スポンサーリンク

女性の人生が生きづらい原因の、陰湿な人間関係や恋愛依存

スポンサーリンク

 

女性同士の人間関係がややこしすぎたり、他者依存が行きすぎて必然的に依存先に自身の生殺与奪を握られたりと、女性の人生は生きづらい点が多いようです。

女性の人生の生きづらい点・難しい点を調査したので分かったことを解説します。

 

スポンサーリンク

女性が生きづらい、代表的な3つの点

1「顔やスタイルの良し悪しが生まれた時点で決まってしまい努力でくつがえす余地が無い」

 

男性の能力が仕事や肉体労働なのに対し、女性の能力は外見ということになる。

顔やスタイルは生まれた時点でほぼ決まってしまって、女性の人生は運ゲーであるとよく言われる。素体が悪いと、化粧でごまかすのにも限界がある。




スポンサーリンク



 

 

 

2「同性間での人間関係が陰湿」

 

女性は集団行動が基本なのに、個人間での結束力は弱いというアンバランス。

悪口・嫉妬・見下しのような負の感情がうずまきつつ、表面上は笑顔で仲良しという腹黒人間関係にうんざりする女性が多い。

 

 

 

3「付き合った男性・結婚した男性次第で女性の人生が左右されすぎる」

 

ダメな男性の色に染められてしまったり、結婚後にろくに働かずに家庭崩壊させる男性に人生を破壊される女性は珍しくない。




スポンサーリンク



女性が、持って生まれた優位を活かすには恋愛・結婚をして男性にお金を出させるのが一番だが、それをするといやおうなしに男性から悪影響を受けやすくなるというジレンマに悩まされることになる。

 




女の人生は明確な方針を固めにくい

 

女性の人生は、はっきりとした目標・方針を定めにくいので、男性の人生に較べて「ある方向へ向かって歩き続ける」というのが難しいようです。

 

学歴・仕事を選んだ女性の場合
  • 同年代の、結婚した女性をうらやましく感じてしまう
  • しかし、せっかく勉強して高学歴になり、良い仕事に就いたのに、それを結婚で全て捨ててしまうのももったいない気がする
  • 選んだ進路と、結婚したいという気持ちが矛盾している

 

 

恋愛・結婚を選んだ女性の場合
  • モテるかモテないかは、生まれつきの顔・スタイルという運要素が強い
  • 若いうちに良い条件の結婚相手を見つけるのが得策だが、焦ってダメ男をつかむのは恐いので、慎重にならざるを得ない
  • 恋愛・結婚をしたいのに、運次第でモテなかったり相手に恵まれなかったりで、自分の希望と矛盾している

 

 

「学歴・仕事」を選んでも、「恋愛・結婚」を選んでも、それぞれ別々の矛盾に苦しむことになるので、女性の人生は選択と集中がどうしても難しくなり、どっちつかずのふわふわした人生になりがちです。




スポンサーリンク



 




その他、みんなが思う「女性が生きづらいポイント」

 

女が抱くあらゆる感情の中で、「嫉妬」の存在感が大きすぎる。
嫉妬という負の感情に、女の人生の大部分が振り回されているような感じ。

そして、嫉妬の感情の存在によって女同士の人間関係がメチャクチャになる。

 

運悪く、顔がいまいちに生まれついてしまうと、とたんに人生の難易度が跳ね上がる。

 

女性は、仮にバカすぎると良いように男に遊び相手にされる。
頭が良すぎると男に敬遠される。
頭が悪くても良くてもどっちも損をする、というのはかなり生きづらいと思う。

 

たとえ運良く美人に生まれついたとしても、
他の女の嫉妬の対象になっていじめられたり、人間関係で上手に立ち回れないと「お高くとまっている」と見なされて攻撃を受ける。
美人にはメンヘラが多いのは、これが一因。

 

女同士はグループ行動が原則で、ひとりぼっちは女社会での死を意味する。
男みたいに一匹狼とか孤高ってポジションは女には存在しえない。
そして、グループ内では常に内紛状態・陰口の言い合い状態。
生まれつき人生の一部(同性との人間関係)が、罰ゲームみたいな性別なのが女。

 

女同士の人間関係の陰湿さを思えば、女にメンヘラが多いのも納得。

 

女の自尊心の源は、自身の容姿の美しさに依存している部分が大きいから、
加齢とともに容姿が衰えて、だんだん自尊心が削り取られていき、男にも相手にされなくなっていくのは、かなりつらいと思う。

 

シェークスピアの「ハムレット」で「弱き者よ汝の名は女なり」って言葉があるし、
女が心も体力も弱いのは昔から変わらないんだろう。
女が困難に立ち向かえずに、泣いてしまう・逃げてしまう・男にすがってしまう弱さに、女性自身が苦しんでいる事も多々あると思う。

 

「女の敵は女」というやっかい極まりない現実。
単純な女同士のいじめや悪口はもちろん、
変わった例では、一部の女達が「育休を取った女性職員を降格させるのはやめろ!」と自分の感情だけで社会へ訴えて、
以後は「女性を雇用するのはリスクだから、これからは女性を採用しないようにする」と企業側が振る舞うようになって、結果的に女全体の首が絞まる、
ということまで、「女の敵は女」の実例はいろいろ。

 

女の人生は20代前半までがチートモードで、チヤホヤモテモテ・苦労知らずみたいな毎日。
チートモード期間中に良い結婚相手を見つけられれば万歳だが、
変にプライドを高くして男をえり好みして30代に入ると、チートモードの反動で一気に人生が辛く苦しいものへと変わる。

 

男は、才覚や努力次第で上へと昇っていけるから、後天的な人生ばん回もそこそこ可能。
でも、女は産まれた時点での顔とかスタイルで一生の良し悪しがほぼ確定してしまって、あまりにも運要素が強すぎる。




スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました