スポンサーリンク

人生って何だと思う?人生ってどう思う?へのネット意見集

スポンサーリンク

 

「人生とは何だと思う?」という問いに対する、ネット上での見解や意見について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「人生って何だと思う?」へのネット意見

 

人生は、死ぬまでの暇つぶし。

 

自分の子どもを残して、
自分のDNAを後世へ引き継がせることが人生。

 

人生は、ゲームみたいなものだと思う。
ゲームソフトとか、チェスや将棋とか、鬼ごっこやかくれんぼみたいな、広い意味でのゲーム。
人生は遊んだり楽しむための存在。

 

自分がより高位の人間になるための、
死ぬまでの数十年をかけた修行が、
人生。

 

前世で悪行を成した者達が送り込まれる罰ゲーム世界(=地獄)が
地球の人間社会であり、
人生は罰ゲームだと思う。

 

「自分にとっての幸福」
をずっと探求し続ける旅が、人生だと思う。

 

親のせいで
子どもの自分が強制参加させられるハメになったクソゲーが、人生。

 

人生についてよく思うことが、
「自分は今、何者かに試されている」
ということ。
今起きている困難に立ち向かって解決できれば、良い結果を与えられる。
今起きている困難から逃げれば、人生がだんだん悲惨な方向へ進んでいく。
何者かに試され続けることが、人生。




スポンサーリンク




自分が大好きだと思えるもの
を見つけるために人生がある。

 

勤勉だったり、他人や社会に貢献し続けている者には、
それ相応の良い人生になっていく。
なまけ者で、他人を害してばかりいる者には、
それ相応の悲惨な人生になっていく。
人生は、神様のような存在にちゃんと評価されていると思う。

 

自分の人生の目的を見出し、
その目的に向かってまい進することが、
人間にとっての人生の意味であり幸福をもたらす道だと思う。

 

「私という人間」を何十年もかけて完成させるために私の人生がある。

 

自分が死ぬまでに、後世に何かを残すことが人生だと思う。
凡人ならば、自分の子ども。(自分のDNA)
才能があったり優秀な人ならば、優れた作品や画期的な手法や会社やばく大な寄付金など。

 

人生には、最初から意味らしい意味は無いと思う。
あらゆる動植物は、本能で子孫繁栄を目指して生きている。
その機械的な生存スタイルには、最初から意味らしい意味なんか無い。
人間はたまたま自我をもった生き物だから、
意味の無い人生に対して、動物に似つかわしくない高知能を以てあれこれ無駄に苦悩しているだけ。

 

人生の目的とは、
「自分の中で、一つの決着をつけ、決着をつけたことで満足したり納得すること」。

 




「人生というものへの感想」のネット意見

 

あまりにも「運」の影響力が大きすぎてやる気が無くなる。
金持ちの家に生まれついたら、ほぼ自動的に勝ち組の人生だし、
貧乏の家や才能無し人間に生まれついたら、ほぼ逆転の余地が無い。

 

「人生は楽しんだ者勝ち」
というのは昔からある平凡な言い回しだけど、
つまるところ、これが最適解だと思う。
「もっと他に何か、意外で深遠で驚くような人生の答えがどこかに隠されているはず…」
と探し求める人は多いけれど、
「人生は楽しんだ者勝ち」を超える答えは、おそらくこの世に存在しない。

 

どうしてこんなにも人間同士は不平等なんだろう。
この不平等さには、たとえば、
神が人類に与えた試練、
みたいな、何かしらの意味があるのか?それとも意味らしい意味はないのか?

 

「人生は、生きてるだけで幸せ」
なんて嘘も偽善もいいところだと実感した。
勝負に勝ったり、夢を叶えて人生が成功したり、美味しい物を食べるからこそ、人生は幸せなものに変化するんだよ。
幸せなものへ変化する前の人生は、苦痛と無味乾燥としたもので満たされたもの。

 

1つ間違いなく言えることは、
人間は十分量のお金か高度なスキルが無いと、人生で幸せになれない、ということ。
格差社会化が進行している現代では、
お金も有能な人間も一部の人達に偏り、残りの大多数の人達はお金もスキルも無いので幸せになれない。
平凡~貧乏な家の男女は、
もしもこれからの時代で子どもを作るなら
子どもに70%~90%くらいの高確率で恨まれることを覚悟したうえで子どもを作れよ。

 

自分の意思で選択と行動をし始めることで、
初めて人間の人生は輝きを放ち始める。
それ以外の、
親に強要された人生や周りに流されるだけの人生は、道具の操り人形の人生も同然。




スポンサーリンク




「頑張り続けるのもまた人生。
怠けて自堕落に生きるのもまた人生。
どちらでも自分が好きな方の人生を選べば良い」
とよく言われるけれど、
挑戦と逃避という2つの選択肢なら、
挑戦の方が心が気持ちが良くて賢明な選択だと思うんだけどな。

 

現代は、
ネット上やSNS上で政治問題やジェンダー問題など色々な問題を上手く叩くための
便利なテンプレがネットにどっさり用意されている。
なので、
人生が不調な人達がうっかりバッシングにハマって、人生が完全終了する危険性が高い時代と言える。
もともとの人生が成功する確率(3%程度)→人生成功確率0%
になるだけで、大局的には大きな変化は無いし、
当人達は熱くなって物事を叩き続けることができるから、けっこう幸せなのかもしれないが…。

 

たまに見かける、
「明らかに、人間の器ではない者」
と向き合っていると、人生とは何なのか不思議に思わざるを得ない。
分類学上は人間なのに、
家でのんびりしている飼い猫の器とか、目に付いた者に手当たり次第に噛みつく狂犬の器とか、
そういう器の人が少なからず存在している。

 

一度失われた命はもう絶対に戻らない。
つまり、人生は一度きり、という事実は子どもから大人まで誰でも知っているはずなのに、
人生は一度きりを肝に銘じて後悔が無いように日々生きている人達は、この世にごくわずかしかいない。
世の中の人達は、自分の人生と向き合わなすぎではないか?

 

30代くらいの、
ある程度落ち着いた目で他人や社会を見られるようになり、
同年代の人達の人生の方向がバラバラになり始める年代から、
人間の人生について何となく悟れるようになる。
「こいつ、いつも頑張ってるな。偉いな」
と感じる同年代の人は、数年後に人生がもっと良くなっている。
「こいつ、酒ばかり飲んだり政治批判ばかりしたり、いつも馬鹿なことばかりしてるな」
と感じる同年代の人は、数年後に人生が悲惨なことになっている。
人生の良し悪しは自分の頑張り次第だと、当たり前のことを強く感じるようになる。

 

どんな経緯だろうと、どんな考え方だろうと、たとえ運次第だろうと、
「結果的に、人生を楽しめている人達」
こそが、人生の勝者・幸運な人・賢者。
「結果的に、人生を楽しめていない人達」
は、つまり人生の敗者・不幸な人・愚者。

 





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました