スポンサーリンク

「早死にする仕事」に共通する、激務の常態化など4つの特徴

 

「早死にする仕事」に共通する特徴と、早死にの原因を解説します。

 

スポンサーリンク

早死にする職業に共通する、4つの特徴

1「その職業の形態上、激務が常態化している」

  • 本項目の場合、「日々の激務のせいで、睡眠不足が慢性化すること」が最もマズい
    • 免疫力が大幅に低下して、あれこれの病気にかかりやすくなる
    • 高血圧状態が続き、「脳梗塞」「心筋梗塞」などの致死的な病気の発症確率が上昇する
    • 睡眠不足状態だとうつ病・パニック障害などの精神疾患の発症確率がいちじるしく上昇し、自殺を誘発する
      • 睡眠不足が慢性化すると、上記のリストのような危険な事態になる

 

本項目の具体例の職業
  • 広告代理店営業
  • 金融業(銀行・証券・保険など)
  • 総合商社
  • 官僚(かんりょう、政策決定に影響を与えるような上級の公務員のこと)
  • 下請け会社のプログラマー・SE(システムエンジニア)
  • 漫画家




スポンサーリンク




2「業務内容がストレスフル」

  • ストレスがどんどん蓄積する業務内容(他者達に常に気を遣わなければならない、という場合がほとんど)
    • ストレスが原因でうつ病になりやすいほか、
      溜まったストレスをどうにかするために暴飲暴食・深酒・喫煙へ走りやすくなり、身体を壊しやすい

 

本項目の具体例の職業
  • 学校の教師
  • 介護士
  • 看護師
  • チェーン飲食店の、雇われ店長
  • 下請け会社のプログラマー・SE(システムエンジニア)

 

 

 

 

3「勤務の時間帯が不規則であり、そのせいで体調を崩しやすい」

  • 夜勤が多い
  • その時々での忙しさの度合いで勤務形態が大きく変化し、夜中までの残業を強いられることが頻発する

 

本項目の具体例の職業
  • 看護師
  • 介護士
  • トラック運転手
  • タクシー運転手




スポンサーリンク




4「業務内容が極めて危険であり、事故・病気で死ぬ可能性が高い」

  • 常に道路で運転しているため、交通事故で死ぬ確率が高い
  • 業務でミスをした場合、大けがをしたり死亡する
  • 業務上、病気になりやすい(一例として、勤務中に粉塵を吸い込み続けるせいで肺の病気になりやすい)

 

本項目の具体例の職業
  • トラック運転手
  • タクシー運転手
  • キャビンアテンダント(飛行機の客室乗務員)
  • 風俗業
  • 林業
  • 解体業

 

本ブログ推奨の、有効な転職サイト

リクナビNEXT

・企業側からの採用オファーが次々と届く
・求人全体の約85%が、リクナビNEXT限定で掲載されている非公開求人
・強み・適性を正確に診断できる「グッドポイント診断」が好評
・リクナビNEXTの利用料は無料

type転職エージェント

・応募書類・面接について、転職のプロがアドバイスしてくれる
・他の転職には無い、非公開求人が多数掲載
・企業との「年収交渉」「入社条件」「入社日」の交渉は、プロが代行してくれる
・type転職の利用料は無料

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました