スポンサーリンク

結婚後によく起こる、嫁の2つの良い変化と8つの悪い変化

 

結婚後、多くのお嫁さん達に起こる良い変化と、悪い変化のそれぞれについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

結婚後に嫁が良い意味で変わった、2つの良い変化

 

 

1「恋人ではなく、嫁・妻として夫と家庭を支えてくれるようになった」

  • 交際時にはそれほどやらなかった料理・掃除・洗濯・家計の管理などを、結婚後にやるようになってくれた
  • 働く夫の体調や疲労度を、ひんぱんに気遣うようになってくれた

結婚前の交際・恋愛は、主に娯楽を目的にして男女が付き合っていました。

結婚後、女性が嫁・妻として堅実に生活を支えてくれるようになったことに、多くの夫が感動します。

 

 

 

 

2「金銭感覚がしっかりするようになった」

  • 家庭での貯蓄
  • 生命保険や火災保険や地震保険に関心を持つようになったり、保険の価格を比較するようになった
  • 投資にも興味を持つ場合がある

結婚前は金銭感覚がダメで、常に貯金額がゼロに近いような女性でも、

結婚後に金銭感覚が大きく改善される場合が多いようです。




スポンサーリンク



 




結婚後や出産後に嫁が悪い意味で変わった、8つの悪い変化

 

 

1「嫁の性格が劣化した」

  • 夫に対して、尊大・わがままな態度や言い方が増えた
  • 夫に対して、言葉遣いが荒くなり、女性らしい言葉遣いが激減した
  • キツい性格(短気・怒りっぽいなど)へ変化した
  • ずぼらな性格になり、家の中でだらしない格好をしたり化粧をしなくなった
  • 家の中の掃除や部屋の中での整理整頓をあまりしないようになった
  • 後年、嫁が更年期に入ると、更年期の間はいちじるしく情緒不安定になり夫にキツく当たるようになる

「結婚後、お嫁さんの性格が悪い方向へ変化した」というのは、

結婚後に既婚者男性がよく驚くこととして筆頭に挙げられます。

結婚前は女性が猫を被っていて、結婚して安定的な状況を手にした後は、もはや演技をする必要が無くなったため、と考えられます。

 

 

 

 

2「嫁の体型と容姿が劣化した」

  • 結婚後、目に見えて太った
    • 出産後、体質の変化が起きて太ってしまう場合がかなり多い
  • 髪型なども、結婚前と較べると適当なものになった
  • ムダ毛の処理もほとんどしないようになった

 

 

 

 

3「嫁から夫へ向けられる恋愛感情が、激減もしくは消失した」

  • 結婚前には日常的に繰り返していた、恋愛感情を再確認する言葉・行為が、結婚後にめっきり少なくなった

新婚時は別として、

結婚して数年経った後は、夫にとっては嫁が「母親」「妹もしくは姉」のような存在として認識されるようです。




スポンサーリンク



 

 

 

 

4「嫁から、小言をよく言われるようになった」

  • 会社からの帰宅時刻が遅い
  • 会社帰りに居酒屋などへ寄って、酔っぱらったまま帰ってくるのは迷惑だから控えて欲しい
  • 仕事での給与額が低い
  • いちいち(嫁から)言われなくても、自主的に家事をやって欲しい

などが小言の例

交際時ではそんなことは無かったのに、結婚後に急に嫁から小言を言われるようになって、驚いたり結婚を後悔する男性がそれなりにいるようです。

 

 

 

 

5「嫁に服従することを要求されるようになった」

  • 代表例が、「お小遣い制(仕事で得た給与を嫁が管理し、1ヶ月につき2~3万円程度のお小遣いを嫁から渡される制度)」の実施を嫁から要求されるようになること
  • まるで使い走りのように、あちこちへ出向いて買い物や書類手続きをするように要求されるようになった(それに対して、嫁側は自宅でくつろいでいるだけ)
  • 夫が独身時代から続けていた趣味を制限するように要求されたり、独身時代から続けているコレクションをこれ以上買い集めないように要求される

嫁側からの一方的な要求に、夫側が不満を述べたり拒否すると、

嫁はひどく怒ったり実家に帰ろうとするので、夫は嫁に服従せざるを得なくなるパターンが多くなってきます。




スポンサーリンク



 

 

 

 

6「結婚前に取り決めた夫婦間協定を反故にし、仕事を辞めたがる」

  • 正社員や派遣社員の仕事を辞めて、専業主婦になりたがる
  • ひどい場合には、夫への相談無しに勝手に仕事を辞めて、専業主婦になることを夫に事後承諾させる

 

 

 

 

7「出産後、嫁の夫への態度が冷たくなった」

  • 家庭内でのほとんどの物事が子ども中心となり、夫側の事情や都合は後回しにされ続けるようになった
  • それだけならまだしも、
    嫁の夫への態度が、「嫌悪感を含んだような、冷たい態度」へ変化したパターンも多い

    • 「幼児の世話のために慢性的な寝不足状態で、ストレスがひどく溜まっている」「育児の仕方がよく分からず、いつもおろおろしているだけの夫」などが原因である場合もある

 

 

 

 

8「子どもがある程度育った後は、嫁が子どもを味方につけて夫にプレッシャーを与えてくる」

育児という分野では、母親の独壇場と言っても過言ではありません。

子どもは母親に甘え、家庭内では母親と子どもの存在感がだんだん大きくなっていきます。

そのため、嫁の夫に対する態度も大きくなっていくことが多いと考えられます。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました