スポンサーリンク

人間関係でやった方が良い事と、決してやってはいけない事

 

人間関係を良好なものにするためにぜひやった方が良いことと、

人間関係を高確率で悪化させるのでやってはいけないことの、それぞれを調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

人間関係で、ぜひやった方が良い7つのこと

 

 

1「とりあえず、他者に愛想良く接しておくこと」

 

  • とりあえず「明るい笑顔」「元気が良くてはきはきとした態度」で他者に接しておけば、相手に好意的に受け入れられて、その後の人間関係が良好になりやすい
  • この逆に、
    ほとんどの場合において、「相手にとげとげしい態度で接し、敵対的に振る舞うこと」「相手に無愛想に接すること」は良い事はほぼゼロ

「損な役回りを他者達から不当に押しつけられる」「他者達から軽んじられる」といったことは、

ほとんどの場合で、集団内で孤立している人物が標的になります。

それを避けるためには、集団内で孤立しないようにして人の輪の中に常に加わっておくことが極めて重要になります。




スポンサーリンク



 

 

 

 

2「自分から相手に挨拶をして、コンタクトを取るようにすること」

  • 「友達」「顔見知り」「お世話になっている人」を見かけたら、こちらから自発的に元気良く挨拶をする
  • 「相手をいたわったり賞賛する言葉」「相手への感謝の言葉」などを挨拶と共に伝えると、さらに相手からの好感度が上がる

 

 

 

 

3「他者に嫉妬されるような話題を避けること」

  • 「自慢話」「他者がうらやましがる可能性が高い、自身の良い状況」は、極力他者に話さないようにする
  • 「自慢高慢馬鹿のうち」という格言を常に心がけることを推奨

 

 

 

 

4「上司のような、自身よりも立場が上の人達には、特別愛想良く接しておく」

  • 上司や管理職のような立場の者達からすると、普段から親しくしていたり可愛げがある部下を優遇したり、優先的にチャンスを回してやりたいと思うから
  • これとは逆に、普段から反抗的な態度だったり無愛想な態度の部下は、冷遇したり負担を押しつけて苦しめてやろうと思うことが多くなる

 

 

 

 

5「相手を尊重した、常識的な態度で接すること」

  • 相手のプライベートについて、あれこれ詮索しない
  • 雑談の場では、なるべく相手の人格や行動を否定しないようにする
  • 話相手が不快になるような物言いや指摘は極力避ける
  • 「他者の不幸を喜ぶ」など、非常識なことは会話において口にしないようにする

などが常識的な態度の例

「常識的な態度で接することが大切」であることは、当たり前すぎるので多くの人達がスルーしがちです。

しかし、他者とのコミュニケーションにおいて、失礼の無い常識的な態度を意識的に行うだけで、

相手から抱かれる印象が全然違ってきます。

 

 

 

 

6「他者への、感謝のプレゼント・返礼品を欠かさないようにする」

  • 旅行のお土産品や消耗品などを他者からもらったら、自分の方からもお返しの品物を贈るように心がける
  • 相手との持ちつ持たれつの関係は「恩の貸し借りは良縁の兆し」という言葉の通りの事態になりやすいが、
    お金をケチってお礼をしないでいると「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉の通りの事態になりやすくなってしまう

 

 

 

 

7「普通の相手との人間関係は、腹六分目が適量」

 

  • うわべの笑顔や褒め言葉や世間話などで接する
  • 相手の褒め言葉もけなし言葉も、話半分に聞いておく
  • 相手の内情には踏み込まないし、こちらの内情にも相手を踏み込ませない
  • こちらがどれだけ尽くしたところで、こちらを嫌ったり憎んだりする人はどうしても出てくるため、去る者は追わずという精神・態度
    • これらが、腹六分目の人間関係のめやす

人間関係で、他者に依存したり依存されたり、相手から言われた言葉を深く考えることは、だいたいの場合で不幸を招きます。

それを踏まえると、家族や友人以外の他者とは「付かず離れず」という距離感が重要だと分かります。




スポンサーリンク



 




人間関係で、決してやってはいけない6つのこと

 

 

1「軽々しく、あれこれしゃべること」

  • 不用意にあれこれしゃべってしまうと、他者を傷つけたり自身が不利になる場合が極めて多くなるから
  • 人間関係においては「口は災いの元」「沈黙は金、雄弁は銀」を常に心がけることを推奨

 

 

 

 

2「他者や物事を否定する話を、人前ですること」

 

  • 「他者の否定(悪口や陰口や誹謗中傷のこと)」「物事の否定(特定の商品・社会での制度などをバッシングすること)」は、非常に高い確率で、聞く人達の気分を害するから
  • 人間関係でトラブルを起こしやすい人達には、他者や物事の否定癖があるという共通点が見られる

 

 

 

 

3「その人の第一印象に違和感・不審なものを覚える人と付き合おうとすること」

  • 第一印象に「なんだか嫌な感じがする」「髪型やファッションが変な感じ」といった悪い直感は、ほとんどの場合で正解であるので、以後はその人との接触を避けるべき

「第一印象が良い人、印象が良くて良い予感がする人」は、その後に予想通りだったり予想を悪い意味で裏切られたりということになりがちですが、

「第一印象が悪くて、なんだか嫌な予感がする人」はほぼ100%の確率で予感が的中します。

したがって、「第一印象に違和感・不審なものを感じる」という現象は、危険な人物を避ける上で非常に大事です。




スポンサーリンク



 

 

 

 

4「相手とのトラブルを高確率で引き起こす言動」

  • 感情的になり、相手を怒鳴りつけたり、イライラした態度を取る
  • 相手に嘘をついたり、嘘がバレそうになると謝罪をせずに言い訳をしたり嘘の上塗りをしようとする
  • 相手を見下したり、相手にマウントを取ること(上から目線で批判すること)
  • 自身の承認欲求を満たすために、自身を賞賛させるための道具として相手を利用する
  • プライドが高くごう慢な態度であり、他者から尽くされるのが当たり前という態度

などが、相手とのトラブルを高確率で引き起こす言動の例

 

 

 

 

5「不必要に、自己の内面・本心を開示しようとすること」

  • 自己の内面(モラルに反するような内面である場合が多い)を自分から開示すると、相手は引いてしまうことが多くなるから
  • 自己の本心を自分から開示すると、相手は不快になったり引いてしまうことが多くなるから

日本には「なるべく本音を隠し、建前(たてまえ)で他者と接することが重要」という生活文化が昔から存在しています。

自己の内面・本心を積極的に開示しようとすることは日本では完全にNGであるため、なるべく隠して他者と接する方が無難です。

 

 

 

 

6「人間関係を次々と切っていき、孤立すること」

 

  • 集団内で孤立してしまうと、みんなからいじめを受けたり、嫌な役回りを不当に押しつけられることがかなり多くなるから
  • 「良好な人間関係」は、普段はありがたみがあまり実感できなくても、
    自身の精神的安定につながっていたり、いざという場面で他者から助けてもらえるなど、隠れた重大なメリットがあるから

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました