スポンサーリンク

ADHDの、時間感覚の異常や強い眠気など生活での苦労集

 

発達障害の一種「ADHD」を抱えている人達の、集中力や注意力が低いといった有名な弱点以外の、社会であまり知られていない苦労のポイントを調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ADHDを抱えている人達の、あまり知られていない日常の苦労

 

 

1「課題の期限日が迫っていても、課題に取りかかることが非常に難しい」

  • 期限日が迫っていることに一時的に危機感を抱くものの、数分後には別の物事に興味の対象が移ってしまい、危機感を忘却する
  • 期限日当日になっても、
    パニックになってまともに行動できなくなる→危機感を忘れる→パニックになってまともに行動できなくなる→危機感を忘れる→…
    を繰り返すだけで、具体的な解決行動を取れないまま期限を過ぎてしまうことが非常に多い
  • 期限日になっても行動を起こせないことが原因で、
    水道や電気のような公共料金を期日までに支払えなかったり、レンタル料金の遅延損害金を請求されることが多発する

 

 

 

2「自分の部屋が、常に壊滅的に散らかっている」

  • ADHDの主な症状の「興味の対象がめまぐるしく移り変わること」によって、
    『本棚や押し入れから取り出した物を、部屋のあちこちに置きっぱなしにする』
    『部屋を片付けようとしても、片付け中に目に入った物や手に触れた物に次々と興味が移ってしまうので、片付けが遅々として進まない』
    『そもそも、部屋の片付けという課題をひたすら先延ばしにしてしまう』
    といった事が起こり、常に部屋が壊滅的に散らかっている
  • 常に部屋が散らかっていることで、次のような悪影響も受けることになる
    • 書類や、はさみや封筒のような必要な物が部屋のどこにあるのか分からなくなり、そのせいで課題が進められない
    • 部屋の中でなくした物を何度も買い直すせいで、どんどん余計な出費がかさんでいく





スポンサーリンク




3「脳内で勝手に音楽再生が開始したり、脳内で連想ゲームが止まらなくなる」

  • ADHDを抱えている人達の間で、
    「突然、脳内で音楽や歌謡曲の再生が始まり、それが止まらなくなる現象」がよく起こると言われている

    • 脳内音楽のリズムに合わせて腕や足を動かすことも多く、他者に不審がられることも多い
  • 脳内で勝手に連想ゲームが始まり、それが止まらないせいで課題に集中できなかったり、他者の話内容が頭に入ってこないことが多発する

 

 

 

4「時間感覚が異常なものになっている」

  • ADHDを抱えている人達は、定型発達の人達と較べて時間感覚が異常なものになっている、とよく言われる
    • 具体的には、1分間を30秒~40秒程度に感じたり、
      当人は1時間しか休んでいないつもりが現実では3時間経過していたりする
  • この時間感覚の異常のせいで、遅刻や、やるべき事を先延ばしにしてしまうことが頻発する
  • 「やるべきことがあれこれ溜まっていて、それを理解しているのに、いっこうに動き出せないまま時間がどんどん過ぎていく」という
    『時間が溶けていく感覚』をひんぱんに味わうことになる

 

 

 

5「強い眠気と、強度の無気力感に日常的に苦しめられている」

  • ADHDを抱えている人達は、強度の眠気と無気力感のせいで、やるべき課題をこなすことがかなり困難であるとよく言われている
  • ADHDの症状は主に、神経細胞表面に付加されているトランスポーターが神経伝達物質「ドーパミン」「ノルアドレナリン」を過剰に再吸収してしまうことで神経細胞間での情報伝達にエラーが多発することでADHDの症状が生じると考えられており、
    「ドーパミン」「ノルアドレナリン」はやる気や興奮を引き起こす重大な効果があるので、
    ADHDを抱えている人達は強い眠気と無気力状態に襲われやすい

 

 

 

 

参考:ADHDの症状を理解するための、分かりやすいと評判の解説用アニメーション

【Lilly】ADHDのお子さんの日常:アニメ「正しい理解のために」

 




ADHDの基本的な症状

基本的な症状

  • 集中力が極度に低い
    • この症状のせいで、課題を最後まで完遂できなかったり、ケアレスミスや他者の話の内容を聞き間違うことが多発する
  • 多動性を呈する
    • その場でじっとしている事が極度に苦手で、衝動的に動き回ったり、貧乏揺すりのように足や手を絶え間なく動かしている
  • 秩序立てた行動が非常に苦手
    • ADHDの症状により、物事の優先順位を判断して判断の通りに行動することが苦手なせいで、当初の計画通りに物事が進まずに失敗することが多発する

 

 

医学的な検査によって、ADHDを抱えている子ども達は、脳の「右前頭前皮質」「大脳基底核の尾状核と淡蒼球」「小脳虫部」が有意に縮小していることが確認されています。

また、脳の神経細胞表面にあるトランスポーターの働きが異常なものになっていて、

トランスポーターによる神経伝達物質「ドーパミン」「ノルアドレナリン」の再取り込みが過剰になっているせいでADHDの症状を呈するようになる、

と医学界では考えられています。




スポンサーリンク



 

上記の事柄から、ADHDの症状は根性論や小手先の工夫では克服しがたいため、精神科を受診して医師によるADHDの診断を受け、

ADHDの症状を服用時に大幅に緩和できる「コンサータ」「ストラテラ」の薬剤を処方してもらうことを推奨します。

 

 

 

ADHDの症状の一覧図

 

 

 

年齢別の、発達障害を抱えていることに気付くきっかけになる行動




スポンサーリンク



 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました