スポンサーリンク

イギリスの、ひどい格差のせいで貧困率が高いなどの社会問題

 

イギリスの国内の、主要な社会問題を解説します。

 

スポンサーリンク

イギリスの、主な3つの社会問題

 

 

1「イギリスが階級社会である事から転じて、国内の経済格差がひどすぎること」

  • イギリスでは、貧困層の割合が高すぎることが大きな社会問題になっている
    • 2020年の調査では約1170万人が貧困者とされており、イギリス国民の16%という高い貧困率を記録している
    • 貧困者が多すぎるせいで「イギリス国内の治安が悪化する」「貧困者の生活支援のために巨額の社会保障費が使われていて、それが納税者達の大きな負担になっている」という問題が起きている

 

イギリスが歴史的に階級社会であることから、
・その人の生まれつきの階級からの移動が不可能であり、格差社会よりもひどい状況であること
・階級間での交流・文化的交雑が起こらず、関係が断絶しているため、国の文化が硬直していること
という社会問題がイギリスに定着しています。




スポンサーリンク




2「移民政策の結果、イスラム系移民の割合が増えすぎてしまったこと」

  • イギリスにおいて、ムスリム(イスラム教徒)の移民が多すぎることが近年の社会問題になっている
    • 「過激派のイスラム教徒によるテロ」が懸念されているため
    • イスラム教は「定時での祈り」「食事内容に大きな制限があること」があり、イギリス国民の生活に合わないことが非常に多いため
  • 本項目に類似した社会問題として、イギリスに住む「ジプシー(ヨーロッパに散在する少数民族ロマの呼称)」への差別・関係の断絶も問題視されている




スポンサーリンク




3「ブレグジット(EUからの離脱)」によって社会に混乱をきたしていること

  • 深刻な労働者不足問題
    • EUから離脱したことにより、労働者(離脱前は、EU圏内の東欧国出身の労働者が多かった)へのビザ発給要件が厳しくなり、労働者の確保が難しくなってしまった
  • 安全保障面での問題
    • EUから離脱したことにより、
      欧州警察機構(EU域内の組織犯罪を捜査する機構)の恩恵にあずかることが難しくなったので、EUからやって来た密入国者やEUからの武器の密輸入への対策が難しくなっている

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました