Googleニュースでエリアブルーの記事を配信中
スポンサーリンク

「勉強ができるバカ」という謎の存在の、主な4つの特徴

 

「勉強ができるバカ」と世間で呼ばれている人達の、主な特徴を解説します。

 

スポンサーリンク

『勉強ができるバカ』という人の、主な4つの特徴

1「対人コミュニケーション能力が低く、すぐにトラブルを起こす」

  • プライドが高すぎるせいで、すぐに他者を見下す
  • 「他者(上司や同僚など)に頼る・教えを乞う」といったことが、プライドが高いせいでできない
  • 「自分に非が無くても、立場上や状況的に自分側が頭を下げるべき場面」で、プライドが高いせいで「形だけでも謝罪すること」ができない
  • 「集団の、今現在の空気」を読めずに、自身の発言のせいで集団の雰囲気が悪化しやすい




スポンサーリンク




2「世渡り」が下手すぎる

  • 目上の立場の者達に噛みつくことを繰り返し、結果として不利な立場へ追いやられる
    • 上司から嫌われたことで「組織内で出世できなくなる」「地方へ左遷される」といったことになる
    • 「この組織の問題点・課題点」を洗い出して、それの改善を訴えるものの、
      「その提案が、決して通らないこと(様々な立場の人達の都合・思惑が複雑にからみあった結果、現状に落ち着いているため)」までは読めずに、たくさんの人達の反感を買う
  • たとえば「宗教の勧誘」「マルチ商法の勧誘」「悪質な異性による、恋心を利用した搾取」などを回避できずに、人生がめちゃくちゃになる

 

せっかくの「高い学歴」「優れた記憶能力」を上手く活かせずに、
・学歴とは不釣り合いな、低レベルの職場・社会的身分にある
・バカなので犯罪に近い高リスクな行為をした結果、不幸な転落人生を送ることになってしまった
勉強ができるバカは、このような状況にある場合が多いと考えられます。




スポンサーリンク




3「想定外の事態に対して、冷静な対処ができない」

  • 『想定外の事態』『マニュアルに載っていない、イレギュラーな事態』に直面すると、臨機応変な対応ができずに固まってしまうことが多い
    • 「勉強ができて、賢い人」は上記のような非常事態にもかなり柔軟に対応できるため、勉強ができるバカとの差が顕著に表れる局面

 

 

 

 

4「過度の世間知らず」

  • 「自身の専門分野」「自身が興味がある分野」については非常に詳しい一方で、「時事」「一般常識レベルの、世の中のあれこれの仕組み」などはほとんど知識が無い
    • このせいで、他者との会話で知識のズレが露呈しやすい

 

 

 

『勉強ができるバカ』の正体は、
・発達障害者(主に自閉症スペクトラム障害で、まれに高知能かつADHDという状態の人)
・「勉強方面に、主に求められる能力(暗記能力)」だけが秀でていて、その人の理解力や応用力などがあまり高くない
これらが主な正体であると思われます。

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました