スポンサーリンク

ネット住民達の、人間関係でわかったこと・人間関係の教訓

 

「これまでの人間関係でわかったことや、人間関係の教訓」をネット上で調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「人間関係でわかったこと」で、非常によく言われること

 

他者とは、常に適度な距離を保つことが最善の策。
必要以上に他者の内側へ踏み込むことは愚策であること。

 

「相手に対する、自身の直感が大事」だということ。
「この人、何か変だ…」という直感・かすかな違和感を覚えたら、
すぐに離れるべき。
自身の直感を「ただの気のせいだな」と深く考えずに軽く流してしまうと、
後で必ず痛い目に遭う。

 

関わってはいけない人達のリスト
・借金のお願いをしてくる人
・やたらとマウントを取ってくる人
・やたらと粋(いき)がる人
・やたらと他人の悪口を言う人
・持ちつ持たれつの関係ができない人
・こちらをコントロールしようとしてくる人
・度を超えて怠惰な人
・自分の人生が終わっているから、その境遇の原因を政府に責任転嫁して、政治活動に熱を上げている人

 

他者を傷つけない素直な性格・態度の人は、
みんなに好かれる。

 

「口は災いのもと」
であるので、
話す言葉は、発声する前に慎重に吟味すること。
必要なこと以外はなるべく話さないようにすることが吉。
「沈黙は金、雄弁は銀」を常に心がけること。

 

他者との友情は、もともと長続きしない。
なぜなら、
時間経過によって、自分も、他人も、考え方や状況がどんどん変化していくから。
変化してもなお友情が続いていたら幸運、
という程度に友情をとらえておくべき。




スポンサーリンク




その人と会ったり、遊んだ後、
「あー、疲れたー…」
という感覚を強く覚える人とは、
早急に縁を切るべき。

 

 

生まれながらに性根が腐っている人達は、
事実としてこの世に存在し、
そいつらと分かり合うことは不可能。
つまり、性善説というのは、脳内お花畑の人達御用達の戯れ言だということ。
生まれつきの外道達を説得しようとすることは時間の無駄だから、
生まれつきの外道達と出会った瞬間に距離を取るに限る。

 

他人を変えようと頑張ることは時間の無駄。
自分の方がさっさと変わるか、
ダメな人達がのさばっている悪い環境からさっさと脱出するか、
その2つが現実的な解決方法。

 

自分側がへりくだり、相手を持ち上げる発言をしていると、
相手からも同様に丁寧な態度を返されそうなものだが、
実際は相手から見下されていいように利用されることが非常に多くなる。
要は、相手から舐められるようになる。

 

親密な関係でない人の言葉は、
話半分で聞いておくことで十分。
褒め言葉もけなし言葉も主張内容も、話半分に受け止めればそれで十分。

 

・善人
・正直者
・正義感が強い人
・理想主義者
これらの人達は、
個人でなら気分良く生きられるかもしれないけれど、
集団においては悲惨な目に遭いやすくなる。

 

悪い人間達ばかりで構成された、
悪い人間関係の中にとらわれていると、
自分もすぐに腐ってしまう。
その悪い環境を変えようと努力することは時間の無駄であり、
自分がその悪い環境から早く脱出して自分だけ救うしかない。

 

「他人に優しくしてもらいたい」
と願い、なおかつ、実際に他人にすり寄り始めることは、
「負け組」の入り口に足を踏み入れることと同義。
無言で願っているだけ・思っているだけならOK。

 

人間関係でトラブルを起こしやすい人達に共通している大きな特徴が、
「否定癖がある」
ということ。
まるでネット上に数限りなくいる陰湿なオタク達のように、
現実世界で色々な物事を否定して回る。
結果として、みんなの気分を害してトラブルが起こり、最終的に孤立する。




スポンサーリンク




その人間の外見の良し悪しが、人間関係の良し悪しにかなり影響する。
外見が小綺麗な人は、みんなに親しまれやすく、みんなに信用されやすい。
外見が小汚い人は、みんなに不審がられ、嫌われやすい。
だから、
「外見よりも、内面を見てよ!」と考えたり訴えかけるよりも、
まず自身の外見の改善に着手する方がはるかに建設的かつ効果的。

 

「みんなに何かを与える人」のもとに人間達が集まる。
たとえば、
温かい人柄・言葉・感情の人なので、その温かさを求めて周りから人間が集まってくる。
言動が冷たかったり、ネガティブな言動ばかりだったり、他者から奪おうとする人は、
みんなが避けるようになる。

 

基本的に、人間関係は人間にとってストレスの原因になる。
「自分にとって不可欠な、必要最小限の人数の人間関係」の中でやりくりすることが正解。
したがって、
不特定多数の人達と次々と繋がって、あれこれストレスを増幅させている現代のSNSユーザーなどは、たいていアホ。

 

相手との関係を良好に保つためには、
・欠かさず挨拶をする
・社会常識に反することはしない
・一般的なマナーに反することはしない
当たり前すぎてみんなスルーしがちだけど、
上記の3つ(「親しき仲にも礼儀あり」系のこと)が重大なこと。

 

 

他人は簡単には信用してはいけないこと。
・嘘つきではなくて、言葉と行動が一致している
・「その人が自身の利益のためにこちらに接触していないこと」が明白である
・きちんと約束を守るなど、誠実な人柄である
ある程度観察して、このような特徴が見られる人を信用すること。

 

「渡る世間に鬼はない」は、だいたい真実。
犯罪者として裏社会に足を踏み込んだりすれば鬼に出くわす確率が上がるが、
まっとうな社会人として普通に生活しているなら、周りの他者達はおおむね優しくて親切。
世界最高レベルに平和な日本で生きているなら、なおさらそう。

 




その他、人間関係についての教訓で挙げられることがあるもの

 

集団内に、
「これは白だ」
と主張する人が大勢いる状況だと、
明らかに黒であるものでさえも、白として扱われてしまう。
個人が、数の暴力に打ち勝つことは至難。

 

無能が多い集団内では、
有能な人を、無能な人達が保身のために排除してしまう。
その結果、無能な集団はずっと無能なまま。

 

「自分にとって負担になりすぎない程度で、他人に軽く頼られること」
は、気分がなかなか良くなる。
なので、折に触れて適度に他人に頼ることが、良好な人間関係をもたらす。

 

他人の悪口・嫌味・陰口は、
うわべだけの同調もNG。
なぜなら、
後日、「あの人もいっしょに悪口を言っていた」と集団内に悪評が広まるから。

 

職場で、
「本音で他の社員達とぶつかろうとしている人達」は、
そのたいていが、いずれ職場に居られなくなって辞めていく。

 

友達との遊行で、
自身が出すべきお金
(たとえば、外出時に友達に車を出してもらったなら、ガソリン代のお金を手渡すこと等)
ケチって出さない人は、
だんだんみんなに見限られて孤立していく。
目先の小さな得を追いかけて、結果的に大損している。




スポンサーリンク




仕事が嫌なものになる原因は、
そのほとんどが「職場での不快な人間関係」。
しかも、
職場の人間関係の維持・改善にエネルギーの大半を費やすせいで、
働く上で精神的にひどく疲弊するし、人間関係に囚われるせいで実力も向上していかない。
人間関係がほぼゼロの仕事(自営業など)や、人間関係が良好な仕事に就けば、
仕事と人生はとても楽しいものへと変化する。
上記を実現することの難易度は高いけれど、
見返りの大きさ・貴重さを考えれば、挑戦する価値は十分にある。

 

「人を見る目に相当の自信がある男性」以外には、結婚はおすすめできない。
・女性達の中から、良妻になれる女性を見つけ出すことはかなり困難だから
・結婚前の、女性の嘘・演技を見抜くことは至難だから(嘘を真実だと女性自身が完全に思い込んでいる場合が多々あるため)
良物件の女性を発見することはただでさえ困難なうえに、
恋は盲目状態のせいでなおさら判断を誤りやすくなる。

 

優秀・有能な人ほど、孤独であること・単独で行動することを好む。
凡庸・無能な人ほど、群れてみんなと同じであることを好む。

 

大勢の友達がいて、
その大量の友達との人付き合いで日々大忙しの人は、
メンタルが弱かったり、自身の人格の芯が欠けている場合がかなり多い。

 

人間関係には多くの場合で愛憎の気持ちが介在するが、
最も危険な感情・行為が
「復讐」。
・復讐は時間の無駄であり、自身の人生の多くの時間が無駄になってしまうから
・もしも復讐が実現してしまったら、高確率で犯罪歴が付き、自身の人生が滅茶苦茶になるから
「こいつに復讐したい」と思う状況に至ってしまうことを、
いかに避けて人間関係を変えていけるかが肝要。

 

「良好な人間関係」というものは、ある種の「保険」であること。
保険の性質上、平時はありがたみを全然実感できないが、
自身が窮地に陥ったとき、
この保険のおかげで助かることが多々ある。
次々と人間関係を切り捨てている人は、
平時では問題無くても、いざという時には無保険なので地獄を見ることになる。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました