スポンサーリンク

才能が無い人の特徴と、3つの点での才能がある人との違い

 

才能が無い人の特徴と、

才能が無い人とある人の違いを解説します。

 

スポンサーリンク

「才能が無い人」と「才能がある人」の、主な3つの違い

「その分野に対する情熱・執着」という点での違い

才能が無い人
  • 「淡白(たんぱく)な性格」「おおざっぱな性格」「無欲な性格」などをしていて、特定の物事・特定の分野に執着していない
    • 上記の事情から派生して、特定の物事・特定の分野への興味関心が長続きしない
  • その分野の物事をやっていると、精神的苦痛が大きい(その分野との性格的な相性が悪い)

 

 

才能がある人
  • 特定の分野に、大きな情熱を傾けていたり、偏執的な追究心がある
    • 上記の事情が実現する根底には、その人の生まれつきの性格が「凝り性(こりしょう)」「知的好奇心が強くて、研究者気質を備えている」といった特徴があることがかなり多い
  • その分野の物事をやっていても、あまり苦にならない(その分野との性格的な相性が良い)




スポンサーリンク




「その分野に求められる特定の能力の、有無」という点での違い

才能が無い人
  • その分野に求められる特定の能力(たとえば、モデルの分野ならば美貌やスタイルの良さ)が、欠落している

 

 

才能がある人
  • その分野に求められる特定の能力が、大なり小なり最初から備わっている
    • 上記の事情により、「荒削りながら、最初からその物事がおおまかにできる」という現象につながる

 

 

 

 

「その人の、基本的能力」という点での違い

才能が無い人
  • 集中力(特定の時間内に集中する能力に加えて、生活するうえで自身の能力・労力を特定の物事に一点集中させる能力のことも含む)
  • 要領良く課題を達成する能力
  • 精神力(継続することや、壁にぶつかってもめげないことが可能となる心的能力のこと)
    • 才能が無い人は、上記のリストのような能力が不足している傾向がある

 

 

才能がある人
  • 「集中力が優れている」「要領が良い」「精神力が優れている」などの特徴を備えている

 

『高グレードの賢さ』
汎用性が高い能力であり、
高レベルの「集中力」「精神力」「要領の良さ」などが、賢さのおかげでもたらされる場合が多いです。




スポンサーリンク




才能がある人は、
「その分野に対する情熱・執着」が強いので、習得速度が大きかったり特殊なひらめきが浮かんだり伸びしろが大きい(才能が無い人は遅かったり発想が凡庸だったりすぐに能力が頭打ちになる)
「その分野に求められる特定の能力」があるので、最初からある程度上手い(才能が無い人は上手くない)
「その人の、基本的能力」が高いので、努力を継続できたりあれこれの課題をその都度クリアできる(才能が無い人は努力が長続きしない)
というように説明が付きます。

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました