スポンサーリンク

男女で違い過ぎる、女性の4つの特徴と男性の3つの特徴

 

男性から見てびっくりする「男性とは違いすぎる、女性ならではの特徴」と、

女性の感覚・感性からすると、驚いたりあきれてしまうような「男性特有の特徴」を、

それぞれ調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

男性からすると驚く、女性特有の4つの特徴

1「女性は問題解決ではなく、共感を必要としている」

 

よく言われる、「女性は共感が第一という考え方」

  • 女性が困ったり苦しんでいる時、男性が「具体的な解決案」をまっさきに提示すると、女性は不機嫌になってしまうことが多い
    • その理由は、女性の本当の望みは「自分の悩み・苦しみに共感して、がんばっている女性を肯定して欲しい」というものだから
  • 小説や漫画のような創作分野で、女性作家の作品は登場人物の心情を細かに表現したリリカルな作風になりがちなことに対し、男性作家の作品はストーリーの運び方や物語の構成といった論理性が優れている、という違いが見られることが多い
  • 女性にとっては自身の感情が良くなるか悪くなるかというポイントが最重要であって、問題発生に際して問題解決を第一に考える男性は女性の感性に首をかしげることが多くなる

 

 

問題発生に際し、男性は問題の解決を、女性は困っている自分や困っている人への共感を求める、というのはかなり有名な男女の違いです。




スポンサーリンク



この違いは、人間が原始時代の過ごし方で、男性は刻々と変化していく「狩り」の状況を解決するように進化した、女性は集落で男性の帰りを待っている間に、周りの女性と共感し合って良い関係を保ち食べ物の取りっぱぐれが無いように進化したからだと言われています。

石器時代は200万年続き、人類の近代的歴史はせいぜい1万年程度なので、いまだに原始時代からの脳の特徴の影響が色濃く残っています。(親の経験・知識・思想等は生まれてくる子供に遺伝しないので、時代が変わっても肉体的にはほとんど進化しない)

深刻な問題が起こっても、泣いたりわめいたりして感情に訴えかけてくる女性の様子は、問題解決型の男性からすれば「女は感情的」だと思ってしまうようです。

 

 

 

2「女性は、複雑さとらわれるせいで非効率になりがち」

 

よく言われる、「女性はいろいろと複雑すぎる」

  • たとえば、朝の出勤前にはヘアセット・メイク・きちんとしたスーツの着こなしを時間をかけてするので、男性側の常識からすれば、女性の生き方はいろいろと複雑すぎる
  • 容姿に関することに限らず、女性の考え方や感情全般が複雑すぎてぐちゃぐちゃになりやすくなり、そのせいで女性は問題解決が遅れがちになる
  • このことに対し、男性は問題解決に向けてシンプルに思考・行動をするので、女性的な複雑さはあまりない

 

 

化粧水・ファンデーション・口紅などなど、女性のお化粧にはとにかく手間と時間がかかります。

それのみならず、女性の感情も複数の感情が複合したものになりがちなので整理するのが難しく、女性同士の人間関係もドロドロとした複雑なものになりやすいようです。

 

 

 

3「女性は友達同士で本気の悪口を言い合う」

 

よく言われる、「女性は友達同士で悪口を言い合う」




スポンサーリンク



  • 複数の女性が談笑をしていて、1人がトイレや用事で抜けると、とたんに抜けた人をみんなで悪く言うことが始まるとよく言われている
  • 友性は、友達同士であっても「付き合っている男のルックスや年収やステータス」「着ている服・身につけているアクセサリーのブランド」「女性の容姿のレベル」などでマウントを取り合うので、
    そのせいで悪口の言い合いが起きてしまう

 

 

仲の良い3人が集まって、誰か1人がその場を抜けると、とたんに2人が抜けた1人の悪口を言い合い始めるという現象は、女性同士の間でよくあることなのだそうです。こういった女性の友情(?)関係は、しばしば男性をぎょっとさせます。

原始時代から、集落の中での女性にとっての他の女性は、自分の食べ物の取り分や配偶者を減らす敵。かつてのこういう状況が、女性が女性を敵対視するように進化をさせたのだと予想されています。

 

 

 

4「人生で、女性は恋愛に生きている」

 

よく言われる、「女性は恋に生きている」




スポンサーリンク



  • 女性は受け身でいてもどんどん男性に言い寄られる性別なので、必然的に、人生における恋愛をしている期間の割合が大きくなる
  • 恋愛特有のときめき・どきどき感を好む度合いも、男性のそれよりも大幅に上だと言われている
  • 女の恋愛の思い出は上書き保存(別れた男の思い出は消去してしまう)、男の恋愛の思い出は名前を付けて保存、とよく言われるように、恋愛に対する感覚も男女でまったく違っている
  • 良い条件の男性と恋愛・結婚することが、女性側の生活と人生を豊かなものにすることに直結するので、実利的な意味でも女性は恋愛に必死になる

 

 

女性向けの商品を見渡すと、コスメ・ダイエット・ファッション・恋占い・恋活・婚活・子育て・恋愛系少女漫画などなど、大半が恋愛絡みとなっています。

美しく着飾って外見的・収入的に良い男をゲットする、というのは、本能レベルでの女性の生き方なのだと思われます。

女性にとっての恋愛とは、いわば生涯の成否を賭けた真剣な就職活動。

女性は女性同士で見下し合うのが普通のコミュニティーに生きているので、優れたルックス・年収・ステータスをもつ男性をつかまえることは大変重要です。男性からすれば、いわゆるメンツにかかわる問題でしょう。

 




女性からするとびっくりする、男性特有の3つの特徴

1「男は自己犠牲を尊ぶ」

 

よく言われる、「男は自己犠牲が好き」

  • 男は「自己犠牲」という行為に、かっこよさ・ロマンを感じていることが多い
    • 自己犠牲だけでなく、男は「理想」「大儀」「忠義」「強さ」「勝負」「友情」「信念」といった観念的なものを尊ぶ傾向が強い
  • たとえば、仕事における激務プロジェクトを「過酷な任務を一生懸命こなす自分って、かっこいい…」と自己陶酔しながら自己犠牲を敢行する
  • 男が自己犠牲を尊ぶことに対し、女は「自分から進んで損をしにいくなんて、馬鹿らしい」と感じることが多い
  • 男が自己犠牲を選択することで他者に利益を譲り合うので、男同士の友情関係はおおむね良好なものとなる。
    その一方で、自己犠牲を嫌って利己的行為を繰り返しがちな女同士の友情は陰惨なものになりやすい。

 

 

「苦難にも黙って耐えるのが男の生き様」といった趣旨の格言がこの世にはたくさん存在していて、自分が損をして相手や全体を立てる、というのは男性にとっての美徳になっています。

自分用の利にさとい女性側からすれば、「そんなことして何になるの?」と首をかしげたくなる特徴でしょう。

 

 

 

2「男は天才からダメ人間まで上と下の差が大きすぎる」

 




スポンサーリンク



よく言われる、「男の能力が両極端であること」

  • 企業のトップや、著名な研究者、ノーベル賞受賞者は、そのほとんどが男
  • ただし、殺人や暴行などの重犯罪で刑務所へ収容されるのも、そのほとんどが男
    • 男は、社会制度や異性から庇護されることが少ないので、追いつめられた状況の男達が犯罪へ走りやすいという理由もある
  • 男の能力が非常に高いか非常に低いかの両極端なものであることに対し、女の能力は平均的で凡庸という評価が多い

 

 

ほとんど全ての分野で、トップ層は男性に占められています。ノーベル賞受賞者もほとんどが男性です。

しかし、これは男性が女性よりも優れているというわけではなく、男性の生まれ持った能力は非常に優れているか非常に劣っているかの両極端という傾向が強いことを意味しています。

女性は平均的で安定した能力をもち、男性は不安定でとがった能力を生まれ持っているのです。

 

 

 

3「方向性は違えど男はみんなオタク」

 

よく言われる、「男は誰しもがなんらかのオタク」

  • 人によってそれぞれ方向性は違えど、男はみんな何かしらの分野のオタクである、と言われている
  • 特に、骨董品・金貨のような硬貨・書籍・カードのような「収集」のオタク趣味は、男がもつ本能といっても過言ではない
  • 男にはオタク気質があり、興味がある分野をとことん追及したがるので、あらゆる分野のトップは男性で占められる
  • それに対し、女は、男のようなオタク気質をもたず、その物事を「他者とのコミュニケーション用のためにやりたがる」「ある程度覚えたら、他のものへ興味が向かう」といった特徴があるので、その分野を極め抜くのは難しい

 

 

コレクション系の趣味や車、お酒、技術向上、釣りなどなど、男性がハマる趣味は多種多様です。アニメ・漫画系といったオタク趣味に限らず、自分の好きなこと・得意なことを伸ばそうとするオタク的でマニアックなこだわりを男性はもっています。

それに対して、女性は服やバッグや宝石類といった自分を美しくする装飾品を好んだり、甘くて美味しいスイーツやグルメや温泉やアロマといった肉体的な快感の強いものを好み、男性のように趣味的なアイテムを収集するといった話はあまり聞きません。

いわば子どもっぽい「男性の趣味への愛」を理解せず、コレクションを勝手に捨てて離婚された女性の話は各所でひんぱんに耳にするので、既婚者女性の方はよく注意すると共に男性の趣味愛を受け入れてあげましょう。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました