スポンサーリンク

ISTPの性格・能力と、各業界・各業務との相性と適性

 

信頼性が高い性格診断・MBTIで、ISTP型の各種業界・各種業務との相性の良し悪しについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ISTP型の、各種の業界との相性

 

医療福祉・介護運輸IT出版販売員
ISTP型との相性××

 

◎の評価:ISTP型に備わっている天性と非常に良く合っている、天職レベル・最高レベルの適性の高さ

〇の評価:「自分の裁量で動けること」「機器や機械を取り扱った仕事」などのISTP型の適職条件にマッチしている部分が複数あるため、ISTP型と相性が良くて適職であると評価できる

△の評価:基本的にはその業界は不向きだが、その業界の中での特定の種類の職種・物事ならば適性がある

×の評価:ISTP型には完全に不向きであり、長期的に続けていると精神を病む危険性が非常に高い

 

 

 

教育金融公務員工場などの単純作業農業や畜産サービス業
ISTP型との相性××

※金融:「銀行」「証券」「融資」などの業務のこと




スポンサーリンク



※サービス業:「ホテルマン」「飲食店でのウェイター」などの業務のこと

 

 

 

コンサルタント法律創作エンジニア・職人
ISTP型との相性

※法律:「被告人の弁護」「法人登記」「不動産登記」などの業務のこと

※創作:「小説」「漫画」「音楽」「映像」などを創る業務のこと

 

ISTP型の適職の具体例は、当ブログでの別のISTP型の記事↓に記載しています。

 

 

 

その人間は全16種類の性格型の1つに分類できるとする「MBTI性格診断」

MBTI診断サイト「16Personalities」




スポンサーリンク



 

 

16種類のそれぞれの性格の簡潔な解説図

 

 




ISTP型の、仕事をするうえで強みになる特徴と弱みになる特徴

 

 

仕事上での、ISTP型の強みになる特徴

  1. 「メカ類」「機械類」「機器類」を使ったタイプの業務や、それらをメンテナンスする業務との相性が非常に高い
  2. 「現場」「屋外」で、身体を動かしながらやるタイプの業務が得意
  3. ISTP型は「自身が興味を惹かれる分野を追求すること」に意欲的であるため、磨き抜いたスキル・一芸が要求される業務と相性が良い

 

 

 

仕事上での、ISTP型の弱みになる特徴

  1. 他人と綿密なコミュニケーションを取ることが、かなり苦手であり、職場の人達と上手く協調できない
  2. 「ルール」「しきたり」「禁止事項」などでガチガチに縛られている業務内容は、かなり苦手
  3. 「抽象的な理論を扱ったり、そのような理論を新たに構築すること」「遠大な計画を構築すること」「人間の心理・感情に接して、それらをコントロールすること」など、
    『目の前の現実での現象・現物とは、無関係な物事』と関わることが、かなり苦手
  4. ルーチンワークが嫌いであり、そのような「ISTP型にとって不快な仕事」は長続きせずにすぐに辞めてしまうことがある

 

 

 

 

以上のISTP型の強み・弱みをふまえた、仕事上での各種業務の適性一覧

は非常に適性が高く、はかなり適性が低い)

エンジニア系業務対人コミュニケーション肉体労働現場へ出ての労働管理職業務
ISTP型の適性

※エンジニア系業務:「機械修理」「大工」「自動車整備」「内装工」などの、工具を使うタイプの業務のこと




スポンサーリンク



※対人コミュニケーション:「顧客との会話でのコミュニケーション」「職場の同僚・上司とのコミュニケーション」のこと

 

 

 

企画立案保守・管理研究・開発書類作業リサーチ・市場調査
ISTP型の適性

※書類作業:創造性が関わってこない、「報告書の作成」「申請書の作成」のような業務のこと

 

 

 

数値・データの検証人事業務経理業務フロントオフィス業務バックオフィス業務
ISTP型の適性

※フロントオフィス業務:企業における「営業」「電話受付」などの業務のこと

※バックオフィス業務:企業における「事務」「総務」「受付」などの業務のこと

 

転職サイト「ミイダス」は、自分の強みと適性が高い職種・適性が低い職種を診断でき、企業側から面接確約・年収提示のオファーが次々と届く、無料の転職サイトです。

MBTIの性格診断と合わせて診断すると、より自身の強みと適性をはっきりさせることができるようになります。


 




「ISTP型が仕事に求めるモノ」の総括

 

ISTP型が仕事に求める、6つの代表的要素

  1. あまり他人に干渉されることなく、独りで黙々と作業に没頭できること
  2. 「自分にとっての自慢のスキル・技術」を仕事で発揮できること
  3. 仕事上で、ルールによる縛りが少なく、ある程度自由に活動できること
  4. 「今、自分の目の前で起きている物事」に対処したり処理できること
  5. 具体性に欠ける「抽象的な理論や計画」とはあまり関わらないでいられる
  6. じっとしたままのデスクワークよりも、現場で身体を動かすタイプの業務ができること

 

 

 

ISTP型は、性格の根幹部分に

「自身が何物にも束縛されずに自由であることを強く望み、自身がルール・規則等に縛られることを強く嫌う」




スポンサーリンク



という意識がしっかりと組み込まれています。

したがって、

社則に従うことや、職場での人間関係に合わせることを要求される企業での労働とはかなり相性が悪いと評価できます。

以上のことから、ISTP型の方には、

本記事を参考にしてISTP型と相性が良い業界・職種を慎重に選択することや、企業に依存せずに個人で稼ぐために特定のスキルを鍛え上げることを推奨します。

 

ISTP型の能力と性格について補足説明をする記事↓も合わせてご覧下さい。

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました