スポンサーリンク

要領が良い人になるための、要点への労力集中など4つの方法

 

要領良く行動するためのコツである重要な方法について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

要領良く行動するための、4つの重要な方法

 

 

1「自分が主にやる作業部分は、自分が得意なもののみ」

  • 自分が得意な作業分野・自分の性格や能力と相性の良い分野を選択し、その分野に労力と時間を集約させる
  • 得意な作業分野ではない分野や、性格や能力と相性が悪い分野は、なるべく近寄らない

まず自身の「強み」を理解し、次に、強みを活かして利益を得ていく、

というのは、要領良く行動するための方法として筆頭に挙がります。

要領が良い人達は、「自身の才能を発揮できる、勝ちやすい分野」を意識的に選択していることが非常に多いです。

 

 

 

 

2「要点」を発見し、そこへ労力と時間を集中させる

勉強・仕事などの作業には、良い結果に直結する「要点」と、結果にあまり影響しない「要点以外の部分」の2種類が内在しています。




スポンサーリンク



要点の部分に優先的に労力と時間の大部分を割き、要点以外の部分はある程度適当な仕上げ具合、

というやり方で作業を仕上げると、ほとんどの場合で良い結果を得られるようになります。

 

 

 

 

3「他人を頼ったり、既存のモノを再利用する」

  • 「自分の手には余る、難しい作業」「自分が不得意だったり、性格や能力と相性が悪すぎる作業」は、他人に手伝ってもらうように動く
    • 「甘え上手な人」は、要領が良い人と評価されることが非常に多い
  • 「すでに効果の高さが実証されている、良い作品・制度・考え方など」を、表面上の形を変えて再利用する

たとえば、過去の時代においては、

自国よりも数段発展している大国へ使者を派遣し、大国の中で運用されている優れた社会制度を学び取り、その社会制度を自国内でマネする(パクる)、

という手法を使って、自国を効率的に発展させることが常でした。




スポンサーリンク



いちいちゼロから考え出して、的外れなモノや優れたモノの劣化版を作り出すよりも、

既存の優れたモノを形を変えて再利用する方がはるかに低負担かつ良い結果をもたらします。

 

 

 

 

4「自身が利益を得る」「自身の損害を避ける」という方向で態度を柔軟に変える

  • 自身が利益を得るために、必要に応じて柔軟に態度を変える
    • たとえば、「相手に甘える」「その場の権力者や実力者に媚びる」「勝ち馬に乗ろうとする」「やんわりと威圧して自身の要求を通す」など
  • 自身が損害を受けることを避けるために、必要に応じて柔軟に態度を変える
    • たとえば、「自分では能力不足だったり忙しすぎて、とてもできないと(嘘をついてでも)断る」「雲行きが怪しくなったら、さっさとその場から離れる」「自身の立場が不利になりそうな事は、いちいち口に出さない」など

「調子が良い人(その場に合わせて軽率に振る舞う傾向がある人のこと)」は、実は要領が良い人のことです。




スポンサーリンク



真面目すぎて、状況が変化しても立ち振る舞いを変えられない愚直な人は、要領の良さという観点からするとダメな人です。

 




「要領の良さ」を実現するために大事なこと

 

 

あらゆる行動において、常にスピードアップを心がける

本項目は「できる限り、てきぱき行動すること」を実現するために貢献します。

  • その作業がひとまず片付いたら、その作業への心残りをできる限りゼロへ近づけ、次の作業へと即座に移る
  • 利益を得られそうなチャンスを発見したら、その場で迷わずにチャンスに飛びつく
  • 危険な気配・雰囲気を感じ取ったら、即座にその作業やその場から離脱する
  • 他者との会話の流れにおいて、自身を利するための言動をその都度取り続ける

などが、「できる限り、てきぱき行動すること」の代表例

「要領が良い行動の実現」には臨機応変さが肝要であり、したがって、要領が良い行動は多くの場合で「スピードの高さ」を前提にして成立します。

 

 

ほとんどの作業は、ちょうど学習曲線のグラフのように成果量が途中で頭打ち状態・飽和状態になるになるので、

今やっている作業がある程度仕上がったら、さっさと見切りをつけて次の作業へ移ることがスピードアップのために重要です。

 

 

 

 

その作業における「要点」を発見しようとすること

  • 学業での定期テストなら、テスト範囲内の学習単元で習う「基礎知識」「公式」に関する問題が出題される可能性が高い(「それらを出題せずに、奇をてらったマイナーな問題ばかりが出題される可能性」は非常に低い)
  • 会社での仕事なら、「その職種での、高評価を得られる種類の功績」を探し出す(たとえば公務員なら「前例をきっちり守って、ミスの少ない無難な作業を続けること」が高評価を受ける)
  • 独自のビジネスを始める場合なら、「現代の消費者達の需要の本質」を市場調査で明らかにする

本記事の2「要点」を発見し、そこへ労力と時間を集中させるを実現するためには、物事の要点を正確に把握することが不可欠です。

したがって、要領良く行動するためには、まず前提として「その作業やその仕事や需要の要点を調査すること」が必要になります。




スポンサーリンク



 




「自身が、要領良く行動できているか」を確認する方法

 

方法

  • 以前よりも、作業にかける時間が明らかに短くなった
    • このおかげで、余暇の時間が増えたり、他の作業へ回せる時間が生まれるようになった
  • 全力で作業をしなくとも、余力を残した状態で出来た成果物のクオリティーが、全力時の7割~8割程度のクオリティーを維持している
  • 以前よりも、1日のうちの行動量が明らかに増大した
  • 仕事や、趣味や、プライベートでの人間関係で、以前よりも有形無形の利益を得ることが多くなった
  • 以前よりも、事前に危険を回避できることが多くなった

これらに当てはまるか、当てはまらないかで、「自身が、要領良く行動できているか」を確認する

 

 

「自身が、要領良く行動できているか」を確認するための最大の目安は、

「以前よりも、作業にかける時間が明らかに短くなったか、そうでないか」というポイントです。

要領良く行動する事のその多くは「かかる時間を短縮すること」につながっているので、

作業にかける時間が短くなっているか変化していないかで、要領良く行動できているかできていないかがだいたい判別できます。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました