スポンサーリンク

女にモテない弱者男性が、恋愛と結婚で苦しむ4つのこと

 

弱者男性(女性にまったくモテず、経済的にも弱い立場にある男性のこと)が、

「恋愛」と「結婚」のそれぞれで苦しむことを調査しました。

 

スポンサーリンク

弱者男性が『恋愛』において苦しむ、3つのこと

 

 

1「そもそも、女性との恋愛が不可能」

  • 弱者男性の「外見」「性格」がイマイチであるせいで、女性にモテない
  • 恋愛することについて、自分から積極的に動くこともなかなかしようとしない
    • これらの理由から、そもそも弱者男性は恋愛すること自体が極めて困難

 

 

女性と恋愛ができないことに起因して、コミュニケーション能力が低下しやすい
  • 女性と恋愛をすることは「他者と会話をすること」「他者の心情をくみ取ったうえで、適切な対応をすること」をひんぱんに繰り返すようになる
    • このため、恋愛を経験していない場合、コミュニケーション能力が低いレベルで頭打ちになりやすくなる

 

 

 

 

2「女性との恋愛」で起こる、あれこれの良い体験ができない

  • 異性から、自己の人格・存在を強く肯定され続けること
  • 女性と「手をつなぐ」「キスをする」「デートをする」といった、恋愛に付随するもろもろの嬉しい体験
    • これらの体験ができないことは、心情的に辛いことに加えて、「男性の人生全体において、自己肯定感が低くなること」へつながりやすい




スポンサーリンク




3「男としての自信」を獲得できない

  • 女性との恋愛が不可能であるせいで、「男としての魅力が、自身に備わっていること」という独特の肯定感を得られない
    • この肯定感は、「社会人として、自立できていること」「仕事で、高年収であること」「仕事や趣味で、自己実現に励んでいること」といった一般的な自信とは大きく毛色が違っていて、
      女性と恋愛をしないとこの肯定感を獲得できない

 




弱者男性が『結婚』において苦しむこと

「女性と結婚することがいちじるしく困難」が原因で、複数の苦しみを味わう

恋愛結婚はほぼ無理で、婚活もほぼ失敗する
  • 弱者男性の容姿や性格の問題から、恋愛結婚が成立することはまず無い
  • 婚活をしても結婚できる可能性はいちじるしく低く、たとえ最終的に結婚できたとしても途中で尋常ではない苦労を味わう

 

 

家庭を築くことができないし、子どもも残せない
  • 家庭を築くこと
  • 子どもを残すこと
    • これらが実現困難であるせいで、『人生における、大きな幸福の1つ』をつかむことができなくなりやすい




スポンサーリンク




結婚できずに独身のままでいるせいで、世間体が悪い
  • 日本人は「世間体を過度に気にする」「同調圧力に非常に弱い」という特徴を備えているため、独身のままでいることは「自身の両親」「職場の上司・同僚達」などへの負い目を感じやすくなる

 

本ブログ推奨の、有効な恋愛SNS

ミントC!Jメール

・女子大生や若いOLのような若い女性の利用者が多いわりに、知名度が高くない恋愛SNSなので、競争率が低い穴場
・会員数は600万人以上、22年の運営実績がある、信頼できる恋愛SNS
・登録後、しばらくは無料でサイト利用ができるので、どんな感じかタダで試せる

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました