スポンサーリンク

ニートや無職がなぜか筋トレを始めることの、4つの理由

 

ニートや無職をやっている人達が、高確率で筋トレを始める現象の理由と、筋トレによって自信が付く効果について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

多くのニート達や無職達が筋トレを始める、4つの理由

 

 

1「自分が何かを頑張っていて何かを達成できた、という安心感が欲しいから」

  • 筋トレは「適度な肉体の苦痛感」「適度な疲労感」をともなうので、何かをやり遂げたという感覚がはっきりと残る
  • 筋トレを続けていれば、筋力や体力も確実にアップしていくため、たしかな成果を得る事ができて嬉しい

「自分が何かを頑張っている実感を得られる行為」「達成感を得られる行為」を、多くのニートや無職は渇望しています。

それらの行為に該当する身近で手軽な行為が、つまり筋トレです。

 

 

 

 

2「筋力や体力を強化することで、たしかな自信を得たいから」

  • 筋トレを続けていると、目に見えて筋肉が発達し、たくましい体つきになる
  • 筋トレを続けていると、体力が向上し、以前よりももっと長時間でもっとハードなトレーニングにも耐えられるようになる

ニートや無職が抱きがちな強い不安感を緩和するためには、

「筋トレの効果によって、自信を確実に獲得すること」




スポンサーリンク



が非常に有効です。

 

 

 

 

3「筋トレは初期投資も不要で、手軽に始められるから」

  • 暇つぶしのための筋トレならば自重での腕立て伏せやスクワットで十分であり、
    道具も有料サービス登録も必要ないので、初期投資が不要
  • 「身体を鍛える部位の、推奨される順序」「鍛える部位ごとの、筋トレの適切な反復回数」「筋肉の育成を促進するための、おすすめの食事内容」
    などの筋トレのマニュアルが、ネット検索すれば簡単に見つかる

特別な道具を購入をする必要や、スポーツジムの有料会員の登録する必要もないため、筋トレは誰でも手軽に始めることができます。

 

 

 

 

4「自身の健康状態を改善するために、筋トレをしようと考えるから」

  • 働いておらず、家にこもってばかりなので、明らかに筋力と体力が低下している
  • きちんとした食事も摂っていないため、健康状態も悪化しているような感じがする

などが、筋トレを始めようと考える主な理由

ニートや無職はただでさえ不安が多い毎日を過ごしているので、筋力や健康状態まで悪化したら不安がよりいっそう強くなってしまいます。

体調を改善して不安を軽減し、安心感を獲得するために、筋トレを始めるニートや無職はかなりの数に上ります。

 




スポンサーリンク






筋トレをすることで、ニートや無職が「自信」を獲得できる仕組み

 

 

筋トレにより「テストステロン」の分泌が促進され、自信が付くようになる

男性ホルモン「テストステロン」の主要な効果は

  • 重要な神経伝達物質「ドーパミン」「アドレナリン」の分泌を促進する
    • ドーパミンとアドレナリンの効果により、意欲・やる気が大幅に高まる
  • 筋肉が発達しやすくなる
  • 脂肪が付きにくくなる

筋トレを継続すると、重大な男性ホルモンである「テストステロン」の分泌が促進されます。

テストステロンは神経伝達物質「ドーパミン」「アドレナリン」の分泌を促進し、ドーパミンとアドレナリンの効果でやる気や意欲が高まった状態になります。

テストステロンの分泌量をさらに増大させる方法は、




スポンサーリンク



・大筋群(大腿四頭筋・広背筋・大胸筋といった大きな筋肉の種類のこと)を集中的に鍛える
・高重量による筋トレ
・いちどに複数のセットの筋トレを行う
・セット間のインターバル時間を短くする

といった、「ハードな筋トレを行うこと」が代表的な方法です。

 

 

 

 

筋トレにより「セロトニン」の分泌が促進され、精神が安定するようになる

  • 筋トレを行うと、重要な神経伝達物質「セロトニン」の分泌が促進される
  • セロトニンの効果により、精神が安定的で良い状態へと変化する

セロトニンの効果で心が安定し、そのことで心に大きな余裕(=自信)をもつことができるようになります。

セロトニンは、睡眠を促す重要なホルモン「メラトニン」の合成材料であるので、セロトニンが順調に分泌されることでメラトニンも十分に体内合成され、
そのことによって夜に快眠でき、心身が健康になります。

 

 

 

 

筋トレにより、うつ病を予防できる可能性が高い

  • うつ病や統合失調症の原因物質ではないかと疑われている「キヌレニン」というアミノ酸が、筋トレの結果、体内で分解されているらしいことが研究で判明した
  • 詳しく説明すると、
    筋トレを行って骨格筋への強い刺激が加わると、
    「PGC-1a1」というタンパク質が筋肉中に発生し、
    「PGC-1a1」から、キヌレニンを分解する酵素「キヌレニンアミノトランスフェラーゼ(KAT)」が誘導されていることが研究によって判明した

筋トレを行って筋肉に強い刺激が加わると、キヌレニンアミノトランスフェラーゼの体内合成が促進されるため、

キヌレニンアミノトランスフェラーゼの効果でキヌレニンがどんどん分解され、

そのことによってうつ病や統合失調症を予防したり、現在発症しているうつ病などの精神疾患を回復させる効果が見込めます。

上記の理由で精神が健康な状態に変化するため、おのずと自信も湧いてくるようになります。

 

 

 

 

筋トレによってたくましくなった身体で、自信が付くようになる

  • 筋肉が発達し、男らしくてたくましい身体つきになったので、自分の身体と自分という人間に自信が持てるようになる
  • たくましい身体つきのおかげで、他者から畏怖されることが多くなったため、自分という人間に自信が持てるようになる
  • 腕力や体力が大きく向上したことで、「他人と喧嘩をしても、きっと勝てる」という事実から自信が付くようになる

「以前よりも明らかに筋肉が付いている、という視覚効果」
「以前よりも明らかに、長時間の筋トレに耐えられるようになった、という実感」は、




スポンサーリンク



自信の源になります。

 

 

 




筋トレを続けた効果で、企業就職がしやすくなる

 

筋トレを続けたニートや無職が、企業就職しやすくなる4つの理由

  1. 本記事で解説してきたように、筋トレを続けると自信が付いて前向きな性格になるので、就職活動に意欲的に取り組めるようになるから
  2. 筋トレや体力作りのためのランニングのために屋外に出ることが多くなり、外出して他者と顔を合わせることへの精神的ハードルが確実に低くなるから
  3. 筋トレをした疲労感から夜に快眠できるようになり、朝早くに目覚めるようになったことで、健康的な生活リズムを獲得できて就職活動がしやすくなるから
  4. 日本企業は「体育会系の人材」を好んで社員採用する傾向が非常に強く、
    企業面接で「自分が体育会系であること」とアピールすることは大きなプラス評価になるから

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました