スポンサーリンク

大学生活を楽しめて成功した人と、楽しめず失敗した人の特徴

 

大学生活を楽しめたり成功を収めた人の特徴と、大学生活を楽しめなかったり失敗した人の特徴を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

大学生活を楽しめたり、大学生活が成功した人達の特徴

 

大学特有の長い夏休み・冬休みを利用して、
長期の海外旅行や国内旅行を実行できた人。
社会人になると仕事が忙しくなるので、まず不可能になる。

 

自身が在籍している学部の専門知識をひたすら吸収しつづけた人。
標準的な知識はもちろん、マニアックな知識も一通り覚える。
そして、
その知識を就職先で活かした人が成功できる。

 

大学在籍中に、自発的に勉強や能力開発ができた人。
あるいは、自分で何かしらのテーマを設定して、在籍中にテーマの探求ができた人。
大学の講義は自発的な勉強の入門用・きっかけ用として有用。
大学生活の豊富な自由時間は、自分の適性や才能を発見して伸ばすために有用。

 

サークル・部活に所属して、
先輩・同期・後輩と
本来の活動に飲み会にと、あれこれ活動を楽しんでいた人。
このことは、一生の楽しいことの中でも、五指のうちに入るほど楽しい。

 

アルバイトをしていた人。
バイト経験があると働くことへのハードルが下がるので、
卒業後に就職しやすくなる。
バイト未経験だとニート化しやすくなる。




スポンサーリンク




学部や部活の先輩や同期や後輩や、
研究室の教授や准教授や院生と四苦八苦しながら付き合い、
人間関係の経験値を貯めまくった人。
ここでコミュニケーション能力を何段階かレベルアップさせておくと、後が楽になる。

 

恋愛を楽しめた人。
打算比率が少ない恋愛ができるのは大学生までで、
社会人からはほぼ打算100%の嫌な恋愛になってしまう。

 

理系学部へ入って実験にレポートに卒論にと苦労しまくった人。
苦労した分だけきっちり鍛え上げられているし、
就職活動で理系学生は企業側から優遇される。

 

「自分は凡人だから、
大学へ行って勉強して、企業就職して、大人しくレールの上の人生を進んでいこう」
と冷静に判断できて、実行できた人。

 

「自身の就職活動を有利なものにしたいから」
という理由で大学へ行った人。
大卒という経歴が無いと、そもそも採用試験を受けさせてもらえない企業が多すぎるから、
こういう実利主義の人は成功しやすい。

 

同一の企業で、同じような業務をしていても、
大卒と高卒では給与額と出世スピードが全然違う。
こういうことを見越して大卒になった人が賢い。

 

大学生活中に試行錯誤をして、自分が隠し持っている才能の種類に気づけた人。
才能を発見して、大学生活の中で才能を育成できた人は、
才能を活かした人生が実現しやすい。
これができなかった人はほぼ確実に社畜人生になってしまう。

 




大学生活を楽しめなかったり、大学生活が失敗した人達の特徴

 

大学生活に対して、何の目的も目標も無かった人。
このタイプの人達が、
4年間の時間と学費を無駄にした、という感想を抱く結末になることが多い。

 

4年間、
大学と家を講義出席のためにひたすら往復するだけだった人。
サークルや部活にも所属せず、バイトもせず、孤独な大学生活を送ってしまった人。

 

自由すぎる大学生活で、堕落してしまった人。
お酒に麻雀にパチンコにと遊びほうけて、
そのせいで留年したり中退したり、ろくな企業に就職できなかったという人。

 

4年次の就職活動に失敗したり、ろくに就職活動をせずに、
無い内定のまま卒業し、
「新卒」という最強のカードを無為にしてしまった人。

 

文系学部に在籍している人で、
バイトにサークルに恋愛にと遊んでいるだけで、
将来に対しての何の備えもしていなかった人達。
ほとんどの人が営業職・小売・介護・ITなどに行かざるを得なくなる。
大学在籍中に、有用な資格を取得していたり、公務員試験対策をしていた文系大学生が正しい。




スポンサーリンク




不本意ながらFランク大学を卒業して、
就職先にも不満たらたらで、
Fランク大学へ入学したことが後に数十年間続く後悔人生の発端になるような人。
この逆に、
Fランク大学在籍でも、
友達や教授と仲良くやって、
就職先でも懸命に働いているなら、その人は成功者。

 

大学生活を送った結果、精神的に病んで人生が壊れた人。
・ぼっちで、誰も友達がいない
・漫然と講義を受けていて、日々に意味が何も感じられない
・恋愛で、相手との関係がこじれる
・研究室の中で孤立したり教授にいじめ抜かれる
・博士課程で、論文が全然審査に通らない
主にこれらが、大学生・大学院生がメンタルをやられやすいポイント。

 

大学在籍中に勉学に目覚めて、
「大学教授や研究者になる!」
と動き始めた人。
その道は、ごく一部の超有能な人を除いて、あとは死屍累々の結果。

 

奨学金を借りてまで大学を卒業したのに、
卒業後にニートになって、奨学金返済に苦しんでいる人。

 

大学を中退してしまった人。
相当に有能な人でない限り、
原則的に中退したら転落人生へつながることになる。

 

「就職することから逃げたい」
「まだ遊んでいたい」
「モラトリアムのうま味を享受したい」
という不純な動機で大学に在籍していた人。
この動機で真に地獄を見る人達が、
モラトリアム狙いで大学院の博士前期課程・博士後期課程にいる人達。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました