スポンサーリンク

ネット住民達の、バカな人からの被害や迷惑していること集

 

バカな人から受ける被害や迷惑することについて、ネット上の人々が気付いたことについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ネット住民達が、バカな人からの被害や迷惑していること

 

・悪口
・口汚い言葉での誹謗中傷
これらを面と向かって言われたり、ネット越しに言われる。

 

バカなせいで、物をすぐに壊したり、ひんぱんに提出期限切れになる。
そのせいで、バカをフォローする側は出費がかさんだり、余計な手間がどんどん増える。

 

前々からの約束を、簡単に反故(ほご)にする。
そのことに、ろくに罪悪感を覚えていない場合も多々。
それ以前に、約束したこと自体を綺麗に忘れている場合も少なく無い。

 

性格が怠惰であることが多いので、
ろくに働かない。
味方側にいると、何の戦力にも労力にならない。




スポンサーリンク




いちいち説明に時間がかかる。
時間をかけて丁寧に説明しても、
きちんと理解していなかったり、しばらく時間が経つと説明内容を忘れることもザラ。

 

短気で暴力的な場合がかなり多く、
カチンとくる→その場で手を出す
ということが少なくない。

 

・バカな人が先走ったりサボって、みんなで立てた計画を滅茶苦茶にする
・与えた役割も失敗することが多い
とにかく、大きな計画やイベントでは、成否に直結するような重要な役回りは任せられない。
ナポレオン「真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方である」
この言葉通りの状況になる。

 

見当違いな主張や、権利を要求し続けることで、
集団に混乱をもたらしたり、集団の作業パフォーマンスを大幅に低下させる。

 

事実を事実として受け入れず、
願望や妄想や見当外れの予測などの方を信じる。
そのせいで、周りのまともな人達と足並みがそろわなくなる。

 

他人の足を引っ張ることが大好き。
自分が低い場所に常にいて、高い場所へ上がる能力も根性も無いから、
低い場所から上の人達の足を引っ張ることしかできない。

 




ネット住民達の、バカについて分かったこととバカへの対策方法

バカについて分かったこと

 

とにかく、いつも考えることを放棄していることが大きな特徴。
常に思考停止状態にある。

 

多くの場合で、
・バカであること
・モラルが欠如していること
この2つがワンセットになっているということ。
バカな人の多くは、モラルに反することを平気で行う。

 

無駄に喧嘩腰であることが多い。
不必要に、他者に喧嘩を売ってトラブルを起こしまくる。

 

ネット上(特にSNSに多い)でよくいる、
・自分にとっては不快になるだけなので見るべきではない情報群を、わざわざ自分から見に行く
・案の定、不快になって怒りのコメントを投下し続けたり、関係者や周りに喧嘩を売り続ける
こういう、「やるべきことではないことを、わざわざ自分からやる」ということが特徴。




スポンサーリンク




・女の、バカという欠点↓
大した欠点にならない。ただし、その女性の顔レベルが下位40%に入っていない場合に限る。
・男の、バカという欠点↓
多くの場合で致命傷になる。

 

見栄っ張りであることが非常に多い。
「コスト」「実用性」「その物の使用頻度」これらを何も考えていないことが多い。

 

考えが、哲学的な領域まで及ばないことが多い。
・自分はいかにして生きるべきか
・自身の人生において、何を大きな目標とするべきなのか
・今、自分を突き動かしている欲求や思考の正体は何なのか?
これらをほぼ考えていない。

 

バカの、
これだ!と思ったら猪突猛進、
という側面は実はかなり重要。
賢い人達にありがちな、ちょっとしたことで損切りを繰り返す態度では、
たどり着ける場所はたかが知れている。

 

・自分自身の感情や都合しか頭に無い
・大局観が無く、ごく局所的な物事しか見ることができない(自身の行為が、全体にどのような悪影響を及ぼすかを考えられない)
これらの、バカの大きな特徴によって引き起こされ、現代社会で問題になっていることが、
ポリコレ活動による常軌を逸した言葉狩りや、
自称正義の味方達が正義をかざして四方八方を叩きまくることや、
一部の者達が際限なく権利を要求し続けて、
大勢にとって社会がどんどん息苦しくなっていること。

 

バカの中に多い、
「陽気で明るい、素敵なバカ」は、
友達が多くていつも娯楽に触れていて主観的な幸福度は高いかもしれないけれど、
長期的に見ると経済面で悲惨なことになりやすい。
その理由は、
今この瞬間に快楽を得る事にエネルギーを全振りした、享楽的すぎ・刹那的すぎな生き方だから。

 

・短気で暴力的であること
・考えることや理解することに対する、面倒くさいという強い感覚
・世の中の一般常識や語句や各種の法的ルールを知らなすぎること(知らないせいで双方の会話が上手く噛み合わない)
DQNや、DQNに近しい各種人種に見られる上記の特徴は、
根底にある「頭の悪さ(IQの低さ)」に根ざしている、ということ。




スポンサーリンク




バカな人が持っている長所の、
・物事を深く考えずに、悩まない
・いちいち小さなことで迷わずに、素早く行動を起こす
・(人望がある場合は)集団のみんなを奮い立たせて行動させるパワーがある
これらの長所はぜひ見習うべき。
ただ、バカすぎるとただの鉄砲玉になってしまうから、
賢さを備えたうえで上記の長所をマネすることが理想的。

 

 

 

 

バカな人への対策方法

 

一切、関わらないことが最善。
理想は、相手の存在を認識できないほど常に距離を取っていること。

 

バカな人が自身の子どもだったり、血縁者であったりして、
切り捨てることがどうしても困難だった場合は、
とにかく、お金を稼ぐこと・企業就職すること・社会に合わせて自分側を変えることの重要さを洗脳に近い形で教え込むしかない。
現代社会ではお金を稼ぎ続けることができればどうとでも生きていけるから。
もしも放任主義という形で教育した場合は、確実に悲惨な結果になる。

 

バカな人とは、基本的に、
・バカな人は避けるもの
・バカな人は上手く利用するもの(馬鹿とはさみは使いよう)
基本的に、この2つ。
説得するものとか、助けるものとか、そういうたぐいのものじゃない。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました