スポンサーリンク

その人が信用できるかを判定する、9つの評価ポイント

 

「その人が信用できるかどうか」を判別するために、その人の言動や性格で注目するべきポイントについて調査したので分かったことを報告します。

本記事で解説していることにしたがって他人を評価することで、確実に「人を見る目」が養われるようになります。

 

スポンサーリンク

他人が信用できるか評価する時に、特に注目するべき9大ポイント

 

1.第一印象に「違和感」を覚えるか、覚えないか

違和感の例は、

  • 身なりが小汚い
  • 「なんだか、この人気持ち悪いな」という感覚・直感
  • 「なんだか、この人感じ悪いな」という感覚・直感
  • 言っていることが常識からズレていて、なんだか恐いのでいっしょに居たくない
  • ファッションセンスがおかしかったり、服装が過度にみすぼらしい
  • 態度や言葉遣いが下品

第一印象で、何か受け付けないモノを感じ取ったり、何か気持ち悪いと感じた人は、すぐに避けた方が良いでしょう。




スポンサーリンク



その人から受けた第一印象・自分が覚えた直感は、ほぼ確実に当たります。

 

 

 

2.実際に行動を起こしているか、起こしていないか

行動を起こすということには大きなエネルギーが必要なので、

実際に行動していて信用できる人と、行動を起こさずに口先だけで信用出来ない人に、綺麗に分類されます。

実際に行動を起こしている人の数は少なく、その数少ない人こそ信用に値する人です。




スポンサーリンク



 

 

 

3.相手の目つき

目つきには、その人の内面(性格・知性の程度・メンタルの強弱など)が如実に反映されています。

したがって、目つき・視線に信用ならないものを感じ取った場合は、その人は高確率で「信用してはいけない人物」です。




スポンサーリンク



目つきと同様に、「顔つき」「声の調子」にも、その人の本性がよく表れると言われています。

 

 

 

4.「その人間の本性が出やすい場面」での、その人の態度

  • ピンチ・危機におちいった時
  • 弱い立場の人間への対応態度
  • その人に全面的に非があるので、謝罪したり責任を取る必要がある時
  • 自動車の運転時
  • 食事の時の振る舞い
  • 何かの勝負・賭けに負けた時、などなど

上記のような場面で、その人の本性が出やすいので、その人の対応をよく観察しましょう。

「真摯な対応」をする場合なら、その人は信用出来る人です。

「見苦しく弁解したり、他者を攻撃しすぎるような、不誠実な対応」をする場合なら、その人は信用ならない人です。

 

 

 

5.相手の関係に「金銭」が関わっているか、いないか

金銭を始めとして、何らかの利益・利潤が相手との関係にからんでいる場合は、相手を信用してはならない場合が非常に多くなります。




スポンサーリンク



相手が金銭・利益・利潤をこちらから引き出すために、あれこれの情報をゆがめて伝えてきて、特定の方向へ誘導してきます。

相手が何かを売り込む目的で向こうから接触してきた場合は、まず間違いなく信用できないパターンです。

 

 

 

6.他人に報いるためにきちんと身銭を切っているか、いないか

ネット上で繰り返し用いられる有用な言葉の1つに「誠意は言葉ではなく、金」というものがあります。

相手にお礼をしたり、人間関係を良好に保つためには、相応のお金を支払っておみやげを渡したり贈り物をする必要があり、身銭を切るという辛い行為をあえて行っている人は、誠意をもっていて信頼できる人だと言えます。

口先だけの言葉でごまかして必要なお金を支払おうとしなかったり、いつも他人にたかってばかりの人は信頼できません。

 

 

 

7.世間で評判が良くない職業に就いていたり、良くないうわさを聞く趣味にハマっていないか

少しの間だけ会話を楽しんだり、ちょっとした助力を乞う相手としてなら、このような評判が良くない職業・趣味の人と付き合うのは問題ありません。

ただし、雇用関係を結んだり、婚姻関係を結ぶような「大事な場面のとき」は、上記の人達は避けておいた方が無難でしょう。

その職業やその趣味の悪い側面に、その人が多かれ少なかれ染まっている可能性は極めて高いので、相手との関係を続けるうえで染まっていることがのちのち大きなデメリットになりかねないからです。




スポンサーリンク



社員の採用試験においては、その人物の育ちの良し悪しも重大な評価基準とされており、以下の特徴をもつ人物は大きなマイナス評価を受けると言われています。

  • 母子家庭(もしくは父子家庭)育ち
  • その人物の名前がキラキラネーム
    • その人物の両親が非常識な人間で、子どもが非常識な教育を受けてきた可能性が高い

 

 

 

8.「不真面目なタイプの悪癖」をもっているか、いないか

「不真面目なタイプの悪癖」の例は、サボり癖やなまけ癖や逃げ癖や言い訳癖などです。

この「不真面目なタイプの悪癖」をもっている人は性格全体が腐っている場合が多く、注意が必要です。

(同じ悪癖でも、「言い方にトゲがある」「他者への思いやりの気持ちに欠ける」など不真面目なものと無関係の悪癖の場合は、まだその人を信頼できる可能性はある)

「一事が万事(※一事を見れば、他のすべての事を推察できる)」のことわざの通り、その人の性格や言動の一端から、その人の本質・全体像を想像しようとすることは大切なことです。

 

 

 

9.過去から現在にかけて実績を積んでいるか、いないか

過去に何の実績・活動記録が無い者は、ビジネスの世界でも人間関係でも信用されません。

年月をかけて着々と実績を積んできた者は、能力や性格や身元が信用できると言えます。

裏切り行為によってこれまで積み上げてきた実績・経歴・名声に傷が付いてはその人自身が非常に困るので、まず裏切ることはありません。こういう「守るべきもの・失うものがある人」は信用できます。

 




危険人物である可能性が非常に高いので、信用してはいけない人の特徴

 

信用してはいけない人の特徴

  1. 言動に「ズルい」「いじわる」「卑怯」「反省せず、いつも被害者面」などの特徴が確認できる
  2. 言っていることはもっともらしくても、実際にやっていることは道徳・道理に反していること
  3. やたらと愛想が良い・不自然に愛想が良すぎる
  4. おしゃべりであり、不必要に口数が多い
  5. 相手や状況によって言っている事・やっている事がころころ変わり、一貫性が無い
  6. 「店員に、いわれのないクレームをつけるのが好き」「他人の悪口を言うのが好き」「非があるSNSユーザーや芸能人などを、みんなといっしょにネット上で炎上させるのが好き」など、その人の趣味が悪趣味である
  7. 長期的なニート・無職のような身分で、社会的信用が低すぎる
  8. 育った家庭環境に、過度の問題を抱えている


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました