スポンサーリンク

ネット住民達の、恋愛をしてわかったこと・恋愛での教訓集

 

「異性と恋愛をしてわかったこと」について、ネット上でよく言われていることを調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「恋愛をしてわかったこと」で、ネットで非常によく言われること

 

恋愛はロマンチックで運命的なものだとよく語られるけれど、
実際は、そういうナヨナヨしたものじゃない。
自身の行動力・容姿や言動の改善努力・考え抜いた作戦・勇気などで、異性を勝ち取ることが恋愛のスタートライン。
他者との競争に打ち勝ち、好きな異性をつかみ取ることができた者だけが恋愛ができる。

 

「相手のことが好き」という気持ちは、本当に制御不能。
自身の理性や常識は、好きという気持ちにはまったく太刀打ちできなくなる。

 

恋愛を本気・真剣にやりすぎると、
高確率で相手に逃げられる。
相手がこちらを重く感じ始めたり、
将来の結婚についてなどのやっかいな話題が増加するから。
気楽に、友達付き合いの延長のつもりでのらりくらりと恋愛をする方が上手くいく。

 

「相手に好かれて、相手に尽くされる恋愛」の方が、
こちら側としては上手く恋愛を運ぶことができる。

 

女性は、『同性の友達に自慢できるレベルの男性』
(高年収だとか、ルックスが優れているとか、社会的ステータスが高い職種に就いているとか)
しか恋愛の相手にしようとしない。




スポンサーリンク




男性の場合、過去の恋愛は、それぞれ個別にきちんと記憶する。
(いわゆる、「名前を付けて保存」)
女性の場合、過去の恋愛は、全て綺麗に忘れてしまう。
(いわゆる、「上書き保存」)

 

恋愛中は、
男も女も、平常時では考えられなくなるくらいに馬鹿になる。

 

男は浮気をしやすい性別。
浮気とまではいかないものの、
今の彼女を差し置いて、
他の魅力的な女性に気を取られたり鼻の下を伸ばすなどは誰でも常習的に行う。

 

「相手に相当入れ込んだ後での、失恋」は、
世界の終わりを感じるほどの精神的苦痛を味わう。

 

親が離婚していて母子家庭・父子家庭のような、
家庭環境が複雑な人とは、
恋愛をしても複数の問題が発生して上手くいかないことが非常に多い。

 

恋愛では、
相手に惚れて夢中になってしまった方の負け。
負けた方が大きな負担を背負うことになる。

 

ほとんどの場合で、
その相手への恋愛感情は、感情の発生後に2年~3年が経つと、消える。

 

恋愛での、相手への最初のアプローチ(デートに誘うことや告白など)は、
大学生が就職活動をすることとほぼ同一。
最初の数回は、経験の少なさゆえにほぼ確実に失敗する。
面接の場数を踏みながら上達していき、それによって内定(相手からのOK)を勝ち取るもの。

 

恋愛とは、
自分のアクションの一つ一つが気持ち悪いもの。
後から冷静になって自分の言動を振り返ると、黒歴史が山積み状態。
「恋愛とは気持ち悪いもの」だと事前に割り切るしかない。
他者の恋愛の様子も、それを見て笑うべきではない。




スポンサーリンク




女性は、
現在の彼氏よりも好条件の男性(顔が良かったり年収が高かったり)と恋愛可能な状況になったら、
割とあっさりと現在の彼氏を振って、さっさと好条件の男性へ乗り換える。

 

男にとっての恋愛と、女にとっての恋愛は、それぞれの意味合いが大きく異なる。
男にとっての恋愛↓
出世や夢や趣味やグルメなどの色々な娯楽・目標と同列であり、一時の快楽と引き替えに恋愛のせいで不幸になる男が多い
女にとっての恋愛↓
自身の後人生の成否がかかった、人生最大の真剣勝負であり、男との恋愛交渉で有利な条件を引きだそうと必死
男と女では、恋愛にかける熱意やエネルギーや目的がそれぞれ全く違う。

 

「不倫」「略奪愛」などの、
他人を傷つけて成り立つタイプの恋愛は、止めておいた方が良いということ。
いずれ必ず、他人を不幸にしたツケが自分に回ってくる。

 

恋愛においては、
ほとんどの場合で、女性側が圧倒的に優位。男性側が圧倒的に不利。
女性側はあれこれ尽くされながら、上から目線で男性を品定めする側。
男性側は惚れた弱みにつけ込まれて女性にさんざん振り回される側。
恋愛は一見すると男女は対等の関係に見えて、実際の関係は全然対等ではない。

 




「恋愛をすること」についての、よくネットで語られるアドバイス

 

第三者達からの
「あの人はやめておいた方が良いよ」
という助言は、だいたい正しい。
しかし、助言を受けた恋愛の当事者は、たいてい聞く耳持たず状態で、のちのち大変なことになる。

 

20代後半~30代なのに独身の人は、
ほぼ必ず、人間性に問題を抱えている。
恋愛市場においては、「残り物には福がある」という格言は完全に間違っている。

 

恋愛相手は、「いっしょに居て楽しい人」がおすすめ。
結婚相手は、「いっしょに居て無言状態が続いても、そのことが苦にならない人」がおすすめ。

 

相手と長く付き合ううえで意外に大事なことが、
「嫌いな物事が、相手の嫌いな物事とだいたい一致していること」。
好きな物事が一致していることよりもはるかに重要。




スポンサーリンク




損得があまり介在しない恋愛を楽しめるのは、
せいぜい高校生のうちまで。
大学生から社会人にかけての恋愛は打算が大いにからんでくるから、
小学生~高校生のうちまでに恋愛を楽しめた人達はラッキーな人達。

 

恋愛相手の素行に問題があるなどで、
別れるべきという事態になったら、
「どれだけすっぱり別れられるか?」が重要になる。
綺麗に別れることができたら、良い教訓・良い勉強になる。
ずるずると引きずると、トラウマ・ずっと後まで残る古傷になり完全なマイナスになる。

 

現代人の多くが「自由恋愛」を希望したから
現代では自由恋愛が主流になったけれど、
そのことは、誰でも自由に恋愛ができるというメリットと引き替えに、
恋愛に、当事者を守るためのルールが無くなったということを意味する。
自由・ルール無し・反則もOKの戦場、という状況はかなり恐い。
実際、
現代では少数のモテる男達が、
幾多の女達をシングルマザーにさせて彼女達の人生を破滅させている。

 

仕事をしていればおのずと理解できるけれど、
「自分が責任を取る」=「他の誰にもダメージを肩代わりしてもらえず、自分が全ダメージを負うこと」。
このことが理解できていれば、
恋愛の末に女から確実に言われる「責任取ってよね」は、どれほど恐い言葉なのかが自然と分かる。
賢い男性は、恋愛はすることがあったとしても、責任を取る必要が出てくる結婚の方は避ける。

 

恋愛と結婚は、似ているようで全くの別物。
恋愛は趣味・娯楽のカテゴリー。
結婚は日々の生活のカテゴリー。
結婚予定の相手に、強い恋愛感情を感じるか感じないかよりも、
結婚予定の相手が生活力があるか無いかとか、人間的に信頼できるかできるかの方がはるかに重要。

 

恋人や異性の友達を作るためには、ネット上の恋愛SNSを活用することが楽であり近道です。

恋愛SNS「ハッピーメール」は、2500万人以上に利用されている、使いやすくて高人気の、異性と友達になれるSNSです。


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました