スポンサーリンク

ドラゴンボールでみんなが思う名シーン&絶望したシーン

 

大人気漫画「ドラゴンボール」で、読者のみんなが好きなシーンと絶望したシーンのそれぞれを調査しました。

 

スポンサーリンク

ドラゴンボールで、みんなが思う名シーン・好きなシーン

ベジータのギャリック砲VS悟空の3倍界王拳かめはめ波の激突シーン。
威力が拮抗したことを見て、
悟空の機敏な判断で、限界を超える危険な4倍へギアチェンジしたことも好き。

 

 

 





スポンサーリンク




 

 

 

 

 

 

 

未来世界の残虐非道な人造人間とは違う、
風流を理解している現代の人造人間達。





スポンサーリンク




 

悟飯の師匠を続けて情に目覚めたピッコロが、ナッパの攻撃をかばって死ぬシーン。

 

怒りでスーパーサイヤ人2に覚醒した悟飯の、ビジュアル面での異常なかっこよさ。

 

ベジータが、悟飯(ライバルの悟空の息子で、混血のサイヤ人)に親近感・一定の敬意を向けていること。

 

ベジータが、自身のしでかしたことの責任を取るために、命を投げ出して魔人ブウを道連れにするシーン。

 

ミスター・サタンが、
ギャグキャラなのでセコいところはあっても、根本の部分は正義漢であり世界のヒーローであるところ。

 

18号がデレて仲間入りのフラグを立てるシーン。

 

セリフの汎用性が高くてあれこれと改変ネタに使われやすい、フリーザのブチ切れシーン。

 





スポンサーリンク




世界中の人々に特殊性癖を植え付けたビーデルのサンドバッグシーン→仙豆でビーデルの全快シーン

 

 

セルの、性格面での凝り性・エンターテイナーの側面が伝わってくるシーン。

 

 





スポンサーリンク




 

天津飯が、捨て身の気功砲の連発でセルの動きを封じているシーン。

 

悟空が、自爆寸前のセルを地球から移動させる前に、色々と諦めたやわらかい表情でみんなに別れを告げるシーン。

 

身体が半分無くなって瀕死のフリーザが、
どう考えても逆転できるわけないのに、逃げることも改心することもせずに悟空に攻撃して、やっぱりやられるシーン。まさに悪役キャラの鑑(かがみ)。

 

長い付き合いのベジータの性格・心情を、悟空がちゃんと正しく理解していたシーン。

 

トランクスがセルに殺されて、
それに激怒したベジータがなりふり構わず格上のセルに特攻したこと。

 

 

 

 

18号「気に入るとおもうか?サイテーだ」




スポンサーリンク




バビディの支配下にあるベジータが、
プライドのみで巨大な苦痛をはねのけて命令無視するシーン。

 

ベジータと悟空の、全く互角の勝負。

 

 

 





スポンサーリンク




 

純粋魔人ブウにとどめを刺す時の、
ドラゴンボールらしくて後腐れが無いスカッとした終わり方。

 

ドラゴンボール最終章で、
ベジータが家族を築いて人の親になったり、悟空の方が上だと冷静に認めたりと、精神的な成長が見られるシーン全般。
魔人ブウを倒すための時間稼ぎ役として、自身が悟空の盾になって捨て身で戦うなんて、昔のベジータからすれば絶対にありえない行動。

 




ドラゴンボールで、みんなの絶望・トラウマシーン

悟空の最大威力の技の超特大元気玉をフリーザに直撃させても、フリーザを倒しきれなかったシーン。

 

ナッパ戦で、
天津飯→単純な打撃で腕をもがれて、その後に死ぬ
餃子→ナッパに自爆攻撃を仕掛けて死ぬも、ナッパはノーダメージ
ピッコロ→ナッパの攻撃から悟飯をかばって死ぬ
これが立て続けに起こって、凄まじい絶望感だった。

 

地球での初のベジータ戦で、
エースの悟空は全身骨折で戦闘不能、元気玉を上手くベジータにヒットさせてもまだベジータが戦える状態、残っているのはボロボロの悟飯とクリリンだけ、
という極限状況。

 

ベジータが、リクームが油断している間に全力攻撃のラッシュで一気に勝負を決めようとしたのに、リクームに全然ダメージが通っていないシーン。

 

 





スポンサーリンク




 

 

 

ドラゴンボールの力で若返ったピッコロ大魔王が、
他者がドラゴンボールを使うことを防ぐために神龍を殺してドラゴンボールを使用不能にした展開。

 

もうどうしようもない状況であることを悟って、死ぬ前に悟飯に謝罪するベジータ。

 

ラディッツ戦で、
悟空とピッコロがタッグを組んで戦ってもラディッツに押され気味だし、最後には悟空が死ぬしで、絶望感が強かった。

 

ピッコロ大魔王編の序盤で、
・クリリンがタンバリンに殺される
・筋斗雲(きんとうん)が消滅させられる
・悟空がタンバリンに負ける
このショッキングな三連続展開。

 

悟飯がアルティメット化して魔人ブウを上回ったと思ったら、ゴテンクス&ピッコロが吸収されて形勢逆転されてしまった展開。
今までのブウよりはるかに強そうだし、もう戦える味方が悟飯独りだけという絶望感。

 

ベジータがスーパーサイヤ人2&バビディによる限界以上のパワーアップで捨て身で戦っているのに、魔人ブウは不死身で体力も無限だから効果無し。
魔人ブウの気味が悪い様子も相まって絶望感が凄い。

 





スポンサーリンク




悟空単独で出すことができる限界の威力の「20倍界王拳かめはめ波」を使っても、フリーザ相手には片手で防がれて軽微なダメージにしかならなかったシーン。
いつもワクワクしている悟空が戦闘中に悪態を吐くなんて、よっぽどの最悪の事態。

 

本ブログ推奨の、アニメ見放題サービス

Amazonプライム・ビデオ

・Amazonプライム・ビデオで配信しているアニメや映画やドラマが見放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額500円という定額で大量のアニメ作品が見放題になるのでコスパが非常に高い
・Amazonプライムの「Amazonの送料が常に無料」「200万曲以上の音楽が聴き放題」「Amazon Photosで容量無制限で写真をクラウドに保存できる」などの特典も付く

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました