スポンサーリンク

ENTPの性格・能力と、各業界・各業務との相性と適性と適職

 

信頼性が高い性格診断・MBTIで、ENTP型の各種業界・各種業務との相性の良し悪しについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ENTP型の、各種の業界との相性

 

医療福祉・介護運輸IT出版販売員
ENTP型との相性×××

 

◎の評価:ENTP型に備わっている天性と非常に良く合っている、天職レベル・最高レベルの適性の高さ

〇の評価:「その仕事は、頭脳労働がメインである業界」「その仕事は、感性・独創性が求められる業界」というENTP型の最大の適職条件にマッチしている部分があるため、ENTP型と相性が良くて適職であると評価できる

△の評価:基本的にはその業界は不向きだが、「個人で動ける場面が多くてENTP型に合っている業界」あるいは「高学歴・高学力であれば就くことができる業界」であるため、やや適性がある

×の評価:ENTP型には完全に不向きであり、長期的に続けていると精神を病む危険性が非常に高い

 

 

 

教育金融公務員工場などの単純作業農業や畜産サービス業
ENTP型との相性××××

※金融:「銀行」「証券」「融資」などの業務のこと




スポンサーリンク



※サービス業:「ホテルマン」「飲食店でのウェイター」「不動産仲介業」などの業務のこと

 

 

 

メーカーレジャーコンサルタント法律創作エンジニア・職人
ENTP型との相性××

※メーカー:「鉄鋼」「電子機器」「食品」「薬品」「化粧品」などの製造業務のこと

※レジャー:「旅行」「スポーツのインストラクター」「テーマパーク」などの業務のこと

※法律:「被告人の弁護」「法人登記」「不動産登記」などの業務のこと

 

 

 

飲食建築・土木工事マスコミエネルギー
ENTP型との相性×××

※マスコミ:「新聞」「TV放送」「広告」などの業務のこと




スポンサーリンク



※エネルギー:「電力」「ガス」「石油」などのインフラ関係の業務のこと

 

転職サイト「ミイダス」は、自分の強みと適性が高い職種・適性が低い職種を診断でき、企業側から面接確約・年収提示のオファーが次々と届く、無料の転職サイトです。

MBTIの性格診断と合わせて診断すると、より自身の強みと適性をはっきりさせることができるようになります。


 

 

 

その人間は全16種類の性格型の1つに分類できるとする「MBTI性格診断」

MBTI診断サイト「16Personalities」




スポンサーリンク



 

 

16種類のそれぞれの性格の簡潔な解説図

 

 




ENTP型の、仕事をするうえで強みになる特徴と弱みになる特徴

 

 

仕事上での、ENTP型の強みになる特徴

  1. 知的好奇心がおう盛であり、高学歴・高学力になりやすい
  2. 外向的であり、コミュニケーション能力が高い

 

 

 

仕事上での、ENTP型の弱みになる特徴

  1. 毎日の恒例の業務や書類作業のような、ルーチンワークが極めて苦手
  2. 他者に対して挑発的な態度を取ることが多く、同僚との人間関係で問題を起こしやすい
  3. 「飽きっぽい性格」「規律的に行動することがかなり苦手」という、労働をするうえで大きなハンデになる性格をしている
 参考:職場で孤立する可能性の高いMBTIタイプランキング

S 職場は仕事をする場所。それ以外に何かしなきゃいけない事でもあるの?
INTP INTJ

A 元々協調性がないため表面上うまくやっていても本性を見破られている可能性が非常に高い
INFP ENTP ISTP

B 受け入れられるか拒まれるかが完全に本人と周りの人次第でどちらともいえない
INFJ ENFP ENFJ ENTJ ISFP ISFJ ISTJ

C 会社で孤立する可能性はほぼないが100%しないと断言はできない
ESFP ESTP ESTJ

D そもそもこのタイプでどうやったら孤立できるの?
ESFJ

 

 

参考:MBTIの各性格タイプの自由さ

100(最も自由)ENTP
90:INTP、ENTJ、ESTP
80:ISTP、ENFP、INTJ
70:ENFJ、INFP
60:ESFP、INFJ
50:ESTJ、ISFP
40:ISTJ
20:ESFJ
10(最も不自由):ISFJ




スポンサーリンク



 

ENTP型は、その性格に「煽(あお)り屋」としての側面を備えていて、やたらと場に混乱をもたらそうとしたり、

既存のルールや規則に大人しく従うことが大嫌いであることなど、集団と協調することがかなり困難な性格型です。

そのため、高学歴になって、自身の裁量で進められるタイプの仕事に就くことを強く推奨します。

 

 

 

以上のENTP型の強み・弱みをふまえた、仕事上での各種業務の適性一覧

は非常に適性が高く、はかなり適性が低い)

エンジニア系業務対人コミュニケーション肉体労働現場へ出ての労働管理職業務
ENTP型の適性

※エンジニア系業務:「機械修理」「大工」「自動車整備」「内装工」などの、工具を使うタイプの業務のこと

※対人コミュニケーション:「顧客との会話でのコミュニケーション」「職場の同僚・上司とのコミュニケーション」のこと

 

 

 

企画立案保守・管理研究・開発書類作業リサーチ・市場調査
ENTP型の適性

※書類作業:創造性が関わってこない、「報告書の作成」「申請書の作成」のような業務のこと

 

 

 

数値・データの検証人事業務経理業務フロントオフィス業務バックオフィス業務
ENTP型の適性

※フロントオフィス業務:企業における「営業」「電話受付」などの業務のこと

※バックオフィス業務:企業における「事務」「総務」「受付」などの業務のこと

 

 

「ENTP型の適職」に共通すること

  • 高度な知性や、斬新なアイディア・視点が、仕事の業務に強く求められる
  • ある程度、業務内容が流動的なものであり、臨機応変に対応するタイプの仕事であるのであまり退屈しない
  • ルール・規則がゆるくて、自身の裁量・自身のペースで仕事を進めることができ、仕事において他者に干渉されることが少ない

 

 

本記事での




スポンサーリンク



「ENTP型の、各種の業界との相性」

「ENTP型の、仕事上での各種業務の適性一覧」

の相性・適性の評価は、

本項目での「仕事上、強みになる特徴」「仕事上、弱みになる特徴」「「ENTP型の適職」に共通すること」を根拠にしています。

 




以上の事柄から言える、ENTP型の適職の具体例

 

ENTP型の適職の具体例

  • ITに関する職
    • 「プログラマー」「システムエンジニア」「Webデザイナー」「システムアナリスト」など
  • 創造性を発揮できる職
    • 「写真家」「コピーライター」「広告制作」「ジャーナリスト」「グラフィックデザイナー」「工業デザイナー」「景観デザイナー」など
  • 他人を教育する職
    • 「教師」「大学教授」「塾講師」「専門学校講師」など

 

 

上記のENTP型の適職はあくまで一例であり、

以下のような全職業の解説本↓を参照して、

本記事でのENTP型の各業界・各業務との相性・適性を見比べれば、ENTP型の適職はまだまだたくさん見つかります。

 

当ブログでの、ENTP型の基本的特徴を解説した記事↓も合わせてご覧下さい。

当ブログでの、ENTP型の能力と性格について補足説明をする記事↓も合わせてご覧下さい。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました