スポンサーリンク

才能がある人達の人生傾向が、孤独や破滅のリスク有りで恐い

 

才能がある人特有の、人生の特徴・傾向について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

才能がある人の人生につきまとう5種類の苦難

1.一般人向けに作られた社会と折り合わない

 

テレビ番組も、雑誌も、映画も、漫画も、小説も、それら全てが平均的な人間向けに作られている。多数派に合わせて作品作りをしないと売上が伸びないからだ。

感性と洞察力が卓越している才能人にとっては、そういった普通のモノでは満足できない。

そして、いつも自分の心を満たしてくれるものを探すのに苦労している。身長が高すぎると、自分に合うサイズの服がなかなか見つからないようなものだ。




スポンサーリンク



 

 

 

2.孤独な人生が、才能人の宿命

キーワードは「ついていけない」。

通常、ついていけない、というのはダメな人に付き合いきれないという意味で使われるが、才能人に凡人がついていけない、という現象が日常的に起こる。才能人の進む速度や居る場所がすごすぎて、その速度に凡人が「ついていけない(追いつけない)」。

結果的に、独走し続ける才能人はみんなに恐れられたり、さげすまれて、孤独な人生を送ることになる。

このことを裏返せば、凡人がついていけないようなぶっ飛んだ性格や意志の強さや行動が、その人に才能が有ることの証拠、とすることもできる。




スポンサーリンク



 

 

 

3.脳が才能に寄生されて支配されている

 

作品を作りたい、その問題を解決したい、より技術を洗練させたい、という、才能が発する衝動に支配されている。

その衝動は、安楽な人生を送りたいとか、恋人とイチャイチャしたいという普通の欲求を上回っていて、才能の衝動に突き動かされた強迫観念の連続の人生を送ることになる。才能がより大きく、才能の純度がより高いほど、この傾向は強まっていく。




スポンサーリンク



一見すると、能力に恵まれた才能人は自由に何でも出来るように見えるが、その実、才能のある人の行動を支配する者は自身の内側にある才能であって、自由意志をほぼ全て奪われているような状態。

才能人にとっては、才能はあたかも「何かの行動を一生強制する呪い」のようなもの。

 

 

 

4.中途半端なレベルの才能はかえって死期を早める

 

圧倒的な巨才とは違う、普通程度の才能だと、自分の能力を過信して自ら死地へとおもむき、結果的に早死にすることも多い。

例えば、中途半端な文才のせいで「小説家になる!」と意気込み、何年も商業作家デビューできずに転落人生を歩むことになる、など。

また、才能のある人が戦う相手は同じく才能のある人なので、人生の苦労の程度は凡人のそれとほとんど変わらない。

 

 

 

5.高純度の才能は運命と化し、中には「不幸な運命へと変化する才能の種類」もある




スポンサーリンク



 

大きな才能、純度の高い才能というものは、本人が望む望まざるに関わらず人生の運命と化してしまう。

周囲から求められたり、自分で続けているうちにいつの間にか専門家となったりしていて、本来は自由であるはずの人生ルートが「その才能を使うルート」に固定されてしまう。

才能の種類が楽器演奏や作品制作のような荒事とは無縁のモノなら良いが、問題はトラブルと関係が近い種類の才能。

例えば、美しい顔・豊満な身体・男を惑わせる小悪魔的な性格といった「恋愛の才能」が際だった美女が、恋愛に生きるという運命の中でとっかえひっかえ男をもてあそび、

そのせいで同性達に酷くねたまれたり、恋愛関係のもつれで事件に巻き込まれて、精神を壊滅的に病んだり殺されたりすることはままある。凡人だったら決して味わう事がない、才能人の「人生難易度・エクストラモードならではの地獄のような敵襲状況」を体験することがある。

 




才能のある人の生き方を知るための、有用なヒント集

 

才能の性質編

苦労している・嫌なことをやっている・努力しているって感じてしまう時点で「天才」ってカテゴリーから外れるのでは?
息をするように抵抗なく自然にやりつづけるのが天才だと思う。

 

努力行為をする、という方より、努力を続けることの方は才能そのものだと思う。
努力をひたすら続けるってめちゃくちゃ難しい。

 

天才って、計算が異常に早いとかそういう常人の強化版の人じゃなくて、
常識を常識だと飲み込まずに疑って、周囲の間違いに気づく人達。
ガリレイが、天動説の間違いに気づいて地動説を提唱したように。

 

才能とは、
凡人よりも大きな習得速度ないし伸びしろ、
凡人がいくら時間をかけても到達できない貴重なひらめき。

 

その物事に性格が向き不向きかも才能に含まれる。
たとえ体力抜群でも、ひきこもり気質でろくに外へ出ずに運動しなかったら、才能があるとは言い難い。

 

ある才能を時間をかけて開花させるには、その前提となる「努力する才能」が必要。
なので、全ての基礎になる「努力する才能」が無い人は何をやってもダメ。

 

「どんな人にも、何かしらの才能は眠っている!」という考え方は甘すぎる。
俺には何も無いからね。
世の中には完全な無能も存在するんだ。

 

天才は「これはどういうことなのだろう?」という疑問の掘り下げの深さ・方向・広さが特異なのが特徴的。

 

実は、身に備わった才能を発揮するのは気持ちいい。
才能のある人が得意な物事をやっている時って生き生きしているように見えない?
まさに「水を得た魚」って感じ。

 

他人とは違う、自分独自の人生ルートを歩むことが才能を作る。
自分独自のルートを歩むことで、その道ならではの変わった経験とか収穫物を得ることができる。
この世は、自分独自のルートを歩まないことには、自分が正しくレベルアップするための自分専用の経験値は貯まらない。

 

 

 

才能がある人の生活編

一般人が「俺はこれだけ努力した!」って自慢することが、
天才にとってはただの日課・習慣レベル。

 

その物事を自然体でやり続けるようなライフスタイルを築いていたり、心情的にそれをやらざるを得ない。

 

天才は、その物事への執着心が凄い。
好きとか気になるといったレベルを超えて、その物事に心が呪われている感じ。

 

天才は、努力=生活だから。
特に負担も感じずに、もっというと遊びの感覚で息をするように努力相当の行為を毎日続けている。
負担を感じながら努力するしかない一般人とは、そりゃ毎日差が広がる一方だわな。

 

 

 

才能がある人達のびっくりエピソード編

本当の天才は脳の構造からして違うから、努力じゃ追いつけない。
発想力も思考速度も凡人とは段違い。

 

大学院の博士課程まで進むと、天才型と、努力した凡人の2タイプに分かれる。
理論系の研究者は天才ばかりで、凡人はついていけない世界。
実験系なら凡人でもやっていける隙間がある世界。




スポンサーリンク




努力で追いつける人は天才じゃない。
本当の天才見たことある?自分たちとは全く別の生き物だぞ。

 

 

 

才能のマイナス側面編

仮に「あなたは人生を無駄に過ごす才能があります」なんて診断されたとしたら喜べる?
才能って、良い種類の才能ばかりじゃないよ。

 

標準的な人達向けに作られた世の中で、
特異な力を持っている天才は極めて生きづらいでしょ。

 

相手とIQに20ポイントの差があると会話が成立しなくなる。
高IQはまっとうな社会生活を送ることが難しくなる。

 

凡人の自分からすれば、天才はまったく理解不能。
絶対、別次元で生きている。

 

集団に溶け込むってことは、みんなが良いとするものに共感し合うってことだから、
才能のある人の独自の発想ややり方は集団にはなじめない。
才能のある人は常に孤独。

 

凡人集団に才能のある人が加入しても、嫉妬とか無理解で足を引っ張られる。
才能のある人は個人か少数精鋭のグループでしか活躍できない。

 

「何もしないでいる、ということを精神に負担をかけずにいくらでもできる」というニートの才能がありすぎたので
俺は人生が終わった。

 

才能のある人は、凡人達とは見えている世界も全然違うし、
周りの人達との相互理解も諦めざるを得ない。
こんな孤独な人生、本当に楽しいか?

 




才能がある人がより才能を育てて活かす方法

 

常に限界を拡張し続けよう

手っ取り早く能力向上させる一番の方法は、一年中作品を作り続けたり、問題を解き続けたりすること。

重くて大きな「限界の壁」を全身全霊でじりじりと押し続けなければ限界点が伸びていかないのは、才能人も凡人も同じ。

凡人達に才能をひけらかして天狗になっているだけでは能力の限界は伸びずに、それどころかだんだん能力が腐っていく。

新しい発想と着眼点、知識量と才能がある分野への情熱、1日にこなせる作業量を、日々向上させていくべし。




スポンサーリンク



 

 

 

一刻も早く自分が活かせる場を見つけよう

凡人達に嘲笑されながら頑張ったところで、それはまるで砂漠のど真ん中で草花を育てようとするもの。環境が悪すぎる。

自分の能力を求めてくれる場や、一人暮らしのようないくらでも集中できる生活環境、同程度の人間が集まっている集団を探して才能を発揮していこう。

 

 

 

その才能をぜひともカネに換えよう

自分のやりたい事を世間の需要に合わせてゆがめるのは少し悔しいかもしれないが、ここは我慢して大衆向けにした作品・技能を売りだそう。

お金が無い生活というのは、単純に辛い。それに世間に名前が知られていないと、片田舎の無名の変人として一生を閉じる確率が非常に高くなってしまう。

売れて業界の最前線に立つことで初めて得られる世間への影響力・経済力、設備の整った研究室に入ってこそ初めてできる最先端の研究など、「売れることで初めて開花する才能」という世界がある。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました