スポンサーリンク

超ボリュームで安い、謎の台湾料理屋の主な特徴と、店の正体

 

「大ボリュームかつ価格が安く、しかも美味しい」という、日本国内で増加中の『台湾料理屋』について解説します。

 

スポンサーリンク

『謎の台湾料理屋』にありがちな、4つの特徴

 

 

1「異常にボリュームがある料理メニュー」

  • 本項目が、謎の台湾料理屋の最大の特徴
  • 成人男性でも、食が太い男性以外は完食は困難であり、少なくない人数の男性達が料理を残してしまうほどの大ボリューム

 

 

 

 

2「大ボリュームであるわりには、不釣り合いに料金が安い」

  • 1000円未満(だいたい800円~900円台が相場)で、必ず満腹になるほどの大ボリュームの料理を食べることができる
    • お昼時には料金的にお得なランチメニューが提供されているため、さらにメニュー価格が安くなる
    • この「大ボリュームかつ低価格」というメリットのおかげで、近隣の住民達の生活の味方として愛されている




スポンサーリンク




3「料理の味も上々であり、決して悪くない」

  • 有名チェーン店の味よりはやや劣るものの(料理の味に際立った個性が無いため)、無難な味・仕上がりのメニュー料理であり、味は決して悪くない

 

・大きめの唐揚げ(しかも山盛りで出てくる)
・油淋鶏(ユーリンチー)
・麻婆豆腐
・炒飯(チャーハン)
・デザートとしてメニューに付いてくる「杏仁豆腐」
謎の台湾料理屋で、主にこれらの料理が高い評価を得ています。

 

 

 

 

4「店員が外国人の方」

  • 東アジア系の人であり、「中国人」であることが多いと言われている

 




『謎の台湾料理屋』の、その正体

 

 

『謎の台湾料理屋』の店員の正体は、日本で働きたい中国人の方

中国出身の料理人達が、日本で働く目的
  • 日本の就労ビザ(外国で就労ができる在留資格)が欲しいから
  • 日本で真面目に働き続ければ、日本の永住権を取得できる可能性がかなり高くなる
  • 出身国の中国で働くよりも、日本で働いた方が賃金が大幅に高い

 

 

台湾料理屋の出店は、人材仲介のビジネス
  • 日本に帰化している元中国人が、
    仲介料(1人あたり、150万円~200万円程度が相場)をもらうことと引き換えに、中国人が日本で飲食店(本記事で解説している台湾料理屋)の開業をすることを斡旋する
    • 日本の台湾料理屋で働いている中国人は、仲介料を支払う側




スポンサーリンク




台湾料理屋の料理メニューの正体

料理メニューが大ボリュームである理由
  • 日本で台湾料理屋を開業する中国人は、中国東北3省(遼寧省・黒竜江省・吉林省)の出身であることがほとんど
    • 中国東北3省の料理は大盛りであることがならわしであるため、日本での台湾料理屋の料理メニューも大盛りになる
  • 台湾料理と銘打っているが、実質的には中国料理
    • 近年、日本と中国の国家関係が悪化しているため、日本人にとって良いイメージの台湾の名前を借りている

 

 

料理メニューが大ボリュームなのに安い理由

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる
キャンペーン中により、オーディブルを2ヶ月無料体験できる(2023年10月3日まで)

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました