スポンサーリンク

ESFJが最も有利で幸福になる状況と、最も不利で不幸な状況

 

信頼性が高い性格診断・MBTIで、分類される性格型「ESFJ」が、

最も有利になる状況と、最も不利になる状況を、それぞれ調査しました。

 

スポンサーリンク

ESFJ型の性格と才能に適した、最も幸福・有利になる状況

 

 

最も幸福な状況

他者から必要とされ、感謝される状況

  • ESFJは情に厚い性格型であり、他者に「協力」「貢献」をしたいという願望を強くもっている
  • ESFJは他者に「必要とされたい」「感謝されたい」という願望も強くもっている
    • 上記の事情により、
      他者から必要とされ、同時に感謝される状況が、ESFJにとっての至福

 

MBTIの各性格タイプの矛盾
ESFJ:寛大だが、飢えている
INTP:賢いが、世間知らず
ENTP:活動的だが、怠け者
INTJ:自信家だが、心配性
ENTJ:親切だが、受け入れない
ISTJ:謙虚だが、誇り高い
ESTJ:奇抜だが、伝統的
ISFJ:想像的だが、堅実的
INFP:臆病だが、勇敢
ENFP:社交的だが、独立的
INFJ:屈強だが、傷つきやすい
ENFJ:迎え入れるが、断定的
ISTP:強情だが、のんき
ESTP:人好きだが、無神経
ISFP:理想主義的だが、現実的
ESFP:大胆だが、繊細

 

 

 

 

最も有利な状況

「他者と上手くコミュニケーションができること」が有効に働く状況

  • 他者と上手く「協調・協力」「意思疎通」ができること
  • 「集団の和」を取り持つことができたり、集団での協力関係をかき乱さないこと
    • 上記のリストのような、
      高度なコミュニケーション能力を周囲から要求されたり、高度なコミュニケーション能力が高く評価される場合が、ESFJにとって最も有利な状況
    • 日本社会では、コミュニケーション能力が要求される局面が非常に多く、特に会社組織でその傾向が顕著であるため、ESFJは得をすることが多い性格型

 

MBTIの各性格型の社畜適性ランキング、数字は社畜適応度(MAX=10)
1位:ESFJ(10.0) ゴマすりイエスマン、体育会系、忖度、どんな根性論や精神論でも耐えてみせよう、なんでもござれ。
2位:ESTJ(9.8) The 仕事人間、体育会系、忖度、精神論を発しながらそれを受けても耐えれる
====超えられない壁=======
3位:ISFJ(8.7) 体育会系ではなさそうだが、イエスマンで適応度が高い。
4位:ISTJ(8.3) SJの中では陰キャだが、仕事人間ぶりで適応度が高い。
5位:ENFJ(7.8) Feの強さもあり、協調性が高い。上手く行けば9.0以上は行く。
6位:ENTJ(7.0) Theボス、二極化しやすいが、これも上手く行けば9.0以上は行く。
7位:ISFP(6.4) イエスマンでなんとかなる形。それだけ。
8位:ESTP(6.1) 行動力が高いのでゴマすりさえなれば社畜にもなるか。
9位:ESFP(5.8) 深くは考えない点で社畜にもなれる。
10位:INFJ(5.0) 第二機能のFeの協調性がどう活用できるかが鍵か。
11位:ENFP(4.3) Eでコミュニケーション能力を使えればなんとかなるか。
12位:ISTP(3.5) チームワークを強要してこなければ・・・
13位:ENTP(2.8) 外向的でありながら社畜不向き、従属性が無い。
======社畜不向きの壁===============
14位:INFP(1.3) F型なので下の2タイプよりマシだが、これでも社畜は相当不向き
15位:INTP(1.1) イエスマン?仕事に※チームワーク何ぞいらん!一人で没頭する方が良い。
16位:INTJ(1.0以下) 忖度なんて「ク忖度」だ、体育会系を嫌う上に社畜とは無縁。協調性も従属性もゼロ




スポンサーリンク




ESFJ型にとって最も幸福かつ有利になる状況を実現させるために、
・「他者に協力したり、奉仕すること」を、自身の人生で優先的に行う
・「集団」「組織」「コミュニティー」に積極的に所属し、そこでコミュニケーション能力を発揮する
という行動が有効です。

 

 

 

その人間は全16種類の性格型のいずれか1つに分類できるとする「MBTI性格診断」

MBTI診断サイト「16Personalities」

 

 

16種類のそれぞれの性格の簡潔な解説図

 

 




ESFJ型が全く力を発揮できずに、最も不幸・不利になる状況

最も不幸な状況

「モラルが無い人達」が強い影響力をもっている状況

  • 他者に対して「誹謗中傷」「非礼なふるまい」「有形無形のものを奪おうとする」「約束を破り、自身の責任を果たそうとしない」といったモラルを欠く行為を働く人が、集団に対して強権をふるっている状況
    • ESFJは「モラル(道徳のこと)」「社会常識」を重要視する性格型であるため、上記のような状況はESFJにとって極めて不快であり最も不幸な状況




スポンサーリンク




最も不利な状況

状況が流動的に変化し、しかも、シビアな判断を下さなければならない時

  • ESFJは「伝統」「前例」「常識」に固執しやすいという欠点がある
  • ESFJは他者への思いやりが強い性格型であるため、他者に対してシビア(要求・条件が過酷であるさま)な判断を下すことが非常に苦手
  • ESFJは「集団の総意」を優先しやすい性格型であるため、その点でもシビアな判断(集団の反感を買いやすい)を下すことが難しい
    • 上記の事情により、
      『状況が流動的に変化し、しかも、シビアな判断を下さなければならない時』に、集団のリーダーとして適切な対応を取ることが非常に苦手

 

 

ESFJ型にとって最も不利かつ不幸になる状況を避けるために、
・「モラルが無い人」を意識的に避けるようにする
・集団のリーダー役は引き受けないようにするか、最も不利な状況が起こりそうになったら他の人に助力を要請する
という対策が重要になります。

 

 



転職サイト「ミイダス」は、自分の強みと適性が高い職種・適性が低い職種を無料診断できます。

・バイアス診断で、自分では気づけない「意思決定の癖」が明確化され、自身の「個性」「思考の偏り」を細かく診断できる
・コンピテンシー診断で、その人のコンピテンシー(行動特性)を分析し、強みが判明する
・企業側から面接確約・年収提示のオファーが次々と届く
・サイトの利用料は無料


MBTIの性格診断と合わせて診断すると、より自身の強みと適性をはっきりさせることができるようになります。

\公式サイト/
転職サイト・ミイダス公式サイト

 

当ブログでの、ESFJの能力と性格について補足説明をする記事↓も合わせてご覧下さい。




スポンサーリンク



 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました