文学論」「哲学論」「芸術」「ジェンダー論」「政治論」など→キ○ガイへの入り口、場合によってはその人はもう手遅れ

 

・安定
・諦め
・妥協して他人に媚びへつらう
人生の早くで、これらに逃げてしまったのが失敗の原因。
男って、基本的に夢や挑戦や勝利や成功を追い求める生き物。
この基本に反して生きていくと、男はどうにも上手く行かず、確実に性格が腐り始める。

 

「ダメな奴は何をやってもダメ」
という言葉通りの人生。
本当に、ダメな人間に生まれついたら成功の目は無いのが真実。

 

自分の生まれつきの性格が、人生失敗の原因。
生まれつき、言葉遊びで他人をおちょくったり、わざと異端的な意見を言って場を混乱させることが大好き。
そういうことばかりやっていて、収入とか就職みたいな実務的な方面には意識が全然向かない。
こういう、テロ犯的・愉快犯的な性格に生まれつくと人生が終わる。

 

自分の失敗の人生を振り返ると、
「あの時から人生の転落が始まった」
というのは何となく分かる気がする。
それまで色々と悪いことが積み重なって、自信や自尊心が低下し続ける。
「自信や自尊心が低下し続けるペース」>「成功体験や他者の温かい言葉で自信や自尊心が上昇するペース」
という状況がかなり長い期間続く。
そして、
自信や自尊心が0になってマイナスの域へと入った瞬間、
自分の心の中の何かがボキッと折れた。その時が転落人生のスタート。

 





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました