スポンサーリンク

エニアグラム・タイプ3の性格と、適性が高い職業と仕事の業務

 

有名な性格診断・エニアグラムの性格型の一つである「タイプ3」の、

各業界・各業務との相性、適職を解説します。

 

スポンサーリンク

エニアグラム・タイプ3の、各種の業界との相性

 

 

医療福祉・介護運輸IT出版販売員
タイプ3との相性××

 

 

◎・〇・△・×のそれぞれの適性の程度
◎の評価タイプ3にとって、天職レベル・最高レベルの適性の高さ
〇の評価タイプ3の重要な適職条件である「高い能力や優れた才能が求められる仕事」「社会的ステータスが高い仕事」のどちらかに当てはまっているため、適性が高い
△の評価タイプ3の性格傾向に反する部分が多く、そのせいで適性は低いが、タイプ3の性格的長所である「自身の才覚によって上へ昇ろうとすること」が有効に働く場面がそこそこある業界
×の評価タイプ3との相性は最悪であり、全く能力を発揮できなかったり精神的に病んでしまう危険性がある

 

 

 

教育金融公務員工場などの単純作業農業や畜産サービス業
タイプ3との相性×××

※金融:「銀行」「証券」「融資」などの業務のこと

※サービス業:「ホテルマン」「飲食店でのウェイター」「不動産仲介業」などの業務のこと

◎・〇・△・×の適性の程度の項目




スポンサーリンク



 

 

 

メーカーレジャーコンサルタント法律創作エンジニア・職人
タイプ3との相性××

※メーカー:「鉄鋼」「電子機器」「食品」「薬品」「化粧品」などの製造業務のこと

※レジャー:「旅行」「スポーツのインストラクター」「テーマパーク」などの業務のこと

※法律:「被告人の弁護」「法人登記」「不動産登記」などの業務のこと

◎・〇・△・×の適性の程度の項目

 

 

 

飲食建築・土木工事マスコミエネルギー
タイプ3との相性×××

※マスコミ:「新聞」「TV放送」「広告」などの業務のこと




スポンサーリンク



※エネルギー:「電力」「ガス」「石油」などのインフラ関係の業務のこと

◎・〇・△・×の適性の程度の項目

 

 

 

エニアグラム・タイプ3の適職条件と、相性が悪い職業の条件

タイプ3の適職条件
  • 社会的ステータスが高い仕事
  • 仕事で結果を出せば、「上司から高く評価されること」「昇進できること」といった褒賞がきちんともらえる仕事
  • 自身の「才能」「才覚」「スキル」を発揮することで、高い評価を受けることができる仕事

 

 

タイプ3と相性が悪くなる職業の特徴
  • 「自身よりも能力・志などが低い同僚達」の方に足並みをそろえなければならない仕事
  • 「給与」「昇進」などの報酬の見込みが、低すぎる仕事
  • 「現状維持をするだけの業務」「他者のサポートに徹する業務」のような、地味な仕事
  • 刻々と変化していく状況に臨機応変に対応することが求められるせいで、「熟考」「時間をかけた内省」などが困難である仕事

 

 

タイプ3の長所の本質は
「向上心が強く、優れた才覚をもって自分の評価・待遇を上げようとすること」

 

タイプ3の短所は
「地味な仕事内容・職種では、やる気を失うせいで力を発揮できなくなること」

 

 

 

エニアグラムの性格診断サイト「エニアグラム性格診断」

エニアグラム診断サイト「エニアグラム性格診断」




スポンサーリンク



 

 

 




エニアグラム・タイプ3の、仕事での各種の業務との相性

 は非常に適性が高く、はかなり適性が低い

 

エンジニア系業務対人コミュニケーション肉体労働現場へ出ての労働管理職業務
タイプ3の適性

※エンジニア系業務:「機械修理」「大工」「自動車整備」「内装工」などの、工具を使うタイプの業務のこと

※対人コミュニケーション:「顧客との会話でのコミュニケーション」「職場の同僚・上司とのコミュニケーション」のこと

 

 

 

企画立案保守・管理研究・開発書類作業リサーチ・市場調査
タイプ3の適性

※書類作業:創造性が関わってこない、「報告書の作成」「申請書の作成」のような業務のこと

 

 

 

数値・データの検証人事業務経理業務フロントオフィス業務バックオフィス業務
タイプ3の適性

※フロントオフィス業務:企業における「営業」「電話受付」などの業務のこと

※バックオフィス業務:企業における「事務」「総務」「受付」などの業務のこと

 

 

参考:タイプ3と非常に似ているMBTIの性格型である「ESTJ」と「ENTJ」

 

 

エニアグラムとは別の、非常に信頼性が高い性格診断である「MBTI」での全16種類の性格型のうち、

ESTJ」と「ENTJ」の2つの性格型が、タイプ3と酷似しています。




スポンサーリンク



そのため、

「ESTJ」と「ENTJ」の性格的特徴と適職を知ると、エニアグラム・タイプ3の適職についての理解がより深まります。

 




エニアグラム・タイプ3の適職の具体例

 

 

「タイプ3」の適職

  • 自身の能力次第で、高報酬や社会的ステータスを得られる職種
    • 「営業職」「外資系企業の社員」「銀行員」「証券マン」「医師」「弁護士」「コンサルタント」「企業経営者」「個人事業主」「国家公務員」など
  • 他者からうらやましがられるような、華やかな業界の職種
    • 「TV局や新聞社などのマスコミ系」「出版社」「広告代理店」「官僚」「総合商社」など
  • 他者を教育したり勇気づけることができる職種
    • 「教師」「塾講師」「カウンセラー」など

 

 



転職サイト「ミイダス」は、自分の強みと適性が高い職種・適性が低い職種を無料診断できます。

・バイアス診断で、自分では気づけない「意思決定の癖」が明確化され、自身の「個性」「思考の偏り」を細かく診断できる
・コンピテンシー診断で、その人のコンピテンシー(行動特性)を分析し、強みが判明する
・企業側から面接確約・年収提示のオファーが次々と届く
・サイトの利用料は無料


エニアグラム性格診断と合わせて診断すると、より自身の強みと適性をはっきりさせることができるようになります。

\公式サイト/
転職サイト・ミイダス公式サイト

 

 

本ブログでの、エニアグラム・タイプ3の性格の基本的特徴を解説した記事↓も合わせてご覧ください。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました